雑記
2010 / 10
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010年10月27日(水)
うー、さん、はいっ!

イカ娘にイカ型兵器を装備でゲソ!

人類どもの兵器を手に入れたでゲソ。

アームズエイドってイカに似てるよね、ということで、
イカ娘にアームズエイドを装備させてみたでゲソ。

これで人類侵略もあっという間じゃなイカ?

ということで、最近文字通り毎日イカ娘を繰り返し見てます。

にしても、イカにこんなに中毒性があるなんて知らなかったです。
警察か保健所に連絡しなきゃ……

今日のファイブディーズは本編よりもむしろCMでやってたプロモキャンペーンが気になるという話。

以前ジャンプのイベントに行って、プロモパックを5つほどもらってきたので、
流石に一枚くらいはスノーマンイーターが入ってるだろうと思いきや、
トウモロコシとかラッコのようなコアラとかが入ってたりで、
結局スノーマンイーターが一枚も入ってなくて愕然としたのはいい思い出。

遊戯王関連商品ということで、
デュエルパスを補充するいい機会なので、またヨドバシさんにでも行ってこようかな、と思ったり。

ヨドバシがキャンペーン対象のお店なのかはちゃんと調べてないですが、
先日もトークンをくれたので、多分今回もあるんじゃないかなー、くらいな感じで。

スノーマンイーターが一枚800円前後で取引されてたことを考えると、
こういう機会に是非手に入れたいなぁ、と思ったりするんですが、
こう考えてると、物欲センサーに引っかかって、またトウモロコシが豊作になったりするんですよね。不思議。

それはさておき。

今日も今日とてシーラカンスの考察。最近こればっかり。

まず、先日の雑記で記した、ギガンテックファイターとアームズエイドのコンボに関して。

自分のアームズエイドを装備した相手モンスターに、
自分のギガンテックファイターで突撃しまくるこのコンボですが、
現時点では裁定が不定の、所謂調整中の扱いなんですね、これ。

念のためオンラインで確認してみたんですが、
アームズエイドの効果が不発に終わってました。残念。

シーラカンスの効果で、
オイスター、フィッシュボーグx2を含めて召喚するか、あるいは、
オイスター、フィッシュボーグを含めて召喚して、
アームズエイドのシンクロ後に手札を切ってフィッシュを自身の効果で蘇生させてシーラカンスとシンクロさせるだけで、
簡単に実現可能だっただけに、ちょっと残念。
実現が簡単だったから、調整中になったんだろうに、と言われるとそれまでなんですが。

まあ、ムリなものはムリとすっぱりさっぱり諦めて、それでも考察は前向きに続きます。

白タウナギは無いものの、オンラインでそこそこ試して気付いたこととして、
シーラカンスを場に出した時点の自分の手札枚数が0なのか1なのか2以上なのか、
また、相手フィールド上で警戒すべき魔法・罠が何枚あるのか、
そして相手の残りライフはいくつなのか、
という条件を元に、どの魚の組み合わせを呼び出せばいいのか、
予めしっかり検討しておかないと、時間がかかって仕方ないことが判明。

カードプールの違うオンラインの方で考察しても仕方ないので、
現行のOCGのカードプールをベースに検討。

まず、シーラカンスを場に出す方法から。
通常召喚だとリリース要因が2体必要となるので、
それをそろえるのがちょっと大変、というのはありますが、
いくつかの召喚サポートカードを使って、手札を2枚消費して場に出すのがメインになりそうです。
尚、手札2枚というのは、手札にシーラカンスがいる場合は本人含めて、の勘定です。

パターン1:手札にシーラカンス、墓地に黄泉ガエルとフィッシュボーグがいる場合
黄泉ガエル蘇生→手札一枚切ってフィッシュボーグを蘇生→シーラカンス通常召喚

パターン2:手札にシーラカンスと大波小波、墓地に黄泉ガエルがいる場合
黄泉ガエル蘇生→大波小波発動→シーラカンス特殊召喚

パターン3:手札に通常モンスターと戦線復活の代償、墓地にシーラカンスがいる場合
通常モンスターを召喚→戦線復活の代償でシーラカンスを蘇生

基本的に、上記のいずれかのパターンに落ち着いて、2枚消費で出す場合が多くなりそうです。
例外として、リビングデッドや死者蘇生で墓地のシーラカンスを特殊召喚できた場合がありますが、
それはラッキーとしか言いようがないです。

ただ、流石にその2枚に依存して話を進めるのも現実的じゃないので、
手札2枚消費をベースに話を進めます。

手札2枚消費なら、デビルズサンクチュアリとか、適当なリリース確保のカードでいいじゃん、
という話もありますが、逆にいえば、デビルズサンクチュアリを使うくらいなら、
生け贄確保以外の選択肢がある大波小波や戦線復活の方が魅力的かなぁ、と。

なにはともあれ、シーラカンスを召喚できたとします。
通常召喚権を消費してなければ儲けものですが(上でいうとパターン2が該当)、
実際そこまで気にすることもないです。

で、問題はここから。
シーラカンスの効果を使って、一気にラッシュを仕掛けたいんですが、
じゃあそのためにはどのお魚をチョイスすればいいのか、という話になります。

相手フィールド上のモンスターの数や、魔法罠の状況がどうなってるのか、ということと、
自分の手札の枚数と相談して、適切なお魚を呼び出せればいいんですが、これがなかなか難しいです。

その前の話として、シーラカンスを場に出したときに、優先権を行使して効果を使うべきか否かですが、
普通に考えると、優先権を行使した方が無難な気がします。

というのは、相手が激流葬を伏せているなら、優先権云々関係なく、
お魚を呼んだ後に一掃されるだけなので変わらないんですが、
相手が奈落の落とし穴を伏せている場合、相手の判断として、
こっちの優先権行使の起動効果に対して奈落をチェーン発動すると、
シーラカンスは落とせるけど、そのあとお魚が5体並んで困っちゃうし、
かといって、チェーン発動しなければ、その後出てくる4体のお魚の大半は一斉除去できるけど、
肝心のシーラカンスが場に残っちゃうし、というジレンマに陥ると思うんですが、
ここで優先権を行使しないと、シーラカンスが奈落に落ちておジャンでございます、という結果になるので、
やっぱり召喚時に優先権を行使してシーラカンスの起動効果を使うべきかな、というのが今のところの結論。

あと、もっと前の話として、
そもそも相手フィールド上に伏せ魔法罠カードがある場合に、不用意に攻め込むのは怖いよぅ、
という遊戯王では避けて通れない壁があるんですが、
そういう意味では、サイクロン、ハリケーンが使えるなら惜しまず使って後顧の憂いを絶つべきだし、
手札に大寒波があって召喚パターン1を取れる状況なら、寒波しておくのが大事。

基本的に手札を一気に消費するラッシュなので、攻め込むタイミングが重要ですが、
出来る限り場を整えて、攻め込むのがよさげとはいえ、
そんな悠長なことを言ってるとあっという間に自分のライフが0になってるのが最近の傾向なので、
その辺はまあ、臨機応変に対応、ということで。

