雑記
2010 / 07
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010年07月27日(火)
がおお!

遊戯王オンライン界では大変貴重な種として高額で取引されている《スレイブタイガー》

仲間の剣闘獣の横を颯爽と駆け抜けて、
瞬時にその能力を開花させる貴重なトラさん。

セクトルさんが第一線で活躍できるのはひとえにこの子のおかげ。

……あと一枚欲しいんだよなぁ。

週末はひたすらデュエルしてるかと思いきや、
録画してたアニメを見たり、部屋の掃除をしたり、
寝る時間をやや削り気味で活動していたので、
月曜からとにかく眠いです。

もちろん、今日も眠いです。

そーいえば、あんまり今期のアニメの話をしてないですが、
生徒会役員共が面白いです。

主人公の気の抜けた感じの声がちょっとお気に入り。

とか、まったりアニメの感想とか書いててもいいんですが、
ここはタイムリーな話題ということでガンスリング報告とか。

前回更新時にレスキューシンクロで7連してやっほーい、という話はしましたが、
その後何度か戦って分かったこととして、
現環境でレスキューシンクロで7連達成できたのは相当運がよかったなぁ、ということ。

もともと、制限改定とカードプールの変化により、
シンクロスタン、帝コントロール、アンデシンクロ、ガジェット、レスキューシンクロ、ライトロード、
とまあ、このあたりのデッキを用意してガンスに臨んだんですが、
まあ手を変え品を変えやってみても、勝ったり負けたりの繰り返しで、
1回だけ7連できたものの、なかなかコンスタントに7連達成できないなー、という感じで、
緊急反省会を開催して、改めてデッキの見直しと環境分析もどきをしたりしてました。

この週末、これでもかー、っていうくらいデュエル三昧だったので、
結構対戦相手のデッキの傾向も見えてきて、
遅ればせながらようやく環境が把握できました。

とまあ、今日はこんな感じで久しぶりに遊戯王オンラインの話全開の雑記なので、
オンラインデュエリストでない方はおいてけぼりな感じの流れになりそうです。

と断りを入れたところで、話の続きですが、
現環境で頻繁に目にする主だったデッキとしては、
剣闘獣、デミスガイア、シモッチ型チェーンバーン、弾圧メタビートあたりが目に付く感じで、
あとはライロやアンデシンクロ、帝あたりをちらほら見かける感じでした。

前の環境では圧倒的にライロが多かったんですが、
ネクロガードナー制限化により、お触れ型ライロの防御力の低下が著しいためか、今回はホントに少なかったです。
逆に、デミスガイアとシモッチチェーンバーンの台頭が、そりゃもう鬱陶しいくらい激しくなってました。

なんていうか、以前なら、たまに出てくる地雷系デッキ、という程度だったんですが、
戦績を振り返ってみると、これは「ノラ犬に噛まれた」じゃ済まされないくらい、
そこら辺にウヨウヨしてることが判明。

ということで、デッキ構築段階から、これらのデッキに対抗できる要素を含ませておかないと、
なかなか7連達成するのは難しいのでは、という結論に。

ということで、それぞれのデッキに対する雑感とかをまとめてみたんですが、
だいたい以下のような感じかな、と。今さらですけど。

・剣闘獣
戦車とスレイブタイガーのおかげで、一気に最高峰まで登りつめ、トップに返り咲きの印象。
基本的に打点が低めなので、一度劣勢になるとジリ貧になり勝ちなものの、
逆に言えば劣勢にさえならなければ、
相手のデッキタイプに関係なく戦えるバツグンの汎用性を誇るような、そんなステキなデッキ。
かなり主観が入ってますけどね。ええ。

弱点としては、弾圧への対抗手段がないと、ほぼ一方的に負けるというのが一番大きそうです。
奈落でベストロウリィが除外されたりするとちょっとキツイけど、
だからといってDDRとかを入れたりしてデッキを歪めるのはなんか違う。
あ、次元剣闘獣なら充分アリだとは思いますが。

ライオウを出されると打点が足りないことに加え、剣闘訓練所が使えなくなるので、
ライオウも天敵なのでは、という感じがしますが、
月の書やらその他除去であっさり対処できるので、ライオウ単体ならそこまで脅威じゃない。
やっぱり単体で怖いのは弾圧。

・デミスガイア
勝つのも負けるのもとにかく早いので、序盤の勝ち星稼ぎの際に愛用されてるデッキタイプ。
私は個人的にこの手のワンキルがキライなので、ガンスの際には滅多に使いませんが、
CPU戦では愛用してます。早いからねぇ。(笑

