雑記
2010 / 12
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010年12月28日(火)
今年も一年間ありがとうございました

今年最後はオリジナルで

今年一年間、どうもありがとうございました。

おかげさまで、今年もつつがなく、無事に年を越すことができそうです。

こうやって、相も変わらずのほほんと好きなことをして過ごせるのはとてもありがたいことで、
きっと自分の力だけじゃなく、いろんな人の協力の賜物なんだろうなぁ、と思うので、
年の瀬は、こういう普段はそんなに意識しないことを、改めて振り返って思いをめぐらせてみたりします。

基本的に気の向くままにお絵かきしてるだけで、
そこまでインタラクティブな何かがあるワケでもないのですが、
それでもやっぱり見に来てくれる人や感想とかを送ってくれる人がいることで、
ああ、これでまたがんばれるなー、という風に見えない部分でパワーをもらってたりします。

最近のスタンスからすると、こうやって今年も一年続けられたこと自体が、
そういうパワーの恩恵の結果、みたいな気がするので、
間違いなく感謝のしどころなんだと思います。

それをうまく還元できているかっていうと、あんまり自信はないのですが、
また来年も今まで通り、平穏無事に続けられるといいなぁ、と考えてるので、
引き続き、来年もよろしくお願いします。

そんな感じで、今日はいつもよりちょっとだけ落ち着いて、
謝辞とかご挨拶をしてみました。

多分、これが今年最後の更新のタイミングになると思うので、
今年一年を振り返ってどうこう、とか、来年へ向けての意気込みとか、
そんな話をするかと思いきや、めっちゃフツーに日々の雑記やらなにやらで、
いつも通りの雑記にするつもり満々だったりします。

仮に振り返っても、

遊戯王80%:アニメ15%:その他5%

くらいなまとめになるに決まってるし。(笑

ということで、年末進行でもなんでもない、ただの雑記が、今年ラストの雑記なんですが、
まあこのくらいのクオリティの方が、それらしいというかなんというか。

では、さっそくスタート。

土曜日とか日曜日とか。

クリスマス関連のイベントはイヴに行うのが正しいのか、
クリスマス当日にするのが正しいのか、その辺の話はさておいて、
物理的にも値段的にも普段よりもちょっと高いところで、お肉を食べました。

企画当初はケーキ食べ放題的な流れになるハズだったような気がしなくもないのですが、
なんかお肉に化けちゃいました。いや、全然いいんですけどね。お肉好きだし。

あと、「クリスマスケーキは24日を過ぎると投売りされる」というのが都市伝説なのか、
実際にそうなのか、見極められていなかったのですが、
25日の夜には確かに投売りされてるのを確認できました。

寒空の下でお店のおっちゃんがケーキを売ってたのですが、
「3000円……いや、2000円でいいや! いかがですか!?」
みたいな感じで、リアルタイムで投げ売られる瞬間を目撃。

ちなみに、それよりもワンランク下の、投売り価格が1000円になってたケーキを買いました。
ケーキむまーい。って感じで、世間様よりワンテンポ遅れて満喫。

ケーキって、妙に人を幸せにするパワーの込められた食べ物だと思うんだ、うん。

でもその後の食生活は、かなりジャンキーなもので、落差が激しいというかなんというか。

適当におやつを食べたり、マグダーナル屋さんのビッグマックだったり、
そもそも、ちゃんと食事を摂ってなかったり。
もっとそもそも的には、ちゃんと寝てなかったり。

バイオハザードがいけないんだ、そうに決まってる。
18時間近くぶっつづけで遊ぶゲームじゃないと思うんだけど、
それをやってのけるあたり、なんていうか、もうね。

にしても、やっぱり三次元はしんどいです。2D万歳。
普段慣れないことをするもんじゃないね、という話。

そーいえば、日曜の夜にAngel Beatsと閃光のナイトレイドの最終回をやってたので、
両方とも既に以前視聴したものの、もっぺん改めてしっかり見ちゃいました。

web拍手で「マジ天使」のメッセージを送ってくれた方がいたので、ちょっとだけタイムリー。
いや、AB本編でそんなフレーズは一切なかったですけどね。(笑

あと、往年の名作「Noir」の第一話を久しぶりに視聴したり。
10年近く経つのに、未だに結構覚えてて、
ああ、やっぱり昔ハマったアニメって記憶にかなり残ってるもんだなぁ、と妙なところで感心したり。

霧香のテーマ、canta per meはやっぱり名曲。
サントラで繰り返し聞いていたおかげで、未だに歌詞を大体口ずさめるレベル。
勿論、和訳はできませんが。(笑

あと、別にこっちは好きでもなんでもないんですが、
未だにオジャパメンの歌詞を口ずさめるので、同レベルといえば同レベル。
あれ、なんか違うか?