前置きが長くなりましたが、というか途中から前置きに戻るというヘンな進み方をしましたが、
改めて、シーラカンスを場に出しました、というところからの考察を再び。

手札コストを使って墓地にいるかもしれないフィッシュボーグを再利用する、とか、
手札にあるかもしれない戦線復活を使う、というパターンはまずおいといて、
シーラカンスの効果使用時に手札が0になる場合、ホントにワンキルできるの?
というちょっとジリ貧の状態からの逆転をまず検討。

基本的にシーラカンスの効果は、LV4以下の魚を4体呼ぶことになるので、
シーラカンスを含めて、レベルの合計は7+4+4+4+4=23となります。
ただ、シーラカンスの攻撃力が2800と結構高いので、シーラカンスをシンクロさせちゃうのはちょっと勿体無い。

なので、残りの☆16をどう分配するか、という話ですが、
相手フィールド上ががら空きなら、
タウナギ、タウナギ、光鱗、光鱗を呼んで、
LV8のシンクロモンスター2体の合計攻撃力が5200を越えるように、
レッドデーモンズでもギガンテックファイターでも呼べば、
総攻撃で8000以上削れますが、多分そういうシーンは少ないと思われるので、
より現実的なシンクロの仕方を考えないと、ということで、さらに検討を進めます。

オイスターマイスター自身は☆3ですが、その効果によりトークンを残すので、
例えば、タウナギ、タウナギ、オイスター、光鱗を呼んだ場合、
タウナギ+オイスターでLV7シンクロ、
タウナギ+光鱗+トークンでLV9シンクロが可能です。

もし、トリシューラをエクストラデッキに忍ばせられる人なら、
LV7シンクロとしてグングニール、LV9シンクロとしてトリシューラを呼んで、
シーラカンス2800+グング2500+トリシュ2700で丁度8000になってめでたしめでたしとなります。
この場合、相手フィールド上のモンスターが1体だけなら、トリシュで除去できるし、
手札に余裕があるなら、グングの効果でさらに2枚まで除去できるので、
かなり実用性の高い組み合わせだと思います。

が、大きな壁として、トリシューラなんて持ってないってヴァ!
という切実な悩みというか叫びがある人もいると思うので、
というか、少なくとも私はそうなので、トリシューラに頼らない組み合わせはないかなぁ、というのが今日の議題。

上記のトリシューラをフィールドマーシャルに変えると、
シーラカンス2800+グング2500+マーシャル2900で、これはこれで8000オーバーなんですが、
相手フィールドの除去をするためにグングの効果を使う必要が出てくるので、
手札コストに余裕がある場合は、これで代用可能、といえます。
というか、グングの効果を使って場を制圧出来る場合は、わざわざLV9シンクロにする必要がなくて、
LV8の2700以上でことが足ります。メンタルスフィアでもギガンテックでもレッドデーモンズでもなんでも可。

また、トリシューラをミストウォームに変えると、
シーラカンス2800+グング2500+ミスト2500で、7800と微妙に足りて無いんですが、
事前に相手ライフを多少削っておけた場合なら、これでも充分にこと足りるかと。
さらにミストウォームを使ったパターンだと、
手札コスト無しで相手フィールド上の気になるカードを3枚までバウンスできるので、
実現性がぐっと高まります。

ただ、相手ライフが8000で、手札コストも余裕が無くて、おまけにトリシューラを買うお財布の余裕も無い状態で、
相手フィールドのカードを除去して、なんとかして一気に8000を削ることが出来ないか、と考えてみたんですが、
そのためには、やっぱりミストウォームの力を借りるしかないんですが、
そうすると、シーラカンスとミストウォームの合計攻撃力が2800+2500=5300なので、
あとはLV7シンクロで攻撃力2700を捻出する必要が出てきます。

ただ、素材指定なしだとせいぜい2400が限度で、グングも2500なので、やっぱりちょっと足りません。
LV7じゃムリだけど、LV6には攻撃力2800という壊れっぷりで有名なゴヨウさんがいるんですが、
魚4体で☆9と☆6をシンクロするのって、ムリなんですよね。☆9の方はチューナー以外が2体必要ということもあり、
☆7と☆9の組み合わせになっちゃいます。

これはお手上げかなぁ、と思ったんですが、遊戯王Wikiでもっかいレベル7のシンクロを確認してみたところ、
なんと、一人いらっしゃいました。

そのお方とは、海外からのスペシャルゲスト、《Scrap Archfiend》さんでーす!

多分《スクラップ・デーモン》という日本語名になると思いますが、このお方、シンクロ素材指定なしで、
攻撃力2700という破格のステータスの持ち主です。

ということで、トリシューラもなくて手札もない状態で、相手ライフ8000を一気に削る場合、
シーラカンスの効果でタウナギ、タウナギ、オイスター、光鱗を呼んで、
タウナギ+オイスターでScrap Archfiendにシンクロ、
タウナギ+光鱗+トークンでミストウォームにシンクロすることで、
手札0でも相手の場を3枚までバウンスして、
シーラカンス2800+Scrap Archfiend2700+ミスト2500で、ジャスト8000を叩きだせることになりました。ぱちぱち。

とはいえ、日本未発売カードを使用してるので、公認大会では実現できませんが、
フリーデュエルとか仲間内での対戦なら、
「日本国内のみばかりに閉じこもってるとは、なんと視野の狭いことか、
 これからは海外にももっと目を向けねばならんぜよ」
とかなんとか言いくるめれば、やってやれないことはない!

……かもしれません。

まあ、いずれ《スクラップ・デーモン》として日本に戻ってくると思われるので、
その際は大手を振って使っちゃいましょう。

ということで、今日は、
「グングニール + トリシューラ ≒ Scrap Archfiend + ミストウォーム」
という超理論を確立しました。

左辺は7000円以上しそうなので、
コストパフォーマンス的には「≒」じゃなくて「<」でもいいくらいだね!
とか言ってみたり。

……じゃなくて、結論としては、シーラカンスの効果使用時に手札が0の状態でも、
ミストの効果で場をこじ開けて、7800あるいは8000のダメージを与えることは可能で、
また、手札に余裕がある場合は、グングの効果で破壊して、LV8かLV9の攻撃力2700以上で目標達成でした、というお話。

もちろん、バトルフェーダーやトラゴ、ゴーズなんかいるとムリですが、
それを言い出すとキリがないので。

これで一応、ワンキルのためのテンプレートは出来ましたが、
実際のデュエルシーンだと、シーラカンスの効果を使う際に、
タウナギ、タウナギ、オイスター、光鱗を呼べるかどうか、
つまりそれらのカードがデッキに眠っているかどうかがポイントになってきます。
特に、タウナギを3積みしたとしても、その内の2枚がデッキに眠っていないと、
上記のコンボが成立しなくなるので、
今度はタウナギが1枚しか呼べない場合に、どうすればいいのか、
あるいは、そういう状況だとシーラカンスの効果使用後に手札が何枚必要なのか、ということを考えたいと思います。

