雑記
2010 / 02
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010年02月28日(日)
見つめあうと(←素直におしゃべりできない)

まだ服を描いてないだけですのだ

次のカラー絵の準備中。

まだ描き慣れない感はあるものの、自分なりに落としどころを見つけたっぽいので、
ライナにレッツチャレンジ。

これから服を描いてPCに取り込んで、とまだ作業が始まったばかりだし、
例によって毎日少しずつ主線入れして、とかそんな感じで船が進みそうなので、
来週くらいに更新できればいいなぁ、とかそんなノリで。

せっかく発売日に入手したのに、このレスポンスの悪さがある意味このサイトっぽいです。(笑

あー、でも今週は遊戯王オンラインもお休みだし、意外となんとかなったりしたりしないかな、
そんなことをふと考えたり。

今日はどのチャンネルでもずーっと津波情報が出てましたね。

流石に今いるところはあんまり影響がなさげではありましたが、
周囲で電車が止まったり、海岸近くの住民が避難したり、という報道を見ると、
結構おおごとな感じではありますね。

我らが湘南も、三陸沖とかとはちょっとレベルが違うだろうけど、
まあもろ海岸なワケで、特に海岸近くの家屋は大丈夫だったんだろうか、
とかそんなことも頭をよぎったり。

注意報や警報によれば、北海道、東北、四国、九州に比べると、
南関東や東海の方が波が低い感じっぽいですが、実際のところどんだけ影響があるのか、
まあ明日の朝になればまたなんか分かるかな、とかそんな感じ。

いずれにしても、海辺の方々はくれぐれもご注意下さいませ。

で、ここからは相変わらずの遊戯王トークへ。

長らく続いたYO3こと、遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORのβテストも終了となりました。
というか、YO2の方がサービス終了、という方がメインなのかもしれませんが、
最近こっちには全然ログインしてなかったので、あんまり実感が無いっちゃあ無いというのが本音。

今日久しぶりにYO2の方をちょこっと覗いてみましたが、思いのほか人がいて驚きました。

そういえば、YO1の頃から何かとデッキ構築について話したりしたフレがいたんですが、
ここ最近見なくなったけど元気にしてるといいなぁ、とかそんなことをふと思ったり。

それはさておき、なんだかんだで2月に入ってからも結構色々なデッキを試してみたので、
確か先月も似たようなリストを書きましたが、その続きというか残りというか。
CSOC実装後に回してみたデッキリスト。やっぱりご利益はありません。(笑

・アンデシンクロ
・スキドレメタビート
・ヴァルハラセミワンキル
・ブラックマジシャン融合
・植物
・魔法族の里
・クリボーガジェット(激劣化コアガジェ)
・真紅眼の黒竜
・E・HERO
・E−HERO
・マリシャスビート
・マジエクワンキル
・ユベル電卓
・侍BOX
・湿地草原
・ガールズビート
・魔法娘
・XYZ
・サイレントソード
・フルコンタクト
・セミコンタクト
・電池メン
・絵札の三銃士
・THE WORLDワンキル
・天魔次元斬
・サイバーダーク
・天変地異コントロール
・ヴェノム

結局、ライロや剣闘獣を用意するには至らなかったのですが、
まあ正式サービス後にはイヤでもお世話になりそうな気もするし、
別にいいか、という話。

というか、色々なデッキを試してる際に、
相手のデッキがライロや剣闘獣だと分かった時の絶望感が異常。
しかもサレンダーは5ターン目以降から、という妙な仕様があるおかげで、
相手が先行でその手のデッキだと判明した場合、
無抵抗のままサレンダーしようと思ったら、サレする前にデュエルが終了したりするから困る。

まあ、オートデュエルなんで相手を選べないのは仕方ないし、
幸い、使用デッキを選ぶ前に対戦相手が表示される仕様は残ったので、
そういう場合はやむなくメタビートで対抗したり、とかそんなこともしてました。

使ってて改めて思ったのは、
やっぱりブラマジとかHEROとか、アニメの主役キャラの融合が絡むデッキは面白いなぁ、と。
遊戯王と言えばやっぱり融合だよね、という感覚の古いデュエリストにとっては、
あのアド損で面倒なワリに効果が微妙なモンスターが登場するあの大味感がたまりません。(笑

HEROはなんだかんだで融合系のサポートが豊富で、しかも種類がいろいろ選べるので楽しい一方、
ブラパラやブラックフレア、アルカナナイトジョーカーなんかは、
出した時のカッコよさがあるのでこれはこれで、
という感じで、無印とGXの両主役の雰囲気は味わえましたとさ。

あと、個人的にヴァルハラが好きなので、
クリスティアがいない、スペルビアもいない、という状況で、
どれだけ強いヴァルハラを組めるか、と挑戦してみた結果、
最終的に落ち着いたのが、ヴァルハラセミワンキル、という謎のデッキ。

この模索途中の副産物が、THE WORLDワンキルだったりするんですが、
あれはまあ、一種のネタの領域を出ませんでした。(笑

で、結局どんなデッキに落ち着いたかというと、こんな感じになりましたとさ。

【ヴァルハラセミワンキル】

・モンスター(26)
《光神機−轟龍》         3
《堕天使ゼラート》       3
《アテナ》               3
《光神テテュス》         3
《ダーク・ヴァルキリア》 2
《ヘカテリス》           3
《オネスト》             3
《緑光の宣告者》         3
《紫光の宣告者》         3