このデッキはライオウを出されると詰むパターンが多いのですが、
逆に弾圧に対しては、事前のハリケーンや大嵐でなんなく処理できるという点が、剣闘獣と逆かも。

ヘラクレイノスを出されるとほぼ打つ手なし、という感じになりますが、
ラヴァゴーレムを入れておくと、起死回生の一手になったりすることも。
ただ、そういう風にデッキを歪めると、勝率は下げるのがお約束。

・シモッチチェーンバーン
お触れ、ショッカー、ダークシムルグ、マテリアルドラゴンと弱点が多いワリに、
それらの採用頻度がそこまで高くないので、現環境で普通に戦えるデッキタイプ。
これもあんまり相手のデッキタイプに関係なくパワーを発揮する印象。

・弾圧メタビート
ガジェだったり、ライオウ、カイクウ、アナザーネオスのハイビートだったり、
スキドレバルバ軸のメタビートだったり、あるいはそれらの混合だったりしますが、
とにかく殴り勝つ感じの、分かりやすいデッキ。

剣闘獣にもデミスガイアにもライロにも弾圧やスキドレが有効なので、
現環境で安定して勝てるかと思いきや、
弾圧を積んでても剣闘獣やライロに毎回は勝てないあたり、このデッキの難しいところ。

あと、ロック系のデッキに対抗する手段が少ないので、汎用性の面でもやや難あり。

で、普通に剣闘獣やライロ、メタビートなどのビートダウン系と戦うだけならいいんですが、
シングルデュエルでデミスガイアやシモッチバーンまで含めて対策を取ろうとデッキを歪めると、
今度はビートダウン相手に普通に打ち負ける、というバランスになってしまうのが難しいところ。

で、あーでもないこーでもない、と三日三晩寝ずに考えたところ、導き出された結論が、
メタに回るんじゃなくて、メタらせるヒマを与えない勢いで戦える剣闘獣、ということに。

剣闘獣の場合、ミラーマッチの場合は効果薄ですが、
和睦の使者をかなり違和感なく組み込むことが可能なので、デミスガイア対策として一歩有利。
また、ヘラクレイノスがいるため、シモッチバーンにもそれなりに耐性があるのもポイント。

メインデッキをヘンに歪めることなく、自然にこの2つの地雷デッキに耐性を持たせられるのは、
やっぱり大きいと認めざるを得ないので、
必要なカードが足りてない状態で、中途半端にデッキを組むのはちょっとイヤだったのですが、
とりあえず組んでみることに。

ただ、やっぱりこの環境でスレイブタイガーなしの剣闘獣というのは、
タコの入ってないタコ焼きな印象がありまくりだったので、
手持ちの資財をなげうって、スレイブタイガーをなんとか2枚まで確保して、
スレイブタイガーを使う前提の構築に組みなおしました。

案の定、というか、やっぱり剣闘獣は使ってて強いと感じはしましたが、
まだデミスガイアやシモッチバーンに負けちゃうシーンもあったので、
もっと早くヘラクレイノスまで到達できるような筋を含んだ構築に、と更にカスタマイズ。
特に、ミラーマッチの場合、多少強引でもヘラクレイノスを先に出せばかなり優位に立てるシーンが多いので、
そういう点も踏まえて再構築。

で、たどり着いたのが、今までの遊戯王オンラインにおける剣闘獣の主流からはちょっとズレた、
私にとっては結構新鮮な形の剣闘獣になりました。

【剣闘獣-セクトルカスタム(未完成形)】(42)

・モンスター(17)
《剣闘獣ラクエル》                 1
《E・HERO プリズマー》       2
《剣闘獣ダリウス》                 2
《X−セイバー エアベルン》       1
《剣闘獣エクイテ》                 2
《剣闘獣サムニテ》                 2
《剣闘獣ベストロウリィ》           1
《剣闘獣ムルミロ》                 1
《剣闘獣ホプロムス》               1
《剣闘獣セクトル》                 1
《スレイブタイガー》               2
《レスキューキャット》             1

・魔法(15)
《地砕き》                         1
《サイクロン》                     1
《大嵐》                           1
《大寒波》                         1
《休息する剣闘獣》                 3
《剣闘訓練所》                     3
《月の書》                         3
《収縮》                           2

・罠(10)
《リビングデッドの呼び声》         1
《聖なるバリア−ミラーフォース−》 1
《激流葬》                         1
《奈落の落とし穴》                 2
《剣闘獣の戦車》                   2
《和睦の使者》                     2
《砂塵の大竜巻》                   1

セクトルだってもともと剣闘獣なんだから、セクトルカスタムっていうのは何かヘンな感じですが、
従来のオンライン環境だと、わざわざセクトルを入れる形にする発想で組んでいなかったので、
今回は敢えてセクトルをフィーチャーした感じに。