タウナギよりフィッシュボーグの方が使える、という意見をどっかで見ましたが、
決してそんなことはないと個人的には思ってます。

大体、手札を消費してシーラカンスを召喚してさらに起動効果で手札を消費するので、
グングの効果にしてもフィッシュボーグの効果にしても、
実際問題そんなに連発できることは少ないんじゃないか、というのが根底にあると思います。

手札がいっぱいある時にシーラカンスを召喚すれば勝てますよ、というんじゃ話にならなくて、
ジリ貧の状態でもシーラカンスを召喚すれば勝てますよ!
といえる構築にしたいところ。

世間様から遅れること1年、最近シーラカンスがかなりマイブームになってます。

2010年10月24日(日)
イカ娘の舞台って湘南っぽいのね

当初の予定と少し違うけど使い回しちゃおう

ホントは、サイトの引越しに伴って、
Infoseekの旧サイトの方に置こうと思って描いたんですが、
いつの間にかもうあと1週間で閉鎖になっちゃうので、なんかビミョーかも、
ということで、なんとなく塗らなくなりそうな感じに。

今月あんまりラクガキできなかったので、年末へ向けて、
ぼちぼちペースを戻していきたいところです。

ホセダッシュ! ホセダッシュ!(←今週の挨拶)

今日はホセおじいちゃんの走りに敬意を表して、遊戯王の話しかしないぜ!
いつものこと、とか言わない。

ライディングデュエルだけじゃなく、ランニングデュエルが出来るのが、
ニューワールドの特殊能力なのか。そうなのか。Dホイールと合体とかはもうどうでもいい。

テレビの前の誰もがツッコミを入れてるであろうシーンなのに、
劇中で誰一人ツッコまないのがクールすぎる。
合体はもうプラシドがやってたので二番煎じだとしても、
あのダッシュする姿をスルーするのはかなりのスルー力が要求されますよ?

あと、あの無限霊気?だっけ。
カウンターが100個とかいうのも、実際に再現しようとすると、カウンターを用意するのが大変。
一円玉で代用しても、100個もカードの上に乗せると、それだけで高さが15cmくらいになるという。

ライフゲインといえば、魂吸収+ネクロフェイス時代フル投入には、
ワリと簡単に20000とか50000とかいったような気がするので、
ルチアーノ戦、プラシド戦から引っ張ってたワリには、ライフゲインだけというのはちょっとなぁ。

まあ、そんなもやもやがどーでもよくなるぐらい、おじいちゃんの走りが素晴らしかったので、
今週の5Dsははなまるでした。

一方、遊戯王オンライン。

エボリューションマッチの景品でスターダスト/バスターが登場したので、なんか流行ってるっぽいです。
イベント時はともかく、シングルの野デュエルであれをやられると、結構しょんぼりな感じですが、
ちょうど最近は【ウリア様のしきたり】デッキで遊んでたところだったので、
別に攻撃力3000程度のスタダ/バスターに登場されたところで、
こっちがウリア様を召喚しちゃえばフツーに処理できちゃうので、なんかスゴイかみ合わせ。

チェーンに乗らず、単純に高攻撃力のモンスターを展開できるのがステキ。
その気になればメタリフ+電卓さんでも叩けるという。
スタダ/バスターなんかより、むしろショッカーが怖いよ!

シングルデュエルでは剣闘獣もいいなぁ、と思って先日のガンスではBFだけじゃなく剣闘獣も使ったんですが、
マッチとなると、やっぱりBFがいいですね。
剣闘獣だと弾圧で簡単に首根っこをつかまれちゃうのに対して、
BFってあんまり明確な弱点が無いんですよねー、と今さらな感想。

新パックでまたBFがいくつか追加されたものの、
結局実戦レベルで投入されるのがヴァーユくらいなんですが、
このヴァーユがクセモノといえばクセモノ。
旋風が制限なので、別に旋風BF、墓地BFというカテゴライズは名称としておかしいんですが、
ダークグレファーを使った所謂墓地BFが、旋風BFよりも強いかと言うと、別にそんなこと無いよなぁ、
というのが今のところの正直な感想。

墓地コストのみで擬似シンクロできるとは言え、出てくるのが効果なしの2500とか2300なんだから、
別にそこまでヴァーユを恐れることもないかなぁ、といいたいところなんですが、
実際自分で使ってみてないので、ホントのところは謎。

べ、別にヴァーユが手に入らなくて悔しくって言ってるワケじゃないんだからねっ!

ヴァーユを入手できたら、ファンカスノーレ型のBFとかも面白そうだなぁ、とか思ったり。

あと、ついさっきまで、ヴァーユの二つ名を「大肺」だと思ってたのはナイショ。
別に肺活量が大きいわけじゃないんですね。

そして、遊戯王オフライン。というかOCG。

ようやく白タウナギが3匹揃いました。わーい。
1匹当たり300-500円とかするって、どんだけ高級魚なの!?
秋の味覚、サンマが1匹100円だとすると、単純計算で3倍から5倍の価格。

でも、ウナギの蒲焼は1パックでもっと高いことを思うと、このタウナギはちょっとお安い?
いやいや、でも間違えちゃいけないのは、タウナギっていうのは、タウナギ目の生物であり、
名前に「ウナギ」がついてるけど、ウナギ目の所謂ウナギとは全然別の生物なので、
安易に比べちゃいけないのです。(何の話?)

で、ようやくシーラカンスデッキを組もう!
という感じになってきたのですが、これがどういう形にするのがいいか、模索中。

当初、アトランティス軸でクロスソウル併用のシーラカンスの展開をなんとなく想定していたんですが、
世間様のシーラカンスの使い方は、もっとワンキルデッキっぽい挙動が多いようで。

確かに、せっかくシーラカンスで魚をわらわら呼んでも、
そのターンにラッシュを仕掛けられないのはビミョーだし、
あとアトランティスがあると、レベルが乱れてシンクロしづらいよなぁ、ということもあり、
も一度最初から検討しなおすことに。

レインボーフィッシュとかスペースマンボウあたりを絡めて、戦線復活の代償で墓地からシーラカンスを呼ぶ、
という軸もあるみたいだし、なんか色々できそうです。

ただ、肝心のシンクロ先として、トリシューラ様は恐れ多くて手に入らないので、
ラッシュ前の露払いは、代わりにミストウォームさんにがんばってもらうのは間違いないです。

一例として。
場にシーラカンスを出して、効果発動で、
シーラカンス、オイスター、白タウナギ、白タウナギ、光鱗が並ぶとすると、
まずオイスター+白タウナギでグングニールになり、オイスターがトークン残して、場は
シーラカンス、トークン、白タウナギ、光鱗、グングニール。
さらに、トークン、白タウナギ、光鱗でミストウォームにつなげると、場は
シーラカンス、ミストウォーム、グングニール。
これで、2800+2500+2500=7800、とビミョーに届かないのが、トリシュ様とミストウォームの違い。