・魔法(13)
《死者蘇生》             1
《サイクロン》           1
《神の居城−ヴァルハラ》 3
《トレード・イン》       2
《光神化》               3
《打ち出の小槌》         2
《地獄の暴走召喚》       1

・罠(1)
《血の代償》             1

勝ち筋としては、

・轟龍光神化暴走召喚でラッシュ
・ゼラート光神化暴走召喚でラッシュ
・アテナ光神化暴走召喚でバーン地獄
・オネスト暴走召喚で一撃必殺トリプルオネストアタック

という感じの暴走召喚軸と、

・アテナ代償オネストループ

の代償を使ったループバーンのいずれかで、
それを実現する為にテテュスさんが奮闘する、そんなストーリー。

まあ、そうでなくても、上級天使の基本スペックが高いので、
上記のコンボがなくても、フツーのヴァルハラのアッパービートでなし崩し的に勝てちゃったりもするので、
それなりに強いかな、という感じにはなったと思います。

ヴァルハラでも光神化でもいいから、とにかく場にテテュスさんを出して、
小槌なりトレードインなりを発動できれば、馬鹿みたいに手札が増えること請け合いなので、
最初はそれを目指して動いて、ドローブーストが成功したら上記いずれかの暴走召喚でおしまい、みたいな。
特にアテナの場合は戦闘を介さずに7800ダメージを見込める優秀さん。

運が良ければ無限にドローできるんじゃないか、という錯覚さえ感じたので、
ここにエクゾパーツ5枚の異物を入れてもう一本勝ち筋を増やせないか、と思ったりしましたが、
寝言は寝てから言いましょう、という感じになりそうだったのでやめました。

あ、でも、βサービス終了する前に試しておけばよかった、と思うくらいなら、
ダメ元でトライしてみるのも一興か。
まあ、まず間違いなく劣化することは目に見えてるんですが。(笑

ちなみに、もうβも最後だと思って、ブースターポイント2000とか3000くらいをCSOCにつぎ込んだのに、
ミノル伝説、じゃなくて伝説の白石が1枚しか入手できませんでした。
ノーマルレアの封入率の低さは異常。
3枚入手できたら遊戯デッキだけじゃなくて社長デッキの方も強化できたのに、残念。

とまあ、そんな感じで、なんだかんだいいつつも、最後の最後までYO3βで遊んじゃいましたとさ。
今週前半はサービス停止なので、大人しくライナを描きましょうかね。

2010年02月24日(水)
風邪ひきさん

ライナ練習中

とりあえず何度か描いてみたけど、年齢をどのくらいにしようかで悩み中。

四霊使いだと
ウィンちゅん < ひーたん = エリア < アウスねぇ
って感じで今まで描いてたけど、
ウィンちゅんとひーたんの間くらいのデザインが丁度いいのかも、とか思ったり。

鼻づまりとノドの痛みがメインで、
さらに若干の発熱もあるので、これはおそらく風邪。

普段体調を崩した時は、ワリとその原因となった行為に思い当たるフシがあるのですが、
今回の風邪は我ながら今ひとつ原因が謎。

夜更かしもしてなければ、ご飯を抜いたりもしてないし、なんでだろーなー、と振り返ってみると、
雪の新潟日帰りの旅の直後に朝っぱらから映画鑑賞、という先週の金土のコンボくらいしか該当するものがないんですが、
そんなにヤワなボディじゃありませんことよっ、と言いたいところ。

普段引きこもってるからって、これくらいでダウンするとは考えにくいけど、
でもこれといって理由がないんだよなぁ、とか考えてても仕方ないので、
とりあえず昨日今日と薬飲んで適当に休んでますが、
なーんか今週いっぱいダルダルな感じで過ごすことになりそうです。

小さい頃は、なんとなく、風邪のときはお風呂に入っちゃダメ、
みたいなことを言われていたような気がしますが、
どーやら絶対にいけないというワケでもなさそうなので、
湯冷めしないようにしてさっさと入って、
あーもういいや、寝ちゃお寝ちゃお寝ちゃおー(そう、寝ちゃおー!)

とか、そんな感じで、体調だけじゃなく雑記もグダグダですわ。
体裁にこだわらないクオリティ。

2010年02月21日(日)
○○じゃないから恥ずかしくないもん!

ホワイトチョコverはSTRINGの方で

珍しくスキャンしてパソコン上で主線入れしたと思ったら、
こんな絵でごめんなさい。体裁にしてもヒドイとはこのこと。

毎日少しずつ作業してたら1週間経っちゃいましたとさ。

でもこーゆーのはトップ絵にはしませんのだ、というポリシー。

(一部の)世間では光霊使いのライナが話題をかっさらってる最中に、
呑気にウィンちゅんを描いたりしてるのはどーなのよ、という向きもあるので、
近々ライナも描きますよっと。

ところで、ライナの愛称はライにゃんでいいのかなぁ。
ちょっと安直な感じがしなくもないけど、変に捻らない方がいいのかも。

「さらばだ、歴戦のデュエリストたちよ!」

ということで、なんか色々あって映画館で見てきましたよ。劇場版遊戯王。

「べっ、別に私が見たいんじゃなくて、あんたがどうしてもって言うなら、
 一緒に行っても構わないだけなんだから。か、勘違いしないでよね!」
というメールを友人が送ってきたので、
ホントはテレビ放映まで待つつもりだったんですが、
昨日朝っぱらからお出かけすることに。

その前日、新幹線で新潟へ行って帰ってきたのが深夜一時くらいで、
更にそのままデュラララを見てたりしたもんで、結構な寝不足状態だったんですが、
映画館では寝ることもなく、というかむしろ妙にワクワクしながら鑑賞してたり。(笑