手札にセクトルが来ちゃうと泣けるので、休息をフル投入。
発動条件が結構アレですが、アド損なしで墓地に「剣闘獣」と名のつくカード=休息を送れるので、
エクイテによるハンドアド確保にも一応貢献します。

ただ、スレイブタイガーも手札にいてくれれば、
セクトルだろうがなんだろうか場に出しちゃえばいいだけなので、
実際はそこまで、セクトルをドローしてしまい足を引っ張るシーンというのもなかったです。

セクトルが強いのは、スレイブタイガーが手札にあれば、
デミスガイアやシモッチバーンのデッキに対して、
後攻2ターン目でもヘラクレイノスへ成長させられる点につきます。

従来だと、プリズマーを併用しても、もうワンテンポかかってヘラクレイノスへ昇華させてたところを、
一足飛びでつなげられるので、とにかく地雷デッキへの耐性が上がるところが秀逸。

あとは、ミラーマッチの場合でも、
月の書かなにかでひっくり返しちゃえば、反射ダメージ覚悟でセクトル特攻することで、
ムルミロとラクエルを呼んで、相手の剣闘獣の効果を使わせることなくヘラクレイノスへ、
という流れを作れる点も評価してます。

まあ、ミラーマッチの場合、相手も月の書や戦車があるので、
一筋縄でいかない場合が多いですが。

あとは、現状だとサイクロン、大嵐、大寒波くらいしか弾圧を潰せないので、
環境的にもう少し弾圧が増えてきたら、砂塵を増やすことで調整しよう、とかそんなことを考えてます。

また、回していて、エアベルンが役に立つシーンが思いのほか少なかったので、
別にムリに入れなくてもいいかな、と思ってはいますが、
やはりレスキュー1枚からブリュ、ゴヨウを呼べる、と言うのは大きいかなぁ、と。

あ、未完成なのはいうまでも無く、スレイブタイガーが2枚しか入ってない点です。

とまあ、こんな感じでダークエンドのガンスに参加して、
都合4枚ダークエンドを入手。

まあ、厳密には「入手する権利」を手に入れました。

なんとかしてもう1枚スレイブタイガーを手に入れて、
よりセクトルが活躍できる構築にしたいところですが、
今のところはこんな感じ。

おお、久しぶりにオンライン色の強い雑記になったなぁ。

昔は年中こんな感じだったじゃん、というツッコミは無しの方向でひとつ。

2010年07月23日(金)
満腹と快勝と速記と

同一人物扱いでいいよね?

《霊使いとの契約》

儀式魔法

リリースに「霊使い」と名のつくモンスターが指定された儀式モンスターの降臨に使用する事ができる。
フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターと同じレベルになるように
リリースしなければならない。

とかいう専用儀式魔法とセットで、霊使いが儀式化、その名もリチュアル・エリア!

とかそんな感じの展開が一瞬頭をよぎったんですが、
よく見たらリチュア・エリアルなのでした。

でも「リチュアル」の意味はちゃんとあるようで、このカテゴリは儀式を軸にしたもんなんですね。

とまあ、そんな感じでイキオイだけでラクガキしてみましたよっと。
早く寝ないと次のガンスが始まっちゃうんだから!

食べ放題に行ってきました!(←挨拶)

ハンバーガー、カレー、スープ、パン、お野菜、アイスクリーム、
ととにかくたくさん食べました!

ものっそい満腹なので、明日の朝も昼も何も食べないで大丈夫そうです!

という感じでお腹いっぱい状態で帰宅したのが21時くらいだったんですが、
今日はトトロの日なので、早速視聴。

で、いつものようにパソコンをつけて、遊戯王オンラインのページを確認すると、
なんかまた突然ガンスが始まってるので、慌てて参戦。

前回のガンスは木曜日からスタートだったと記憶してるんですが、
そのおかげで、昨日の夜確認して何もなかったため、
今週はお休みかと思いきや、なんでこう、事前アナウンスをしないんですかね、まったくもう、
という感じでとにかくデュエル。

今回は7連が《ダークエンド・ドラゴン》ということで、
前回の神様ネオスとは比べ物にならない実用性で、テンションも上がりまくり。

んで。

さくっと入手

とりあえず早速1枚目げっと。

今回はライトロードではなく、レスキューシンクロを使用。

個人的な感想としては、とにかく剣闘獣が多かったです。
前回はあんまり遭遇しなかったのに、何か今回は半分くらいが剣闘獣という。

まあ、みんながみんなスレイブタイガーを3積みしてるワケじゃないところが救い。

今回の7連景品ダークエンドは早くも使う機会がありそうなので、
さっそくエクストラデッキに入れておきました。

で、トトロを見終わり、ガンスも終わり、
さっきエリアとかエリアルを描いて、
さくっと更新して、朝4時に起きるべく、さっさと寝ようという話なのです。

寝不足だとデュエルに勝てないからね!