でも、手札消費が激しいことを考えると、そうそうグングニールの効果も連発できないかもしれないので、
そういう意味では、シンクロ召喚時に相手の場から3枚バウンスできるミストも充分アリのような。

そもそも、光鱗が必要か?
という根本的な問題もありそうですが、この辺も再考の余地あり。

あとは、シーラカンスからの別の流れとして、ギガンテックファイターとアームズエイドのコンボも検討しないと。
場にシーラカンスを出して、効果発動で、
シーラカンス、オイスター、白タウナギ、フィッシュボーグ、光鱗を並べて、
まずタウナギと光鱗でギガンテックへ。
これで、シーラカンス、オイスター、フィッシュボーグ、ギガンテック。
さらに、オイスターとフィッシュボーグで、アームズエイドへ。
これで、シーラカンス、ギガンテック、アームズエイド、トークン。
で、手札を1枚切って、フィッシュボーグを蘇生して、シーラカンス、トークンと合わせて、ミストウォーム。
こうすると、場はミストウォーム、ギガンテック、アームズエイドになって、
さらに相手の場の伏せは3枚までバウンス。

墓地の戦士族モンスターの数と、彼我のライフポイント差にもよりますが、
この時点のギガンテックの攻撃力が仮にデフォルトの2800だとすると、
相手の場に、攻撃力が1800より高いモンスターが攻撃表示で立っていれば、
ギガンテックの特攻を繰り返して勝てそうな感じ。

別にミストウォームにする必要性は必ずしもないけど、
この手のコンボをやる際に相手の場に伏せカードがあると心穏やかでないので、
その露払いはしておきたい、というチキンオブハートの表れ。

あれ? 意外とトリシュ様無しでもいけそうな気が……
べ、別にトリシュ様が手に入らなくて悔しくって(以下略

まあ、あとはそもそもの問題として、シーラカンスをどうやって召喚するか、というところなんですが、
黄泉ガエルとフィッシュボーグを両方墓地に落としておけば、手札コスト1枚で2体分の生け贄は確保できるので、
通常召喚も一応なんとかはなるのかなぁ。

REVIVER MONSTRO、もとい死者蘇生でさくっと蘇生できればそれはそれでいいんですが、
あとは、戦線復活の代償を利用するか。
レインボーフィッシュだけじゃなく、ジェネクスウンディーネとコントローラーを併用して、
なんとか代償の線を確保するのもありかも。
ただ、パワーツールを使って代償を確保して、というのはちょっとやりすぎな気もするし、
そもそも装備魔法3枚以上入れるかというと、ちょっと疑問が。
団結が無制限になったので、戦線復活3+団結3とかにすれば一応は体裁は整いそうですが。

そもそも、シーラカンスで場を埋めた状態で団結1枚装備で、2800+4000=6800。
もう1枚装備すれば、さらに+4000=10800。わぁお。

なんか、結局のところ、結論がすぐには出なさそうなので、
まずはオンラインで色々試して確認してみようかと思います。

ただ、残念ながら白タウナギが未実装なので、
その辺はどう影響してくるかなぁ、という懸念はありますが。

ということで、全然まとまって無い状態で、あーでもないこーでもないと書き連ねているあたり、
なんだか色々できそうな予感だけ先行して、ワクワク感が止まりません。

オフラインの方で新しいデッキを用意するのが、実に1年振りくらいなので、このテンションなだけで、
実際に新しいカードはあんまり使ってないので、
既に世の中にデッキレシピが出回ってるのが構築の上でラクといえばラクですが、
まあ自分で納得がいくところまでは調整してみようと思います。

あと、天使族ストラクの新カード、マスター・ヒュペリオンですか。
あれは天使オンリーデッキにおける救世主ですね。

一族の結束を使った天使族オンリーのノーシンクロのデッキだと、
相手のカタストルが倒せなくって困ってたんですが、あれならアッサリ解決できそうですね。
トレードイン対応なのもありがたいことこの上ないです。
あとは、能動的に墓地調整ができるので、クリスティアのための調整もできそうですね。

代行者による召喚はかなりお手軽なんですが、その為に代行者を入れるのは、
少なくとも今の代行者に関して言えば、わざわざ入れるようなのが無いので、
ここは素直にヴァルハラとかアテナに頼ることになりそうです。
スペルビア? そんなの知りません。

あるいは、新ストラクの中に、より使いやすい代行者が入ったりするのかも、という淡い期待が。
年末には天使デッキも、地味に強化できるといいなぁ。

オンラインがだんだんとOCGに追いついてくるので、
オフラインの調整をオンラインで、ということも、今後はもっとできるようになってくるかも、
とかそんなことを思ったりしましたとさ。

2010年10月20日(水)
せいぞん!

今日の雑記タイトルは某軽音部アニメ風に。(笑

ちゃんと生きてます、という報告のために更新するという、
なんとも謎な展開に。

ということで、残念ながら今日は文字だけ更新なのです。

えーと、前回更新が10/10だったから、まずはあれか。

遊戯王オンラインのトーナメントポイントランキングの結果報告から。

〜これまでのあらすじ〜

これまで、なんとなくマメにガンスやらトライアルやらに参戦してたところ、
いざTPランキングが公表されると、
意外にも上位にランクインしていることが判明。

この調子でいけば50位以内入賞も夢じゃない、と思いきや、
ランキング公表以降、周囲のプレイヤーのTP稼ぎもその激しさを増し、
気の抜けない激しいデッドヒートが続く日々。

果たして、その結末は!?

みたいな。

で、結果としては、なんだかんだで50位以内に入賞できました、おめでとー、というオチのない話。(笑

あと、今回はチームスコアでもトレード不可のTPカード取得ボーナスもあったので、

・TP100ポイント獲得ボーナス:トレード不可1枚
・50位以内入賞ボーナス:トレード可2枚
・チームスコア2000ポイントボーナス:トレード不可1枚

と、都合4枚のカードをゲット。

カードが有料になった昨今、無料でカードをもらえるこの機会は重要重要。

まあ、チームスコアとかいうものの、
その実態は個人サークルと大差なかったりするんですが、まあそれはそれで。

世界ヒマ人ランキング、もといTPランキングにおいて、
最終週のアルティメットマッチ期間はやっぱりしんどかったので、
次回は無難に1000位以内入賞狙いでいいやー、というのが正直な感想。

で、新たなTPシーズンのスタートともに、オンラインも制限改定があり、
環境の変化があったので、そのこともちょこっと触れておこうかと。

・制限→禁止
デミス
洗脳

・準制限→制限
ネクロフェイス

・無制限→制限
イレカエル
トラゴエディア
メンタルマスター
剣闘訓練所
黒い旋風
トレードイン
ワンフォーワン

・制限→準制限
サイドラ
ダンディ

・無制限→準制限
ガイウス
カルート
ダークコーリング
弾圧
ギフト
スキドレ
欲張り

・準制限→無制限
闇の仮面
地砕き

まず見て分かるのが、デミスガイア終了のお知らせ。

デミス、トレイン、コーリング、欲張り、とデミスガイアパーツが軒並み指定されてます。
トレインはどう見てもとばっちりなんですがーがー。

あとは、BFの猛威を抑えるべく、カルート準制限、旋風制限。
でも入れ替わりでヴァーユが実装されたから、所謂旋風BFの形はとりづらくなったものの、
BFのイキオイは留まるところを知らない。