設定とかはさておき、場に遊戯がいて、あの音楽が流れると、なんかもう、感無量ですわ。

もう少し尺があれば、遊戯、十代、遊星ら主役同士の絡みだけじゃなく、
味のあるサブキャラ同士の掛け合いみたいなのをもっと描けただろうと思うだけに、そこはちょっと残念。
社長、カイザー、ジャックら各世代のライバルキャラ同士とか、結構絵になると思うんだけどなぁ。

でもデュエルシーンでも各人の見せ場がちゃんとあって、
見所は要所要所にあったので、これはこれで満足。

ただまあ、噂の3Dメガネですが、これって別に2D作品のアニメには不要なシロモノなのでは?
というのが正直な感想。

あるいは、ソリッドビジョンのモンスターシーンにのみ適用するくらいで充分で、
キャラの立ち絵とか瓦礫崩落とかにまで適用することもなかったような。
これでメガネ代を別に請求されるのはちょっとなぁ。

実写映画だとまた違ったりするのかもしれませんが、
ワザワザ二次元モノを立体化することもないですね、という当たり前の結論に。

これは遊戯王オンラインのアバターにも同じことが言えますのだ。

まあそんなワケで、朝っぱらから出かけたワリに、映画の上映時間が短かったこともあり、
その後カードショップに行って新パックTSHDの目玉商品、
巷で噂の光霊使いをゲットだぜしてきました。

レアリティもノーマルだし効果も相変わらずだから、
カードショップによくある、ノーマル雑多カード群の中に紛れ込んでるかと思ったら、
ある店ではなぜかショーケース入りしてて、ちょっと違和感を覚えたり。
霊使いシリーズもメジャーになったもんですね。(笑

新パックが発売になって、真っ先に光霊使いのみをわざわざシングル買いしに行くとか、
どんだけだよ、というツッコミはさておき、
カードの見た目の印象は、パッと見はわはー系の天真爛漫娘かと思ったんですが、
よくよく見てみると、結構表情が強気系じゃないですか?

霊使い共通のローブの下は、肩を大きく露出したコスチュームだし、
案外イケイケ(死語?)な感じだったりするんでしょうかねぇ。
あと、杖もバクルスっぽくてステキ。

まあ、別にイラスト以上の公式設定も今のところ無いんだし、
まずは自分の中でイメージをまとめちゃおう、ということでラクガキしましょ。

そーいえば、OCGの方の新制限が発表になりましたが、
今回の改訂は全体的に大人しめって感じでしたね。

一時は開闢が制限復帰? とかそんな噂も耳にしたんですが、
なんて情報操作L2なんでしょう。

でも正直今のインフレ環境なら、同族感染ウィルスとかは復帰してもいいんじゃないかなー、
と思ったりするんですが、でもコストとはいえ手札を安易に墓地に送る要素は、
最近の環境ではちょっと扱いが難しいのかもなぁ、と思ったり。
能力そのものよりも、周りの環境があるので、なかなかその辺のバランスが難しいのかも。

で、あと1週間で正式サービス開始となるYO3ですが、果たしてどんな感じになるんでしょうかね。

不要カード50枚で既存パックカード1枚と交換できる所謂カード交換機システムが仮実装されてますが、
最新パックも対象になってくれるとものすごくありがたいんですが、果たして。
βの間だけのサービスというのは流石にないと思うのですが、どーなんでしょうかね。

あと、未だに見習い魔術師とかの効果で裏守備セットされる場合に、
何を伏せても地縛霊が表示される不具合が残ってたりするんですが、
その辺もなんとかして欲しいところ。

何より重要なのが、禁止/制限/準制限の設定。
これがしっかりしてないと、いくら遊びやすいインターフェースやシステムを整えようが、
カードゲームとして成り立たないので、その辺もしっかりして欲しいです。

まあ、その辺含めて来週には判明しそうなので、大人しく待ってましょうかね。

と、いつも以上に遊戯王話オンリーの雑記でしたとさ。

2010年02月14日(日)
二年越しのハズがただのえちぃ絵になる始末

ホントはチョコを塗りたくるつもりだったけど途中で力尽きたのですよ、と言い訳しておきますのだ

バレンタウィン、とか言って前に同じカッコのウィンちゅんを描いたのは、
もう二年も前の話なのか……。

二年ていったら、小学六年生が中学二年生になるくらいの時間だぞ!?
とかよくワケの分からないことを思ったり。

とまあそんな感じで当時を懐かしく思いつつ描いてたら、
いつの間にかただのえちぃ絵になってました。ごめんなさいごめんなさい。

しっかしまぁ、当時の方が何かとややアグレッシブな気質があったかなぁ、
などと思ったりする辺り、月日の経つというのは残酷なのですね、とか。

何より、ここ数年間脳内ソフトウェアの更新がなされてないのがちょっと問題なんだろうなぁ、
という話もあったりなかったり。

でもまー、これはこれで。

あ、そーいえばこちらも数年越しとなりますが、
我らが霊使いに新たなメンバーがようやく追加されるそうですね。

これはダルきゅんの時と同様に、シングル買いしに行かないと。

これで各属性一人ずつ、霊使いが登場したことになりますが、
これを機にダルきゅんの憑依装着とか、光霊術とかも切望する一方、
ここらで霊使い専用サポートが出て欲しいなぁ、とか思ったり。

「霊使い」または「憑依装着」と名のつくカードが〜、みたいな。
荒ぶるアウスねぇとか燃え盛るひーたんとかは別に対象外でいいので。(←正直者)