みんなもちゃんと寝てからデュエルするんだよ!

2010年07月19日(月)
どんどん縦長化するのは仕様です

封魔団の初体験

「これを……舐めるのか?
 あ、なんか先の方から垂れてきてる……

 や、ちょっとベタベタするのだが……」

以上、氷結界の封魔団さんのドキドキ初体験(アイスキャンデー編)でした。

氷結界シリーズの時代設定はよく分かりませんが、
きっと彼女らの時代にはアイスとか無かったと思うので、こんな感じに。

巷では氷結界の新カードの舞姫がちやほやされてるっぽいので、
ここは敢えて封魔団で。

でもまあかく言う私も舞姫は鑑賞用に一枚欲しいと思ってるので、
いずれ描きそうな雰囲気はあったりなかったり。

ウィンちゅん@セーラー服

相変わらずの立ち絵とかも。

大正野球娘。で着てたくらいのスタンダードな型と丈。

セーラー服のスカートは短め派の人が多そうだけど、
個人的にはこーゆーのも全然アリだと思ってます。

が、やっぱりなんか古っぽい印象になっちゃうのは、時代の流れなんですかねー。

アウスねぇは壊滅的に似合わないんだが、どうしようかなぁ。

描く前からムリめだと思ってたけど、やっぱりムリでした。

つーか、なんでアウスねぇはこんなに"着こなせない"イメージが強いんだろうなぁ。
別になんの服ってワケじゃないんですが、なんかこう、似非SFライクな感じ?

デフォルトコスチュームはともかく、基本的に何を着せてもダメっぽいので、
ここはひとつ、アウスねぇのための地味ふぁっそん大会とかやろうかな。

遊戯王オンラインでも、よく分からないですが、
妙に狙ったようなアバターパーツが増えてきたので、アウスねぇで試してみるとか。

あ、でも案外チャイナ服くらいはそれなりに着られるのかも。

まだ予想の域を出ないので、真相は後日。

いつもの顔グラ

そしていつもの顔グラも描いたりしてました。

いつものことながら、ダルきゅんの年齢というか、見た目の少年⇔青年バランスの取り方に悩む日々

アウスねぇより年下にしなきゃいけないんだけど、ああ、微妙だなぁ。

なーんて感じで、
せっかくの3連休なのにまるっと更新してなかったので、
とりあえずテキトーに雑記絵を並べて補完してみたり。

この3連休、3日とも暑かったです。

基本的にお休みの日もあんまり外に出かけたくない人なんですが、
こう暑いと尚更出不精になるってもんです。

でも、なんか今日はちょっとだけ買い物に行ったり図書館に行ったりしてました。

外は立ってるだけでどんどん汗をかくくらい暑いのに、
お店や建物の中は逆に冷房が効きすぎてて寒くて、
このギャップがちょっとしんどいです。

元々あんまり動かないこともあるんですが、最近はこの暑さのおかげで、
食欲もビミョーに減ってきて、夕飯もあんまり食べたくないなぁ、的な感じだったんですが、
今日たまたまテレビをつけたら、一部巷で大人気爆発中のまいんちゃんが素麺を使った料理を作ってたので、
モノは試しということで、素麺にマヨネーズを絡めて食べてみたら、思いのほかいけました。

いや、ホントは海苔に薄焼き玉子を敷いて、その上にたらことマヨネーズを絡めた素麺を乗せ、
太巻きにしてできあがりー、みたいな感じだったんですけどね。

でもたらこが無かったので、代わりにキャベツを使った点以外は同じレシピで挑戦してみましたが、
なんかもう、太巻きの原形をとどめない「なぞのたべもの」みたいなものが出来上がりました。不思議。