で、デミスガイアやBFから剣闘獣に流れると踏んだのか、
訓練所がまたも制限化。

ただ、私の剣闘獣の組み方あと、もともと訓練所は無くてもいいかなぁ、
という構築にしてたので、個人的にはあんまり関係なかったり。

ライトロード関連はまるっとスルーされてて、
以前のまま変わらずで、緩和もされず、規制もされず。

ライロはライロで、下手に緩和するとまたライロ一色になりかねないので、微妙なバランスが求めらてるような。

で、最近は専ら旋風BFを使ってたわけですが、
流石に旋風が制限となると、今までのような謎の超展開ができなくなって、
明らかに爆発力は落ちたなぁ、という感じだったので、
剣闘獣を引っ張り出してきて、またちょちょいとカスタマイズして使ってみたところ、
やっぱりその安定感はバツグンでした。

そんな感じで、今回の残念な白夜の女王ガンスは、剣闘獣でさらりと7連達成。
こういうときに限って、賞品カードが残念なのはどーいうことだい?
カードスリーブとかどーでもいいから!

前の環境では、旋風をメタるために苦痛を剣闘獣でも3積みしてたんですが、
もはやそんなメタも不要になり、もとの形にもどったなぁ、という印象。

ただ、周りも同じように剣闘獣使いが増えたっぽい印象はあったので、
そうなるとミラーマッチを意識して、月の書よりもエネコンを優先するか、とか、
ガイザレス分離後用にアンダルを入れておくか、とか、
そういうった微妙な調整が必要になりそうな予感。

あと、最近ようやくドゥローレンやらナチュルビーストがトレードで手に入るようになってきたので、
猫弾圧とか猫姫弾圧とか、そんな感じのデッキを組んで、
逆に剣闘獣をメタってみようか、とか思ったりしてはいるんですが、
まだ試作段階の域を出ないので、ガンスで戦うにはまだ早いかな、という感じです。

どーでもいいけど、猫姫って言うと、ひまりを思い出すよね。びーまいびー!

と、こうやって書くと、いつも通りの遊戯王な週末を過ごしていたよーにも見えるんですが、
実際はちょっと違って、来ないだの週末は朝から親の実家へお墓参り兼お見舞いみたいなことをしてました。

実家といっても、山梨県なのでそんな遠出ではないんですが、
普段あまりお出かけしない人なので、なんか久々に遠出をしたなぁ、という印象。

山梨に入ると、途中のサービスエリアで、こないだのB−1グランプリ受賞の鶏もつ煮を売ってるのを確認。
売ってるのだけ確認して買いはしませんでしたが。(笑

もつ煮は買わなかったですが、清月のロールケーキは買いました。
山梨といえばこのロールケーキでしょ!
というくらい、私の周囲では人気のお菓子なんですが、世間的にどうなのかは知りません。(笑

でもでも、最近はテレビなんかでも取り上げられたりしてるようなので、
それなりに知名度があるんじゃないかなー、とか。
九助とどっちが知名度高いのかなぁ、とか気にしちゃいけませんのだ。

チョコとかマロンとか、他にもいくつか種類があるものの、
プレーンのロールケーキはシンプルながらとにかくおいしいです。

試しに、今回はチョコを買ってみたんですが、やっぱりプレーンの方がいいかなぁ、と思う次第。

別にロールケーキ以外にもたくさんお菓子を売ってはいるんですが、
お土産にはやっぱりロールケーキが鉄板になってます。

その場で食べられるなら、シュクレもおいしいです。

山梨というか、南アルプス市周辺に行った際には、お土産に是非。

で、当初は日帰りのつもりだったんですが、
なしくずし的にそのまま一泊してすることになり、
お見舞い後は親の実家で親戚の子と遊んだりしつつ、田舎での優雅な週末を過ごしてました。

なーんて感じで過ごしつつ、オンラインでは猫姫を模索する一方、
オフラインでは相変わらずシーラカンスデッキ構築を目指して白タウナギの捕獲をがんばってます。
300-400円くらいで釣れるといいなぁ、と思いつつあと1枚狙ってます。

他にも、なぜかジェネコンとウンディーネを投入して水シンクロを強化したり、
1年振りくらいなんですが、デッキ強化月間になってたりしてます。

デュエリストパックでスターライトロードも再録されたし、
なんていうか、トーナメントを意識しない人なら、
こうやって後で再録されるのを待つのもいいかなぁ、とか。

映画はテレビ放映されてから見ればいいじゃん、というのと同じ話なんですが。(笑

そんな感じなので、今年の年末の友人とのデュエルでは、
以前よりもワンランク上のデッキになりそうな予感。

それまでにお魚デッキを作れるといいなぁ、と思いつつ。

なんか久々の更新なのに、ものすごくいつも通り過ぎて困る。

2010年10月10日(日)
にせんじゅーねんじゅーがつじゅーにち!

侵略!侵略!

本当にイカ気味な(笑)イカ娘ちゃん。

イカは基本的にあまり好きじゃないので、
イカスミスパゲティって食べたことないんですが、
なんか無性に食べたくなりました。

イカスミスパゲティのイカ抜きって注文できないかなぁ、とか思ったり。

あ、ちなみにたこ焼きもたこ抜きの方が好きです。

ただ、残念ながらお店で売ってるたこ焼きには、これでもかー、とたこが入ってしまっているので、
やむなくたこごと食べていますが、自分で作る際にはたこ抜きたこ焼きにしたりしてます。

うん、全然関係ないね。

何が忙しいって、アニメの改編シーズンと、
遊戯王オンラインのTPランキングの締め切りが重なってるってことだよ!(←挨拶?)

と、のっけからダメ人間モード全開でお送りしちゃいます。
いやはや、今回が3連休でホントよかったよかった。

ということで、本日は新番アニメの話題と、遊戯王オフラインとオンラインの話題をば、
っていつもとおんなじじゃん、というツッコミはさておき、
さくさくっと参ります。

引越ししても何一つ進歩も進化もしないけど、それが私のジャスティス!

アニメの話。

新番も旧番もひっくるめてカレンダーにしてみたら、こんな感じに。

日曜:
薄桜鬼2
パンスト
とある魔術2
STAR DRIVER

月曜:
スパロボOG
百花繚乱
荒川2

火曜:
乙女妖怪ざくろ
イカ娘
ミルキィホームズ
えむえむ

水曜:
俺の妹が
遊戯王5Ds

木曜:
神のみぞ

金曜:
それでも町は

土曜:
Fortune
ジュエルペット
バクマン
テガミバチ2

19本は多い。多すぎる。
そもそも、テレ東とTVKで時間帯が重なってるのがあるので、
ちゃんとフォローしようと思ったら、片方を録画して、
もう片方をリアルタイムで見なきゃ! というスタンスにしなきゃいけないので、
アニメ見て寝不足になるという、廃人っぷりを披露することに。
まあ、実際先週はとりあえずそうしてみたんですが。(笑

ということで、本数的にも少し削らないとなぁ、と思いつつ、
上記のうち、初回を見た感想とかをいくつか。

・薄桜鬼2
第1期を通して見てたので、引き続き視聴。
生徒会役員共も番宣してたしね!