別にガチな能力はいらないので、テーマデッキを組むモチベーションの維持に貢献してくれると嬉しいところ。
E・HEROみたいにそれぞれが融合してくれたりすると、
夢や希望や妄想が無限大ですね。(色んな意味で)

あるいは、帝シリーズの時みたいに、
「え、何? また光属性? もうザボルグさんがいるのに?」
というノリで、邪霊使い、みたいなのが登場したりするんでしょうか。
まあ、ダルきゅんの妹さん、みたいな設定だと嬉しいんですが。

いずれにしても、霊使いファンが首を長くして待ち続けたこの展開、
めいいっぱい享受したいところですね。

エアトスさんの件といい、コナミさんはユーザの常識をはるかに超えるレベルで、
思い出したかのようにファンサービスをしてくれるから困る。

でも投げっぱなしじゃなくてホントによかったです。

女子モーグル見たです。

エアの技が思ってたよりも派手さが少なく、ちょっと意外でした。

視聴する立場としては、僅か30秒足らずで一人の演技を見られるので、さくさく進んで見やすかったです。
が、4年に1度の、そのたった30秒のために一生懸命努力してきたであろう選手に、改めて敬意を表します。

やっぱり世界的な権威のある競技大会は、視聴者をこーゆー気持ちにさせてくれるようなものであると、
お金をかけてやる価値があるんだろうーなー。
心情って大事ね。

あと、今日はオリンピックだけじゃなく、
将棋を見たり(まあこれはほぼ毎週日曜の朝の光景なんですが)、
ラグビーを見て、国家の主権に関する講義を見て、笑点を見て、サッカーを見て、
とアニメだけじゃなく、全体的にテレビっ子してました。

将棋はというと、糸谷さんがなんかすごかったです。
入玉がすごかった、とかそーゆーのではなく、
というか、別に将棋に詳しいワケでもなんでもないんですが、
この人って棋士の中でもちょっと独特な印象を受けるというか、
なんていうか、きっと見たまんまな人なんだろーなー、みたいな。
終盤になってもほぼノータイムで指す姿は、棋士的視点でどうなのかは分かりませんが、
素人の視聴者的にはそれはそれでちょっと新鮮。

あと、ラグビーは副音声の方でのルールの解説を中心に放送してくれたので、
全くの素人が見てもなんとなく楽しめました。
点数の入り方とかも全然知らなかったのですが、
見終わる頃には、トライすると5点なのかー、くらいの知識は得られました。

経済学っぽい講義のヤツは、こーゆーのは一般受けはしないんだろうけど、
でもなんとなく興味を持ってる人ってのはいるんだろーなー、と思いつつ見てました。
まあ、大学の講義なんてのは、そもそも一般受けするようにはできてないんでしょうけど、
家にいながらにしてこの手の情報を得られる仕組みってのは、
それはそれでありがたいなぁ、と思ったり。

文系・理系というカテゴリで考えると経済学は文系に属しちゃうんでしょうけど、
そーゆーかたっくるしい話じゃなく、世の中の仕組みみたいなものって、
もっと一般的に理解できるレベルまで咀嚼できるといいなぁ、という願いもありつつ、
でもそーゆー小難しい書籍を読んだりすることはしなさげなので、
こーゆー機会になんとなく勉強した気になれるのはありがたいことです。

笑点とサッカーについては、まあいいか。(←投げやり)

ああ、なんか今日はいつも以上にすんごいテキトーな感じが。
三連続となると、こんな感じのグダグダになるのですね。

というか、三日連続の更新とか、ちょっと久しぶり。

今回みたいに木曜が祝日だとなんか元気出ていいなぁ、
次の木曜祝日はいつかなー、と思ってカレンダーをめくってみたら、4月にありました。
と思ったら、それって所謂ゴールデンウィークの最初の部分じゃん、というオチでしたとさ。

2010年02月13日(土)
「を」じゃなくて「も」だから

塗ってみたけどやっぱり分かりませんでした、と言っておくのが一応お約束。

とは言うものの、ホントにそこまで不人気かどうかは謎だし、
世間のデュエリストさんたちの間での霊使いの認知度がどれほどのものか、
そもそも謎なんですが、ひっじょーに個人的な感覚からすると、
ダルきゅんを除く四霊使いを対象に人気投票をしてみたら、

ウィンちゅん:35%
エリア:30%
ひーたん:25%
アウスねぇ:10%

くらいになりそうな気がするんですがーがー。

……異論は認めます。

オリンピックの話はしない、とか書きましたが、
ちゃっかり開会式の様子を見たりしてました。

別に今回のバンクーバー大会に限った話じゃないんですが、
選手入場の際、世界各国の代表選手が入ってくるシーンは、なんかぐっと来るものがあります。

国の規模とか情勢とか、そーゆーのが色々違うけど、
とりあえずスポーツするために思想や観念が違う人たちが一同に会するってのは、
あんまり具体的に説明できないんですが、考えさせられるものがありますね。

中には、日本でいうと一市町村レベルの人口しかいないような国からも、
その国の代表として参戦してたりして、そーゆーのを見ると、
普段は全く意識しないけど、その国にもその国の歴史とか文化ってゆーのがあるんだろうなぁ、
というすごく当たり前なことを考えたりしちゃいます。