あ、でも見た目はともかく、素麺にマヨネーズの組み合わせは個人的にはアリだなぁ、という感じでした。

基本的に私はマヨネーズが好きなのでそう思うだけで、
もしかしなくてもあんまり一般受けしないかも。

あー、でもまいんちゃん補正がかかると、食べてくれる人が増えるかもね。(笑

ところで。
新番組が始まってから、もう2週3週が経過してるのですが、
今回は全然チェックできてません。

とりあえず録画だけはしてるつもりなのですが、
コンスタントに見てるのがけいおんとメイド様だけという。

あ、5Dsはワリとちゃんと見てるので別腹。

まあ、そもそもどれも新番組じゃないんですがーがー。

もうビデオテープの残量が無いので、明日から少しずつ見ていかないとなぁ。

一方、遊戯王オンラインはというと。

エーリアンが地味に面白い、という発見。

全然強くはないんですが、アンモナイトとゴルガーのおかげで、
以前ほどマゾいデッキという感じではなくなりました。

特に、ゴルガーのバウンスが面白いです。

今は《古の森》が龍可からもらった1枚しかないので、とりあえず差してるんですが、
3積みできるとそれなりな抑止効果が期待できそうで楽しげです。

まあ、それでもガンスでお目にかかるレベルじゃなさそうですが。
トライアルなら使っていけるレベルにはなりますね。

何度か回している時に、一度だけエーリアンのミラーマッチになったんですが、
エーリアンカウンター争奪戦がカオス過ぎて困りました。(笑

BFに関しては、旋風もなければブリザードもカルートもいないので、
まだデッキとして形にはならないですが、今後の脅威の一つではあります。

CPUのクロウがその威力を物語ってますが、あのデッキでCPUが使って、
フツーに強いレベルだから困る。

剣闘獣はスレイブタイガーが3枚揃ったら組んでみようと思うんですが、
今のところ0なので、なんか遠い先のことになりそうです。

デッキ構築に必要なカードが揃わないからデッキを組めないという状況は、
ものすごく久しぶりな感じ。

流石に昨年末のイベント内容でTP稼いでたりしなかった人なので、
今回のスレイブタイガー事件にはちょっとしてやられた感が。
まあ、気長に集めるしかないのかなー。

なんてな感じで遊べてはいるんですが、
せっかくガンスのイベントが始まったというのに、
全体的に7連カードの価値が低すぎなのが、ちょっとつまらないというか、
モチベーションの維持につながりにくいというか。

今まではドリラゴの時だって、腐っても7連、的な雰囲気があったのに、
今回はそれすらもないような、テキトーな扱いなのがちょっといただけないです。

7連して10ポイント支払うよりも、
パックからアーカナイトをゲットする方が大変ですか。そうですか。

まあ、金銭的にはその通りなんでしょうけど、
やっぱり7連の威厳みたいなのが無いと、物足りなさを感じちゃいます。

実用性の問題もあるとは思うので、次回の賞品ラインナップに期待ということで。

なんてな感じで、どんどんトップページが縦長になってきましたが、
最近は更新頻度も低かったし、今月はこのままトップページに書き連ねてみようかな、とか思い始めたり。

いや、全然意味は無いんですけどね。
つーか、このブロードバンド時代であっても、トップページは軽くあるべき、
みたいなのは正しいと思ってるので、次回更新時には直すかなぁ。どーしようかなぁ、とか。

まあ、どーでもいいんですけどね。
つーか、もっと更新しよう、うん。

夏だし。

2010年07月16日(金)
三連休イブ

無題雑記絵

こうやってゆったりとラクガキできるだけで充分なんだよなぁ、とか。
そんなことを思ったり。

全然関係ないんですが、ポニョにも増して、ハウルは理解するのが難しい映画ですなぁ。
難しい難しい。

でも来週は多分大丈夫……なハズ。

5月の連休が終わると、この海の日が来るまで、
祝日のない日々を過ごさなければならないのが日本の暦の宿命。

まあ、それでも海外の方からすると、日本ってお休み多いよね、的な印象らしいので、
なんとも言えないんですが、でもやっぱり5月中旬から7月中旬までは、
梅雨っぽい気候もあいまって、なーんかどよーんとした感じになり勝ち。

でも、なんかそれもそろそろ終わり、もう本格的に夏っぽい日々になりそうですね。
夏休みっぽい感じもしてきたし。

ああ、こうやって書いてると、なんかムダに元気が出てきそうな感じがしますね。うんうん。

ということで、なんか普段とちょこっと違うテンションで、
普段と同じことを書いてみようとしてますが、なんだか情緒不安定っぽさが文面に出てるとか出てないとか。

今さっきハウル見終わったところなんですが、まだそんな遅い時刻じゃないのになんか妙に眠いし、
その所為もあって、なーんか駄文、ここに極まれり、的な。

うむ。

とりあえず、3連休だし、明日か明後日も更新しそうな気もするので、
今日はあんまり書かなくてもよさげかも、ということで、
ちょこっとだけ遊戯王オンラインの話とか。(←支離滅裂風味)

制限改定、新スターター、新ブースター、新パック実装、おまけにトライアルその2、
とか、なんかここに来て妙に加速してます。

幸か不幸か、DDBことダークダイブボンバーが生まれた時から禁止指定なので、
環境的にそこまででっかい変化はなさそうですが、
色んなテーマデッキを組んでみたくなるラインナップですね。

ようやくエーリアンを組む気になる人も多いのでは、とか思ったり。

まあ、何より死デッキ禁止が大きいですよね。
これでこのカード1枚のためにデッキを歪める必要なく、
思う存分アッパービート風味のデッキを組むこともできるというものです。