それはさておき、これはちゃんと前期のおさらいから始まって、
最後にOPにつなげるというカッコいい演出でした。
全体的に、新コスがカッコよくてステキです。

これまで活躍の場が皆無だった主人公の千鶴も、
今期はもう少し出番増えたりするんでしょうかね。

こーゆー作品もワリと好きなのです。節操がないとか言わない。

・とある魔術2
いや、まだ未視聴なんですけどね。
個人的にはとある魔術よりもとある科学の方が断然面白かったと思ってるので、
こっちはどうかなー、と思いつつも、きっと見ちゃうんだろうなぁ、という。
本編よりもスピンオフの方が人気ってのは、魂狩とかトラハとか、そんな感じ?

・STAR DRIVER
銀河美少年!
もうこのフレーズとノリだけで充分楽しめそうです。

昨今はロボットモノは貴重なので、要チェキ。
なんとなく、登場メカのデザインが機皇帝っぽい印象。(笑

・スパロボOG
スパロボのアニメは以前もやってましたが、そんときはスルーしちゃいましたので、
今回は見てみようかと。
スパロボOGの設定資料集片手に見てましたが、
流石にこれは詰め込みすぎだあね。(笑

でもでも、OGシリーズの人気の高いメカが、お馴染みのBGMに乗って戦ってるシーンを見られるだけで満足。

・侵略!イカ娘
シンプルにカワイイ。
何も考えずに見られるのはいいんじゃなイカ?
深夜枠に放送するのがもったいない。

このくらい分かりやすいのが好きです。侵略!侵略!

・ミルキィホームズ
録画ミスった!
と思ったら、まだ放送開始されてなかった、というオチ。
今週スタートでした。

PSPのCMでしか見たことないんですがーがー。

・えむえむっ!
いろんな意味でヒドイ。(笑
放送時間帯の関係上、「ざくろ+イカ娘」と「ミルキー+えむえむ」の二者択一になりそうなんですが、
前者を選択しそうだなぁ。

・俺の妹が
録画ミスった!
と思ったら、こっちはマジでミスりました。
2話から見ます。

・神のみぞ
未視聴。何系なのかもさっぱり。

・それでも町は
多分、あの声にもきっとそのうち慣れてくるだろう、という期待をしつつ視聴できます。(笑
なんかそんなに楽しみにしなさそうで、それでいて毎回欠かさず見ちゃいそうな、そんな予感。

・Fortune
キャベツ……いや、これじゃなかった。
未視聴なんですが、この手のは最後まで見られるか不安といえば不安。
前期も結局アマガミは最後まで見られなかったしなぁ。

・ジュエルペット
録画したのを繰り返し見直して、
未来のクイーンオブポップ、ミリアの「Little☆てぃんくる☆Star」の歌詞を書き出したりしてたのはナイショ。

いくつの涙を拭いたら 願いは空に届くかな
Twincle 星よ教えて♪

とか、そんな感じで次回はいよいよ沙羅の番かと思いきや、
なぜか次回はレオン様メインだそうで。

先生、沙羅分が足りません!

・バクマン
2回連続で放送日というか、存在を忘れてました。
デスノが面白かったので、こっちも見てみよう、という安易は発想ですが、果たして。
でもNHK放送のアニメって、あんまりハズレがないよね、という安心感もあったり。

・テガミバチ2
第1期は全く見てなかったんですが、
その作品の雰囲気自体は、なんとなくですが気に入りそうだなぁ、という感じがしてたので、
今期はちゃんと見てみようかと。

2話目でニッチが披露した、空中パンツ装着の技が見られるのは、テガミバチだけ!

とまあ、こんな感じでチェックしたりしてなかったりしますが、
とりあえずイカ娘が妙に気に入りました。

みんなも見てみるでゲソ!

で、話は変わって遊戯王編。

まず、遊戯王オンラインのTPランキングネタ。

50位以内に入れるかも!?とか思ったはいいけど、
やっぱりランキングが公表された途端、周囲も意識して俄然危険域に突入。
50位のボーダーを毎日チェックしてたものの、平日でも毎日+500前後は上がってるので、
こっちもそれ以上に稼がないとあっというまに陥落するという、泥沼レースの始まり。

ポイント稼ぎ場であるアルティメットマッチが期間無制限というのが、
事態を泥沼化している原因といえば原因。

運良くCPUと遭遇すれば、ものの数分で30ポイント獲得できるのですが、
運悪く面倒なデッキと遭遇してしまうと、40分戦った挙句獲得ポイントなし、ということもあり、
なんともアタリハズレが大きいなぁ、という感じなんですが、
そうはいってもとりあえず馬車馬のごとく走り続けるしかないので、
今週いっぱいはもーちょいがんばって走ります。

昨日はめいいっぱいがんばったけど、今日はアニメ見たりラクガキしたりで、
結構伸び率が低いんだよなぁ。
更新したらもうひとがんばりしてから寝ようかな。

とか、なんていうか、もはやタダの作業になってるけど、
あとちょっとの辛抱だから、と言い聞かせつつ廃人プレイ続行中。

一方、オフラインはというと、
本日、少しずつ進めていたカード整理が、ようやく完了しました。
所持カードを全部、モンスターは属性毎に攻撃力順に、魔法、罠は五十音順にまとめ、
さらにそれらをExcelにデータ打ち込みをしたので、今後のデッキ構築のときは、
一々カードを広げなくて済みそうです。

まあ、それに伴い、今回一旦デッキを全て解体したので、
再度それらを組みなおす手間はあるんですが。(笑

一体コヤツは普段どんなカードプールでデュエルしてるんだろう、
というのが気になる方は、こちらを参照のこと。→

トレカといえども、一部を除いては基本的にコレクションというよりはデュエル目的なので、
同名カードであれば、レアリティや言語はあんまり気にしていません。

一応言語は見た目で分かるので区別しときましたが、レアリティはさっぱり。
というか、未だに遊戯王のカードのレアリティの種類を把握できてなかったり。

確か字の部分が銀色のが「レア」だったかなー、とかそんな感じ。
あと、絵の部分が白くて全然見えないのがホログラフィック。
友人に真っ白なスタダとかオネストを見せてもらった際に覚えました。(笑

スーパーレアとかウルトラレアとかの差も曖昧ですが、
アルティメットとかシークレットとか、なんかレアリティの種類が多すぎて全然把握できてないです。

もっと分かりやすいレアリティ設定にしてくれればいいのにねぇ、と思ったり。

ちなみに、所持カードの中で一番高価なのは、おそらくグングニールかと思いますが、
水シンクロでもギシルノドンの出番が多くて、あんまり場に出ることのない不憫な子になってます。