とかそんなことを思う一方、日本の代表選手だけど開会式に参加してない人がいたりして、
なんだかなぁ、とか思ったり。

作家というのは、その人の作品が面白ければ、
たとえ作者本人の人格が破綻してても、作家としては成功だと思う、
みたいな意見を見たことがありますが、
多分これって作家に限らず、芸術家やスポーツ選手、はたまた政治家とか学者さんとか、
その他のあらゆる分野で活動する人に当てはまる考え方だと思いますが、
果たして世間様がこの考え方に賛同するかというと、ちょっと難しいかな、というのが今のところの印象。

別にみんながみんな人格者である必要はないと思うんですが、
多分世間様というは、極端な例を除いては、ある程度の良識とか倫理観みたいなのを、
本人のスキルを発揮する場所のジャンルを問わず、一流の人には求めてたりしそうな気がします。

まあ、本人がどう考えてるかが問題なのであって、
世間様がどう考えようが知ったこっちゃないぜー、って本人が思ってる以上、どーしよーもないんですが。
うん、ホントどーしよーもないな。

これはあれだ、先月の成人式の時に思ったことに近いな。
人々のモラルとか意識とか、その辺の話にも通じるところで、
こーゆーのは感情論を抜きにして合理的な判断が必要な議論なんだろうなぁ。

とか書いてたら、ひまりんこ・L・しずくえすの曲も終わってしまったので、そろそろ寝るとします。
このユニット名はよくできてるとは思うけど、意味不明さが際立ってるなぁ。いや、いい意味で。(笑

あ、ちなみに超電磁砲は録画して明日の朝にでも見ます。
ではおやすみなさい。

2010年02月12日(金)
なーんとなくIGPXを思い出す

ものはためしに

なんでアウスねぇが不人気なのか分からないから、とりあえず描いてみました。

それでもまだなんでアウスねぇが不人気なのか分からないので、とりあえず塗ってみます。

大事なことなので、二度言いましたよっと。

オリンピックがそろそろ始まりますねー。
時差もあるし、あんまり自分からテレビを見たりしなさげですが、
ニュースでそれなりに報道されそうなので、なんとなく情報は入ってきそうな気も。

でもそんな雰囲気は微塵も感じさせず、今日も今日とて遊戯王の話。

WRGP編のルールがよく分からないんですが、
走りながら3-3でタッグデュエルするとなると、なんとなく、ね。

本編の方はさておいて、公式サイトのデュエルワンポイントレッスンは、
そこそこマトモなことが書いてあるので、OCG的な観点からすると、
Vジャンや関連書籍よりも情報として適切なのがいいですね。

遊戯王のアニメやマンガを見て、じゃあ実際にOCGをやろうと思ったはいいけど、
そのルールの分かりづらさに困惑した人も多いと思うんですが、
そのギャップをある程度埋めてくれる情報であるのは確か。

何より、本編で出番の薄い龍亞龍可が毎回出演してるのが○。

ところで、今日も今日とてYO3βの話。

融合軸E・HEROは魔神王のおかげでそれなりに遊べそうなのは想像ができてたけど、
コンタクト融合の方は実際のところどーなんだろう、
という以前からの疑問を払拭すべく、実際にネオスペーシアンの構築に挑戦したりしてました。

アニメでの活躍とは裏腹に、コンタクト融合体全般の特性であるところの、
3分はおろか、僅か1ターンしか場にとどまれない恥ずかしがり屋な性格のおかげで、
これまでのデュエルでまるで見かけることがなかったジャンルだけに、
組む組まないの前に、それぞれのネオスの効果を把握するところからスタート。

基本となるNが6体、それぞれにコンタクト可能で、
一部のNは進化形があって、更には複数のNとコンタクトするバージョンもあって、
という感じで、使いにくいワリに覚えることが多いシステムでしたが、全部覚えましたよ。
まとめるとこんな感じ。激しく今さらですが。

+N・エア・ハミングバード:
エアー・ネオスにコンタクト融合。
相手とのライフ差分だけATK上昇。
素体の効果と微妙に逆行してるけど、多分一番優秀。。

+N・フレア・スカラベ:
フレア・ネオスにコンタクト融合。
素体の能力を拡張して、魔法罠が多いとATK上昇。
素体も融合体も地味すぎて困る。

+N・ブラック・パンサー:
ブラック・ネオスにコンタクト融合。
フィールド上の表側1体のモンスター効果を無効化。
自身に効果をかけると一応場に居座れるという。
でもその状態ってただのネオスじゃん、というツッコミが。
素体同様、ピンポイントで活躍できそうで、
でもあんまりそういうシーンがない感じ。

+N・グラン・モール:
グラン・ネオスにコンタクト融合。
相手のモンスター1体をバウンス。
素体と違い、戦闘を介さずにバウンス可能。
ネオスとモールが場にいるなら、コンタクトせずとも同じ効果とダメージを与えられるので、
呼び出す必要性があんまり無いけど、一応クレボンスなんかもバウンスできる。

+N・グロー・モス:
グロー・ネオスにコンタクト融合。
相手の表のカードを破壊可能。
魔法を破壊した場合はともかく、モンスターや罠を破壊するとどーにもこーにも。
素体は単体ではマゾ過ぎて使えないが、NEXによりN・ティンクル・モスに進化可能。
融合体より、むしろティンクルの方が使ってて面白い。

+N・アクア・ドルフィン:
アクア・ネオスにコンタクト融合。
相手に「キモっ」と思わせる。
……じゃなくて、手札コスト1で破壊扱いのランダムハンデス。
素体はNEXによりN・マリン・ドルフィンに進化可能。
上記のモスと異なり、こっちは進化しても大して仕事しない。
しかし……