あとはスレイブタイガーを3積み出来る人と出来ない人で、
剣闘獣に対する価値観に差がありすぎる現状をどう捉えるか、とかもちょっと気になります。

先日のガンスは結局7連を4回ほど達成したんですが、
次回までにカードを集めたり色々調整する必要がありそうなので、
ちょっと様子を見てみようかな、とか、そんな感じ。

しかし、早くデュエルログ実装してくれないかなぁ。

なーんて書いてたら、実はオンラインの話の方がボリュームが多くなってたりするんですね。

今日は実にふにゃふにゃな感じですが、まあ夏だしなぁ、ということでひとつ。

2010年07月11日(日)
人と違う生き方は それなりにしんどいよ

こーゆー私服もいいかと

特になんでもないですが、夏っぽく。

ああ、こーゆーときに非版権モノだと書くことがなくて困る。

モノクロですが、なんとなく緑っぽい服だと思ってます。
だからなんだっていうと、別になんでもないんですが。

テキトーに描き殴る際は突飛な髪型を描くこともしばしば

結構更新の間が空いていたので、雑記絵2というか、
いつものラクガキもアップ。

これで更新停滞の穴埋めができた、とかは考えてないですけども。
いや、なんでこんな言い訳してるんだ、自分。

はい、ということで、久しぶりの更新になりました。

まずは、突然更新が停滞しちゃってすみませんでした、というご連絡から。

別に全然ご大層なことをやってるワケでもないので、
あんまり影響もへったくれもあったもんじゃないんですが、
でもせっかく見に来てくれる人もいるので、まずはそんな方々へ向けてのご挨拶をば。

今日初めて見に来てくれた方には、全然問題ないです。どーもこんにちは。

なんか色々ありましたねぇ。

連日梅雨っぽい天気の日々が続いたり、大雨で被害が出たり、
新番組が始まったり、けいおんのOPが変わったり、
今日なんかは選挙やったりしてますよ。

魔装機神も伝説のアハマドさん500万クレジットルートをクリアしたりして、
ただいま4周目突入してたりします。インシャラー。

そうそう、遊戯王オンラインの方も、このタイミングで突如ガンスリング開催とかいって、
ちょっと突然過ぎるんですけど! みたいな。

あと、ここしばらく金曜ロードショーのラインナップが秀逸すぎてこまりそうだったりもしますね。
紅の豚、耳をすませば、とアリエッティに合わせてジブリが続き、
サマーウォーズもあって、夏休みの後半には20世紀少年も、と見たいものばっかり。

あ、サマーウォーズは私にしては珍しく映画館で見たんですが、
あれからもう一年ですか。時が経つのが早いなぁ。

ということで、今日は遊戯王オンラインの話をメインに、
つれづれなるままに書いていきたいと思います。

まずは、久しぶりに遊戯王オンラインでガチデュエルができて嬉しかったです報告、
もといガンスリングの報告。

YO3になって初のガンスなんですが、
仕組み自体は以前と変わらず、時間内に5連勝〜7連勝するのを目標にデュエルするイベント。
YO2でのガンスとの違いはというと。

・開催期間が長い
・1回の開催時間が4時間に
・開催ロビーが一箇所に集約
・5、6、7連すると、限定カードを購入する権利がもらえる、オプーナもびっくりな仕様に
・なんか初心者さん多くない?

とかそんな感じ。

まず、開催期間が今までは金曜の夜から日曜の昼までだったのが、
木曜の夕方から水曜の早朝まで、ほぼ1週間の期間開催するようになった模様。
今回はこんな感じ。

07/08 16:00 - 07/08 20:00
07/09 10:00 - 07/09 14:00
07/09 20:00 - 07/10 00:00
07/10 04:00 - 07/10 08:00
07/10 12:00 - 07/10 16:00
07/10 20:00 - 07/11 00:00
07/11 04:00 - 07/11 08:00
07/11 12:00 - 07/11 16:00
07/12 16:00 - 07/12 20:00
07/13 10:00 - 07/13 14:00
07/14 04:00 - 07/14 08:00

各4時間の全11回。一応金土日は以前と同様のスケジュールで、
他のはその週末に参加できない人向けの便宜、みたいなところでしょうか。
明日も夕方あるみたいなので、一応まだ終わってないんですが、
まあ平日にやられても困るよね、という人が大半だとは思いますので。

で、今回の景品は《神機王ウル》《ネオス・ワイズマン》《E・HERO ゴッド・ネオス》という、
あんまりがんばる必要のなさそうなラインナップでした。

ああ、でもGXでのユベルと十代の不謹慎な関係(笑)は未だに根強い人気なので、
そんなファンデッキを組みたい方にはワイズマンは必須と言っても過言ではないのか。

以前と比べると、デュエル自体は無料になったので、
ベンケイワンキルや図書館エクゾの前になすすべなく負けたときも、
あー、10円無駄にした! 的なストレスがないのは精神衛生上いいと思います。(笑