とまあ、こんな感じで、オンラインに比べると圧倒的にカードが無いんですが、
むしろオフラインはこれくらいで充分だよなぁ、と。
つーか、800枚近くも集めていたことにちょっと驚いてたり。

先日、某オンラインデュエリストのブログで、
遊戯王のオンラインとオフラインとゲーム版の、それぞれの特徴を比較してたのを読みましたが、
デッキ構築の手間、カードの整理の手間、デュエルの手軽さを考えると、
オンラインが一番だよなぁ、なんて思ったりしてますが、一般的にはどーなんでしょうかね。

カード集めが大変、というのはどれも共通なんだろうけど、
オンラインはガチで戦える環境が用意されている、というのは大きいかなぁ。
オフラインでそれをやろうとすると、大会とかに出なきゃいけないもんねぇ。

あと、ルールとかカードの処理についても、オフラインだと一々カードWikiで調べたり、
電話質問したりしなきゃいけないところ、オンラインだと一応仕様はまとまってるし。

ま、この辺は人それぞれではあると思いますが、
ただ、散々お金かけてOCGのカードを集めた人が、
またオンラインで零からのスタート、というのはありえんだろうし、この辺難しいですね。

とか、そんな話をしてたら、いい加減いい時刻になってしまったので、
今日はここら辺で切り上げようかと。

あ、そういえば、忘れたように、じゃなくて、思いだしたように拍手レスとか。

>ブロック崩しの…ふぁ、ふぅ、ふぉ、ふぇ、ふふふふふふとももー!!

他にもふともも系のメッセージがあったりなかったり。
とりあえず落ち着くんだ。(笑
今回のブロック崩しも例によってアホみたいな非お手軽さですが、今回もまた楽しんでいただければ。

>引越し記念カキコ

秘技、私信返し!

大分ご無沙汰してますなぁ。
というか、たまにとはいえ、まだチェックされていたことが驚き。

以前にも増して、勉強会などでがんばってるようで、感心してます。
こっちはこっちで、相変わらずのノリで日々を送ってるという点を、むしろ褒めて!(笑

冗談はさておき、機会があれば、また会いましょう〜。

2010年10月04日(月)
新天地にて

ということで、新天地へ引越してきたワケですが、
あまりの変化のなさにビックリですね!

最近は更新頻度も週1くらいになってきたこともあり、
この機会に、サイト運営を一区切りするのもアリかなぁ、とか思ったりもしましたが、
「止めるのは、いつだってできる。だから、続けようと思う」って、有名な旅人さんも言ってたので、
もうちょいこの惰性に任せて、お気楽に続けてみようと思います。

多分、内容もノリもクオリティも前と変わらないと思いますが、
それでも付き合ってやるぜ! という殊勝な方々は、引き続きよろしくお願い致します。

で、別段引越しそばを食べることもなく、
まだページ設定とかリンクの修正とか、やることはあったりするんですが、
取り急ぎ、ブロック崩しを作ったよ!
という、なぜにこのタイミングで言うかね、という報告を。(笑

なんか慌しい限りですが、まあ次回更新時にはもーちょい落ち着けるといいなぁ。

と、引越し後のばたばた報告でした。

2010年10月02日(土)
ヒマ人ランキング参戦中

と、とりあえず引越しはおいといて、トップ絵更新です。

氷結界のふとももさん、じゃなくて、氷結界の封魔団さん。

下書きとかしてからアップするまで実に2週間とか。どんだけー、というツッコミはなしの方向で。

和っぽい感じの中に洋の要素が入った服っていいですよね。

ぶっちゃけ服の構造は分からないんですが、分からないなりにあーでもないこーでもないと考えて、
自分としては一応の落としどころは掴んだんですが、だからなんだっていうと、別になんでもないんですが。

デュエルターミナルで登場してから、そのイラストだけに注目して、
全然カードテキストとか読んでなかったんですが、
封魔団の名のとおり、ちゃんと魔法を封じる効果があるんですね。(←今さら)

でも、結局のところ、封魔「団」の意図は分からずじまいで、
なんだったら「封魔師」みたいな感じでもよかったのになぁ、と。
実際、英語版では《Spellbreaker of the Ice Barrier》になってるし。

氷結界シリーズで、固有名称が設定されてるのは、将軍レベルの人と龍と虎さんくらいで、
一般下級兵たちに設定されてないのが残念。
なぜか番人は例外的に設定されてるようですが、是非封魔団さんとか交霊師さんとか舞姫さんとかも、
名前を設定して欲しかったなぁ、と。

結局、ふともも、以外の適切な呼称を思いつかないままで困ってるので、
なんかいい愛称があるといいなぁ、と思いつつ、まあふとももさんでいいかー、とか、
そんな不名誉な扱いを受けてるとか受けてないとか。

なんか色々ありすぎて!

あ、先に言っておくと、今日はさだまさしの日なんだからね!(←備忘録)

でも基本的に遊戯王の話がダラダラと続く予定なので、
先にそれ以外の話題を。

ジュエルペットてぃんくる。

っていきなりこれかい! というツッコミは華麗にスルーして、
アルマ編も一区切りして、改編期だけに新OP&EDになるかとちょっとだけ期待してたけど、
今までの歌の2番が使われるというどっかで見た仕様。
いや、別にいいですけどね。うん。意気投合!

レアレア界側のストーリーの方が見てて和むんですが、
そうするとミリアとか沙羅とかの出番が、という懸念もあったりで、
でも次回はミリアメインっぽいので、じゃあその次は沙羅メインになるの? ならないの?
とか、なんていうか、妙にハマってる気がするなぁ。なんだろ、これ。

天気。

ちょっと前まではやたら暑い日が続いていたと思ったら、
最近急激にめっきり秋っぽい気候になってきました。

このタイミングで、私もタオルケットじゃなくて、ちゃんと毛布をかけて寝るようになりました。
まだ季節の変わり目につきものの風邪は引いてないんですが、油断大敵なのです。

昼間はともかく、半袖じゃちょっと肌寒い感じになってるので、
なんていうか、ホントにもう秋なのですね。
っていうか、もう10月だし。そりゃそうか。

なんかこのままあっという間に冬になっちゃいそうだなぁ。

野菜と虫と。

一昔前ならワリと当たり前だったのに、このご時世だからこそなんだろうなぁ、
という意識はあるものの、そうは言うもののやはり、的な。

何かって、ピーマンの中に虫が!
というありがちな話。

昆虫博士じゃないので、中に入ってた虫がなんなのか分かりませんが、
アオムシとかイモムシみたいな、所謂キャタピラ系の虫さんが住まわれてました。

お互いに幸いだったのは、包丁で切る際に真っ二つにならなかった点。(笑

気になったので、ウェブで調べてみたら、まあそれなりにある事象っぽいですが、
流石にこういうことがあると、次回以降ピーマンを切る際にムダにドキドキしちゃいそうで、
なんだかなぁ、という話。