+N・マリン・ドルフィン:
マリン・ネオスにコンタクト融合。
ノーコストで破壊扱いのランダムハンデス。
しかもこのネオスは場に残り続けられるので、他のネオス融合体とは一線を画す優秀さを誇る。
正直、テキストに書き忘れられただけなんじゃ、と思わなくもない。
でも、そういうルールらしいです。ふーん。

(休憩たいむ)

N・ティンクル・モス:
グロー・ネオスにコンタクト融合可能。でもしない方が面白い。
戦闘するたびに1ドローして種類に応じた効果を発揮。
自分のターンならとりあえず攻撃宣言することで1アド。
相手に攻撃されても、モンスターをドローすれば事無きを得る。
手札にオネストがいれば、魔法を引いても一応保険が効く。
そしてなによりも、全裸も同然のカッコをしてるのに、なぜかセクシーさが感じられないことに、
多くのデュエリストが戸惑うこと請け合い。

クロス・ポーター:
場のモンスターを1体リリースして手札のNを特殊召喚可能、というどーでもいい能力と、
自身が墓地に送られた時にデッキからNを手札に加えられる、という優秀な能力を持つ。
惜しむべくは、後者が任意効果のため、要所要所で発動タイミングを逃すことか。
まあ、これが強制効果だったらちょっと便利すぎる気もしますが。
クリッター同様、破壊されるリミット・リバースを無駄なく使える子。

で、コンタクト融合体の続き。

+グローモス+ブラックパンサー:
カオス・ネオスにコンタクト融合。
3体融合という手間のワリに、コイントスに成功しないと満足に仕事もできないヘタレさん。
召喚する価値を全く見出せない困ったさん。
それはともかく、光と闇でカオスになるのは遊戯王OCG界のお約束。
デュナ美さんとダル子さんもいつか融合してカオス・ヴァルキリアになると信じてます。

+エアハミングバード+アクアドルフィン:
ストーム・ネオスにコンタクト融合。
大嵐を内蔵し、さらに自分が帰るときは場を更地にしていく、
まさに発つ鳥後を濁さずを体現してるヒーロー。
効果は悪くないけど、冷静に考えるとここまでがんばってやるような仕事ではないような。
でも↑の融合体があまりにヘタレのおかげで、一応そっちよりは仕事をしてくれそうな扱いになってるとか。

という感じで、以上、ネオスのコンタクト融合体の紹介でした。
どう見ても剣闘獣がコンタクト融合した方が強い、というのはナイショ。

コンタクト融合体を使う場合、
ネオスペースかインスタントかコンタクトアウトのいずれかを、自然と併用することになるんですが、
何回か試してみて、結局のところ、コンタクトアウトを使った時の、
融合攻撃→融合解除→追撃
の一連の流れが一番強いと思いました。
特にエアーやグランの場合、結構な大ダメージを叩き込めるので、それなりにいい感じだったんですが、
他はわざわざ召喚するのもなんかなぁ、というのが多かったので、
最初はNを多めに入れて、NEXやスペーシアギフトとかの専用カードを入れてその弱さを満喫してたんですが、
徐々にN関連のカードがデッキから外れていき、
最終的にネオスビートfeat.コンタクト融合、みたいな感じになってしまいましたとさ。
デッキ名もいつの間にか、セミコンタクト、という半導体みたいな名前に。

一方、「ドキっ おにゃのこだらけの(以下略」みたいなデッキも使ってみよー、
という電波を受信したので、ワリと厳選素材でモンスターを選んだらこんな感じに。

・モンスター
《ブラック・マジシャン・ガール》
《ハーピィ・クィーン》
《憑依装着−アウス》
《憑依装着−エリア》
《憑依装着−ヒータ》
《憑依装着−ウィン》
《デュナミス・ヴァルキリア》
《ダーク・ヴァルキリア》
《マジシャンズ・ヴァルキリア》
《クィーンズ・ナイト》
《ドリアード》
《白魔導士ピケル》
《黒魔導師クラン》
《荒野の女戦士》
《デーモン・テイマー》
《ハーピィ・ガール》
《お注射天使リリー》
《カード・エクスクルーダー》

・魔法
除去たくさん

・罠
除去たくさん

女性型モンスター限定、という条件より更に一歩進んで、
その可愛さから、思わず相手が攻撃するのを躊躇してしまうくらいのクオリティ、
という脳内基準を満たすカードで組んでみたんですが、
まあ、相手をバカにしてる気がしなくもないですね。(笑

とはいうものの、趣味全開で厳選したのに、それでもあんまり攻撃躊躇してくれなかったような。
攻撃はおろか、魔法も罠もバンバンくらってました。ああ無情。

でもクランが拷問車輪に引っかかったときは、
幼女を拷問するなんて、なんて鬼畜な! と思った一方、
このシチュを雑記絵で描こう! とかイキオイで思ったり。
……自重しましたが。

βテスト期間もあと半月でおしまい。
その前にもーちょい遊んでおきたいなぁ、といいつつ、
これまでにも結構色々試した感はあるので、結構満足気味。

カードリストとにらめっこをしつつ、次なるデッキを考えたりする今日この頃。

2010年02月07日(日)
お正月も終わり

ようやくトップ絵更新です。

で、今回言いたいことは一つだけです。

デュナ美さんははいてない。以上。

今回のおまひまは色々白すぎてどうかと思います。(←挨拶)

突然ですが、いつも通り遊戯王オンラインの話。

湿地草原+スター・ボーイでATK2250!