ただ、参加するためにはデュエリストプレミアムが必要なので、その点はご注意。

YO3のブースターが発売された時に、とりあえず5パック買ったんですが、
YO3になって、このタイミングで初めてパスを入力しました。
新しいパスって銀削りしなくてよくなったんだね、とか何を今さらな。

で、実際のデュエル環境はというと。

シンクロ環境で初のガチデュエルイベントということで、どんな感じになってるかと思ったら、
やっぱりライトロードが多かったです。

剣闘獣は制限改定による弱体化があったので、以前ほど多くなかったですが、
それでも強力なカテゴリであるのは間違いない感じでした。

あとは、ガンスなのにデミスガイアが散見されました。
勝つにしても負けるにしてもとにかく早いので、
CPU戦やトライでは結構重宝されるとは思いますが、
流石にこのデッキで7連というのはちょっとなぁ、と思ってしまうのですが、
人によっては3戦目まではワンキルで、という人もいるんだろうなぁ。

私自身は、こーゆー環境でのスタンってどんなかなー、というのを試してみたかったこともあり、
死デッキ耐性を若干意識した現環境におけるスタンっぽい構築のものを使ってみました。
で、結果はと言うと、7戦目にシモッチバーンで瞬殺されちゃったり、
植物軸に打ち負かされたり、と7戦目で負けるというのが2度ほど。

ただ、やっぱり勝つことを目的とするイベントだし、
美学やらポリシーやらは勝ってから議論すればいいでしょ、
ということで、大いなる流れに身を任せ、お触れ型ライトロードを組んで、
とりあえず7連3回は達成して、とりあえずイベントカード引換券は入手。

記念撮影
パックを買う権利をやろう

7連できるできないは、デッキの安定感の問題もあるけど、
初心者さんとマッチングされるかされないかってのも結構あるよなぁ、みたいな印象もあったり。

ただ、狙って初心者さんと対戦できるわけでもないので、
やっぱり自分で調整できるデッキ構築&プレイングの部分をがんばらないといけないのですね。当たり前ですが。

デュエル観戦機能は実装されてるものの、デュエルログがない状態なので、
他の連勝者さんがどんなデッキ使ってるのかさっぱり謎なのは、以前と比べてちょっとよろしくない点です。

逆に、デュエル中に対戦相手の連勝数を確認できるのは、
その行為に直接的なご利益があるワケじゃないものの、精神的によろしい点だと思います。

とまあ、そんな感じで、久しぶりのガンスリングも、
とりあえずの目標は達成ということで、無事終了。

いや、まあ厳密には終了してないんですけどね。

あ、せっかくプレミアム期間になってることだし、
新規追加されたCPUさんたちとデュエルしておこうかな。
龍可とか龍可とか龍可とか。

で、続いてはジブリの話とか。

先々週は紅の豚、先週は耳をすませば、今週はハウルだそうで。

実は紅の豚は今までちゃんと見たことがなかったので、この機会が初視聴。

うん。いいですね。すごくカッコいいです。
ハードボイルドってのは彼のためにある言葉ですね。

でも主人公が二枚目だと、そのまんま過ぎてなんだかなぁって感じになっちゃうところですが、
見た目が正真正銘の豚さんだから、そのバランスが絶妙。
いや、素晴らしいですね。うんうん。

で、先週の耳をすませば。

これはもう何度も見てるので、今さら感がありますが、やっぱり好きです。

あの時代の空気感が個人的に好きなのです。

物より心が豊かだった時代、とかそーゆーのが好きなワケじゃなくて、
電車とかコンビニとかはフツーにあるけど、
携帯電話とかネットとかはそこまで普及してないであろう、あの時代が好きなのです。

ただ、現代の若者たちからすると、ケータイが無い学生生活ってありえないんだろうし、
ああ、これがジェネレーションギャップなのか。

と、ケータイではなくフツーに友達の家の電話にかけてた世代の人がなんか言ってます。

あと、耳すまの印象的なシーンとして、
パパさんが雫にお説教をする場面、あれは名言だと思います。うん。

まあ、中学生くらいなら、むしろあれくらい我が道を突っ走った方がいいと思うんですが、
最近の世の中の流れだと、どんどんモラトリアムオーラの高齢化が進んでるよなぁ、というのが最近の感想。