ただ、よくよく考えると、畑で栽培されてる植物なんだから、
キャベツだってピーマンだってなんだって、こーゆー虫さんがいるのは当然なんですよね。
むしろ、世の中に出荷されてる段階で、こーゆー虫さんがいない状態になってる方が、
どちらかというと不自然な気がするんですが、それを許さないのが今の世の中なんだろうなぁ。
「消費者は無理難題をおっしゃる」とか、生産者さんは思ってたりするんでしょうかね。

にしても、小さい頃は虫とかもそれなりに平気だったような気がするんですが、
成長するにしたがって、この辺の耐性がへたれてきてるような。

そーいえば、小学生の頃、塾へ行く途中の道で、
近所の中学校の周囲の道端に咲いていたツツジの花をもぎとって、
花の甘い蜜をちゅーちゅー吸ってたりしましたが、今じゃ考えられません。(笑

なんてリアルハニーサック。エアハミングバードもびっくり。

ああ、遊戯王以外の話を、とか思ってたのに、うっかり遊戯王ネタに触れてしまったので、
なし崩し的に遊戯王話へ移行。

まずはオフラインの話か。

1年振りくらいに、ネット通販とかヤフオクとかを駆使して、OCGのカードを買ったりしました。

ねんがんの《REVIVER MONSTRO》をてにいれたぞ!

とか書いてもビミョーに分かりにくいんですが、死者蘇生のポルトガル語版を買いました。(笑
またすぐ禁止になっちゃうかもしれないけどね、まあいいんです。

遊戯王はオンラインから始めた身なので、死者蘇生の絵柄は、
アンクがモチーフになっている日本語版のものよりも、この海外版の方がしっくりくるんですよね。

あと、今後のために、手持ちのカードの整理とかもしたりしてました。

まだそれほど数が多くないので、言うほど大変じゃなかったんですが、
モンスターは属性毎に攻撃力順に並べて、魔法、罠は名称順に並べて、
ということをやって、さらに所有カード一覧をExcelにまとめて、みたいなことをしてました。

デッキに組み込んでる分は未整理なんですが、それでも500枚超くらいを整理するのに、
結構時間かかった印象が。

多分フツーのOCGプレイヤーなら2000枚とか5000枚くらいのカードを持ってそうなので、
そうなるとこういう整理をしようという気にすらならないよなぁ、と思ったり。

オンラインの方は、ワリと早い段階からExcelデータまとめをしてたので、
今でも継続してできてますが、現状で17000枚に近い枚数になってるので、
流石にこれを一からまとめ直そうとは思えません。っていうかムリ。
でも、いつか整理というか棚卸をしたいなぁ、とか思ったりしてます。
所有カードデータをcsvかなんかで吐けるようにしてくれたりしませんか。そうですか。

オフラインでは、最近シーラカンス軸の魚デッキを組んでみたいなぁ、とか思ったりしたんですが、
キーカードの《竜宮の白タウナギ》が高級魚でちょっと困ってます。

一瞬、即決価格で一枚100円でヤフオクに登場したんですが、あっという間に消えちゃいました。あうあう。

いつかひょっこりまた現れないかなー、と気長に待つ様はまさに魚釣り。

一方オンラインはというと。

先日のガンスはなんだかんだで7連を4回して、まあ現環境でも戦っていけるかな、
的な感触を掴んだみたいな感じでした。

ただ、使ったのがメタBFの方じゃなくてフツーの旋風BFの方をメインに回してたのが、ちょっとなぁ、と言う感じ。
というのは、なんか対戦相手に初心者さん系がやや多目だった感もあったので、
ヘンにデッキを歪めない旋風BFの方が事故が少なくてよくね?
という感じでさくさくぶんぶん回してたら、ワリとあっさり7連できちゃいましたー、みたいな。

でもこれは流石にどーなのよ、ということで、試しに現環境に合わせた剣闘獣も使ってみたところ、
今度は妙にデミスガイア系に遭遇し、セクトル→ヘラクレイノスの流れが決まりおいしく7連頂戴しました、みたいな。

なんていうか、対戦相手が妙に噛み合ったので、お手軽7連の印象が強いです。

ただ、YO3になってから、どういうワケか7連カードの価値がパックカードよりも低いという、
ワケの分からん状態になっているので、7連しても以前ほどの旨味が無いのも事実。
実用性のある7連賞品のダークエンドでさえ、パックカードで簡単に取引されちゃうからなぁ。

ということで、ナチュルビーストとかドゥローレンを未入手のまま、DT04が登場しちゃいましたとさ。
魔轟神はちゃんと組むとそれなりに分回りそうなデッキなので、今後のためにちゃんと集めとこうかな、
と思いつつも、パック出初めの所為か、グリムロさんがお高いようです。

元々オリジナルのグリムロさんのイラストをちゃんと見たことがなかったんですが、
今回画像を確認した時の第一印象は、グリムロさんってアイドルカードじゃないじゃん!
というワケの分からないツッコミ。
もす。さんのグリムロさんの印象しかなかったので、激しく勘違いしてました。
アイドルだなんだとか議論する前に、むしろちょっと恐そうな感じですよ!

あと、長らく公式発表がなかったTPこと、トーナメントポイントランキングについても、公式告知が。
以前は1デュエル10円だったので、TPランキングというよりは、散財ランキングだった感じですが、
今はデュエル自体は無料になってるので、どちらかというとヒマ人ランキング。(笑

で、早速見てみたら、結構上位に名前が載ってて我ながら笑いました。
今まではギリギリ1000位に入れるように遊んでた感じだったんですが。

TPランクが50位以内だとカード2枚もらえるので、
あと2週間、もう少しがんばってみようかと思ったり。

で、これを見越したかのように、アルテマことアルティメットマッチのイベントも並行して開催。
賞品カードのラインナップがこれでもかーっていうくらいヒドイので、(笑
なんていうか、TP稼ぎの為だけのイベントのような。

にしても、こーゆーテキトーなカードですら一枚100円というのはいかがなものか。
10種類全部買ったら1000円とかありえん、ありえん。

そう考えると、タダでカードがもらえるのって、もうTPランキングの景品くらいしかないのか。

YO3になってカードの値段がアホみたいな設定になって、
ガンスリングとかですら、7連した結果、カードを買う権利をもらえるだけになってしまったので、
TPランキングももしや、と思って、記載内容を確認しましたが、
とりあえず、好きなカードを「もらえる」みたいです。
好きなカード1枚と交換する権利がもらえます、的な表現じゃなくてよかったよかった。

ということで、無事トップ絵も更新したので、
トーナメントポイント稼ぎに勤しもうかというところなんですが、
サイトの引越しとかもそうだし、他にももーちょいやりたいことが残ってるので、
TP稼ぎマシーン化するのはもうちょい先になりそうです。

今年の秋の夜長も平和に過ごせそうです。

戻る

inserted by FC2 system