今のところYO3のβ版ではCSOCまでしか実装されてなく、
湿地草原というかカエルに関してはLODTまでのYO2とカードプールは変わってないので、
今さらといえば今さらなんですが、この2枚のコンボはフツーに強いなぁ、とか思ったり。

その他カエルさんが実装されたら、カエルさんデッキもちゃんと組んでみたいなぁ、
という考えがよぎったりもしたんですが、
そもそも、YO3の課金体系になったときに、今までみたいにカードを集められるのか、ちょっと謎。

ファンデッキはおろか、下手するとスターダストかブラックローズとか、
ガチなカードすらもなかなか収集できないんじゃないか、という可能性も否定できないので、
LODTまでのカードプールで、6期のシンクロ環境と戦えるデッキを考えておいた方がいいのかも、
ということで、最近はスキドレメタビートの調整もちゃっかりしてたり。

まあ、神の宣告の制限如何で結構安定感も変わると思うので、
その場合はおとなしく今まで通りライロやら剣闘獣で戦うことになるのかも。

でもβ版とはいえ、ノーマルレアの封入率が結構厳しいので、
この調子で製品版になったら、色々厳しそうだなぁ、とか思ったり。

β期間終了まであと20日くらい。
果たして、真相や如何に。

あ、あと遊戯王Wikiで、海外版と日本版でのイラスト修正対象カードの一覧を見たんですが、
海外だと逆巻くエリアとかまで修正入ってるのね。

露出規制とか収縮(笑)とかがあるのは知ってましたが、
逆巻くエリアのフトモモもアウトなのか。そうですか。

となると、最近のフトモモの権威の氷結界の封魔団も、きっとアウトなんだろうなぁ、とか思ったり。

あと気になったのは、ここ最近で妙に背徳的なエロさを醸し出していた霞の谷の祈祷師ですが、
海外版だと目隠し外されてるのね。

RAI-MEIのように海外で先行発表されたカードが日本に来てふくらみ増量中、みたいな現象が起きてますが、
このイラストの国内海外のデザインの順序がちょっと気になったり。

フツーのカードであれば、日本語版が先にデザインされて、

「海外だとこの大きさはアウトッスかね?」
「うーん、ギリギリアウトですかね」
「ですよねー。じゃあ収縮の方向で」

みたいな愉快なやり取りがされてたりするんじゃないか、と思ったりするんですが、
RAI-MEIの場合はどっちなんだろう。

これって元々日本語版でデザインしておいて、上と同じ流れで海外版のデザインが出来たのか、

「海外だとぺったんこだけど、国内ならこれくらいあってもOKッスかね?」
「うーん、国内だと大きさに関しては無問題ですかね」
「ですよねー。じゃあ増量の方向で」

みたいなこれはこれで愉快なやり取りがされてたりするんだろうか、とかが気になります。

常識的に考えると前者なんだろうけど、国内販社が妙にがんばって規制緩和運動をしてたりするんじゃ、
というロマンも捨てきれない。

水の踊り子はもはや伝説。

うん。久しぶりに2日連続で更新したけど、
案の定、雑記の内容がいつにも増してロクでもないですね。

今年の合言葉は「自重」の管理人でした。

2010年02月06日(土)
感想は「むずかしい」でした

私服というよりはスポーツウェア(のつもり)

ランスカとかランキュロとか、そんな略し方されても分からないですってヴァ。
語感的には、お菓子作りの際に用いる香り付けの液体、とかそんな感じ?(←テキトー)

スポーツ少女は青の短髪、とか誰かが言ってたような気がするけど、モノクロだと分からないですね。
手グセで描いたらどことなくひーたんの描き方にちょっと近くなっちゃったかもですが、これは青髪さんなのです。

そういえば、スポーツウェア関連の話として、
ゲームとかマンガであるような、現実にはありえない系の学校制服のデザインも好きですが、
それと同じレベルで、現実にはありえない系のスポーツウェア、
特にスキーウェアのデザインなんかが好きなんですが、如何せん世の中のサンプルが少なすぎて困る。

雪山でニーソとか、ありえないっちゃあありえないんだけど、
イラストでのデザイン的には面白いといえば面白いと思ってるんですが、
多分何を言ってるか伝わらないだろうなぁ。(笑

ぽーにょ ぽーにょ ぽにょ さかなのこ!(←挨拶)

ということで、金曜ロードショーを見ました。

この映画を見ての感想としては大いに間違っているような気もしますが、
正直「難しいなぁ」というのが私の感想でした。

アホっぽいのは承知の上で書かせてもらうと、
ストーリーというか、あの世界の設定に追いついていけてませんでした。(笑

そんなワケで、頭の上にはてなマークがいっぱいの状態でスタッフロールになっちゃいました。

どのくらい分からなかったかというと、
ポニョのパパさんはどーやって人間をやめたのか、
ポニョのママさんは何者なのか、
生命の水の精製方法とその効果の詳細、
そーすけの家族間における呼称の原因、
ポニョの魔法の行使と眠くなることの関連性、
車椅子おばあちゃん達の治癒の原因、
ストーリーにおける世界の危機の原因と解決法、
などなど、ざーっと思い返しただけで、多分話の7割くらいを理解できてないっぽいです。

ということで、またいつか金曜ロードショーにポニョが登場したら、
もいちど見て話についていけるようがんばります。

新作の借りぐらしのアリエッティの予告もちょこっと見ましたが、
アリエッティのデザインがいいですね。洗濯バサミとかナイス過ぎる。

日頃から、昔の童話や児童文学をテキトーに読み返してみるのも面白そうだなぁ、とか考えたりはしてるのですが、
図書館に行ったりしないので、なかなか実現できてませんが、
そういいつつも、去年の終わり頃に「モモ」を読んだりしてました。