真剣10代しゃべり場はまだ分かる。
が、青春リアルの年齢層はいかがなものか、とか思ったりするのですが、果たして。

と、こんなことを言いつつ、私自身はどうかというと、
「永遠の中二病」の二つ名を欲しいままにしているくらいの身の上なので、全く説得力がないんですが。(笑

夢は大事だよね。でも夢は寝ている間に見るものだよ。
じゃあ、ずっと寝ちゃおう! 的なスタンスを保てる人はステキ。

寝ている時の所謂「夢」と、希望とか野望とかの「夢」を差す言葉が、
日本語でも英語でも、夢/dreamと同一に扱われているのは、ちょっと興味深いです。

興味深いといえば、最近なーんとなく思ってることとして、
自分はおそらく精神医学的なカテゴライズでは、「一般」の範疇に収まるだろうけど、
結構境界線よりの性質を帯びているんだろうなぁ、みたいなものがあります。

もう一歩間違えたり間違えなかったりすると、一線を画した別ルート確定、みたいな。

キーワードとしては、アスペルガー症候群とか。

精神医学的に病気でも何でもない人が、自身を鬱だとかアスペルガーだとか言って、
それを盾にするのスタンスを取る様はどーかと思いますが、
自覚すること自体は自分に取っても周囲に取っても大事だとは思います。

以前、

自分は精神病かもしれない、なので精神病院へ行ってきました、
そしたら先生から、あなたはちょっと珍しいタイプの人ですね、
ふつーの患者さんなら、あんまり耐えられない環境ですけど、よくがんばってますね、
みたいなことを言われました、

的な記事を読んだことがありますが、
まあ精神病の先生のタスクは患者さんを安定させることなんだから、
そういう言い方をするのも頷けるよなぁ、とか思ったことがあります。

とりあえず嘘でも方便でもいいから、
患者さんの正当性みたいなところを認めてあげるのが大事で、
あとはそれを患者さんに悟らせないところが、スキルの発揮しどころなのかも、とか邪推したりしてました。

第三者がすると、それが滑稽極まりない様であっても、本人にとって納得のいくものであれば、
それが正しい仕事の所作なのかも、と思ったりしてるのですが、
この辺の真相は専門家でないので分かりません。

まあ、やる気が出ないのは体内物質の合成が他人と同様にできない病気のせいであり、
気力とか意志力とかそーゆー話じゃないんだよ、という理屈は分かるし納得もします。

ただ、だから無罪放免かというと、それは違ってて、
この話はきっと、僕は生まれつき足が遅いんだから、運動会で負けてもいいんだ、
的な発想に近いものがありますね。

先天的能力が低い人は、後天的な訓練乃至は努力によって、
それを補填する義務はないけど、
人と同じ生き方を望むのであれば、補填する必要性があるだろう、と思ってるので、
ちょっと前に流行ったオンリーワンという単語の意味を履き違えて競争を否定する思想はキライです。

競争すると優劣がついて、優秀な人にとってはいいけど、
劣等な人にとってはつらいので、競争はやめましょう、というのが正しいかどうかは、
何に重点を置くかによって判断が分かれるところですが、
少なくとも人々の総体としてのパワーを底上げする目的にはそぐわないかな、と。

なんていうか、これはちょっと前の雑記にも書いたかもですが、
劣等な人にとって文字通りそれが死ぬほどつらいなら、
わざわざ競争なんかに進んで参加する必要はないし、
生きてる意味が云々というのは優越者のワンランク上の発想だ、というのが私の見解です。

ただ、そうやって競争からリタイヤした人は、
卑屈になる必要はないかもしれないけど、自分がリタイヤ組である自覚は持つべきだよなぁ、と。
じゃないと、単なる手前勝手なワガママになっちゃうしなぁ。

……なんかこの手の話題になると、脱線が激しいなぁ。
久しぶりの雑記だというのに。

ちなみに、ここのサイトにアスペルガー的な診断っぽいのがあったので、やってみました。

結果は、
総合得点:32点
社会的スキル:9点
注意の切り替え:7点
細部への注意:2点
コミュニケーション:8点
想像力:6点

と、こんな感じでした。

べ、別に点数が高いほどいいってワケじゃないんだからねっ、勘違いしないでよ!

ちなみに、この調査結果によると、総合得点に関して、
アスペルガーとか自閉症系の人たちの平均点が37.9点、
社会人が18.5点、大学生が20.7点となっているので、
ある程度有意な差が見受けられる指針にはなりそうですね。

33点が一応の閾値としているようなので、
ああ、なーんとなくそれっぽい結果になってるなぁ、
と、とりあえず満足でした。

って、満足してていいのか悪いのかは、また別のお話。

なんだか耳すまの話がどこかへ吹っ飛んじゃったのが、我ながらちょっと残念ですが、
今日はこの辺で。

戻る

inserted by FC2 system