電車の中とかであの手の本を読むのもまあ慣れては来ましたが、
流石に本の裏表紙にマジックで自分の名前が書いてあるとか、そーゆーのはちょっと恥ずかしい。

去年の秋の台風の日に、
台風→豆台風→ラモーナは豆台風
ということで、今度はヘンリーくんシリーズでも読んでみようかな、とか思い立ったきり、
そのまま数ヶ月が経ってしまったので、
今月来月くらいには近所の図書館にカードを作りに行く、くらいの目標を立てておいた方がよさそうかもなぁ。

あ、話はめちゃくちゃ飛ぶんですが、
昨日の夜、さっそくきりたんぽを食べてみました。

ある程度予想はしてましたが、なんていうか、お米の味がしました。(笑

無論、そのまま食べたワケじゃなく、一応テンプレ通りというか、お約束というか、
簡易きりたんぽ鍋にしたんですが、きりたんぽの部分はやっぱりお米の味。

おそらく、スーパーに売ってるようなものではなく、
本場のちゃんとしたお店で食べれば、もうちょっと違う印象になるんだろうなぁ、
と思いつつも、とりあえずのところはこんな感じ。

最初に安いウニを食べて、ああ、ウニってこんなものなのか、と思っていたけど、
北海道に行った時に改めてウニを食べたら、あれ、なんか前に食べたのと全然違うんですけど!
という体験をしたことがあるので、多分きりたんぽも同じなんだろうなぁ、という見込み。

ということで、いつかの機会に秋田に行ったら、その際はきりたんぽを最優先で食してみようかと。

と、いつにも増して方向性の分からない雑記になりましたが、
トップ絵は明日くらいには変えたいところ。

いつまでもお正月じゃアレだしなぁ。

2010年02月01日(月)
がんばれ中学受験生

今年初めての雪が降ったのですよ

次のトップ絵を塗ってる途中ではあるんですが、
今年初の雪が降って、しかも積もってる記念に、なんとなく更新してみました。

雪化粧、という言葉が使えるほどオシャレな街並みではないですが、
ああ、なんか冬っぽいなぁ、と思ったので、冬っぽいウィンちゅんを。

なんか最近少しずつではありますが、
ブロック崩しの方からこっちを見に来てくれる方々が増えてきたような気がしてまして、
ブラマジガールはともかく、ウィンちゅんはマイナーもマイナーなジャンルだけに、
このままだとウィンちゅんのエロい人、とか言われちゃったりするんじゃなかろうか、
とか、そんなワケの分からない危機感を覚えたりしたので、
ここらでそんな印象を拭い去ってやるっ、ということで、
正統派路線を目指そうかと思ったり。

と言いつつも、次のカラーはデュナ美さんなんだよなぁ。(笑

今日になって友人から年賀状が届きました。(←挨拶)

当選番号が発表された後に、ハズレのお年玉くじつきの年賀状をもらってもなぁ、
と思う今日この頃。

それはさておき、中学入試のシーズンでございます。
この時期の早朝の電車では、結構緊迫した空気が漂ってたりしそうですね。

今年は首都圏でも雪が降っちゃったりして、色々大変ではありますが、
受験生の方々はいよいよ本番ということで、がんばってほしいと思います。

世の中には、所謂「お受験」とか「受験戦争」的な事象に対して否定的な見方をする人もいたりしますが、
親御さんの意向がどの程度あるかはさておき、
周りの友達が遊んでる中で、一人コツコツとがんばってる当人の努力は、
めいいっぱい評価されてほしいと思ったりします。

それがたとえ結果が伴わなくても、その行為は全然ムダじゃないんだよ、
と心の底から思える親御さんであれば、言うことないんですが、
そこまで割り切れる人って、そんなに多くはないんだろうなぁ、とも思ったり。

と、未だに降り続いてる雪を眺めながら、そんなことを思ったりしましたよっと。

明日の朝になったら、きっと真っ白になってるんだろうなぁ。
ドアを開けて階段で滑って転ばないように細心の注意を払いたいところです。

というか、今履いてる靴の左側には、結構大きな穴が空いてるので、
雪の上を歩いたら確実に靴下を通じて、冷たい感触に襲われるので、そっちの心配をする方が懸命でした。
雨の日でも困るくらいなんだから、況や雪の日をや。

まだ使える、まだ使える、というびんぼーしょーパワーがこういうところで裏目に出るなぁ。

あ、全然関係ない話なんですが、
先日スーパーに買い物に行ったとき、たまご10個パックのところに貼ってあった値札に、
「通常価格148円のところ 158円!」って書いてありました。
何でそんな正直に。(笑

とりあえずひとしきり笑った後、近くにいた店員さんにツッコミを入れときましたとさ。
その後店員さんはマジックで前半部分を消してましたが、体裁にしてもヒドい。(笑

ちなみに、ここのお店は基本的にフツーのたまごは10個パック99円で、
なんか赤いヤツとかちょっとよさげなヤツだとそのくらいの値段になるっぽいです。
私は安い方で充分です。というか、食べても違いが分からないこと請け合い。

とまあ、珍しくこんな時刻に更新してるため、
なんか適当に思いつくことを書いてスペースを埋めちゃえ、みたいなイキオイになってますが、
そんなことをやってるならさっさと寝ましょう、ということで、今日はこの辺で。

戻る

inserted by FC2 system