小さい頃の記憶力って、脳の深いところに刻み込まれてるのかなんなのか分かりませんが、
記憶容量の不要な領域であるのは間違いないです。

ああ、オジャパメンといえば、レベルEがもうすぐアニメ放映ですね。
ということは、一概に不要と決め付けられないのか。うーむ。

でもまあ、流石にアニメではオジャパメンのくだりはないんだろうなぁ。残念。

……いかん。話が飛びすぎてるですね。今年ラストの雑記だというのに。

ああ、そういえば、この週末で、Magic: The Gatheringの基本ルールを教えてもらいました。
おそらくカードゲームといえば、真っ先にマジックをイメージする人が多いんじゃないか、
というくらいメジャーなカードゲームだと思いますが、その遊び方を全く知らないまま、
遊戯王カードゲームに先に触れてしまったクチなので、ホントに今さらながら、
こーゆーものなのかー、と基礎の基礎を勉強しました。

遊戯王的な観点からすると、あれ? こーゆーもんなのか?
という印象を受ける点もちらほらあったんですが、まあマジックの方が本家なので、
遊戯王の方が異端というか異質なんだろーなー、と。

クリーチャーの効果が遊戯王風に言えばスペルスピードが2相当なので、
みんな誘発即時効果持ちみたいな感じだし、
自分のターンでも相手のインスタントが手札から飛んでくるので、
相手のアンタップ状態の土地が存在している状況だと、自分のターンでも全然展開が読めないあたり、
緊張感というか安心感というか、その感覚が随分違いました。

遊戯王の場合、一部の手札誘発即時効果はともかく、
場の伏せカードさえなければ、自分のターンは比較的計算尽くで進められるんですが、

あと、スタックの概念が、遊戯王のチェーン処理と似たようなものではあるものの、
逆順処理の最中にさらにチェーンを上積みできる点にも、若干戸惑ったり。

遊戯王の場合、新たなチェーンを組むことはあっても、
逆順処理中に新たに上積みされることはないので、
やっぱりカードゲームのルールって似たようなものであっても、色々と複雑だなぁ、と。

またまた話は飛んじゃいますが、カードゲーム繋がりの話題として、
ガンダムクロニクルバトラインが、もうすぐサービス終了だそうですね。

もう1年半以上チェックもしてなかったのですが、
サービス終了のメール案内が来てたので、おお、そうなのか、と。

2008年の冬にサービス開始で、2009年、2010年と2年間まるっと期間があり、2011年春に終了、と。

私自身は、無料でテキトーに遊べればいいかなぁ、という感覚で2009年の春先くらいまで遊んでいたんですが、
特別褒章カードが無料で自宅送付されるサービスが終わるタイミングで、早々に撤退しちゃいました。
当初、無料でカード郵送サービスって、どんだけ大盤振る舞いなんだろう、とか思ったりしたもんです。

この手のカードゲームって、単純に遊んでみる分には面白いし、やってみようと思うこともしばしばあるのですが、
果たしてそれがどんだけ広く長くプレイされるのか、という点が気になって仕方ありません。

キャラもののカードゲームの場合、
プレイ人口も少ないまま、おそらくあっという間に廃れてしまうのが目に見えているので、
なかなか遊ぼうという気にはなれない一方で、
制作側は多少なりとも売れれば採算が取れると思ってるのかどうか知りませんが、
やたら乱立させてくるので、手当たり次第に遊んでみようとすると、ヒドイめにあうんですよね。

ガンダムという一大ジャンルのゲームですら、ものの2年で終了しちゃうことを思うと、
この手のゲームでしっかり遊ぶのは、なかなか難しいのかもなぁ。

そういう意味では、遊戯王OCGはものすごーく息の長いカードゲームになってるし、
遊戯王ONLINEももう5年以上継続運営されているので、その点は評価してもいいのかも。

このカードゲームというかオンラインゲームに触れたおかげで、
Code128のバーコード画像から、文字列に復号する技術を身につけたのが最大の収穫。

で、もう話の関連とかはどっかにいっちゃったので、さらに散文を続けると、
今月末というか今年末、友人らとデュエルする機会が発生しました。

今日はそのためのデッキの準備をしてシミュレートをしてたら、結構いい時間が経っちゃいました。
とりあえず、水シンクロ、シーラカンス、デュアル、ライダー帝、天使族の5つを用意。
あと、残ったカードで寄せ集めコダロスさんデッキを組めればいいかなぁ、くらいに考えてます。

天使族デッキは、以前はクリスティアとヴァルハラに頼った形だったのですが、
今月のヒュペリオンの登場により、カタストルが恐くなくなったのがすごく大きいなぁ、と。
ヒュペリオンさんマジ天使。(←これはこれで正しい使い方だと思う)

あと、水シンクロにはアクセントとしてドラゴンアイスを忍ばせているのですが、
このマイナーカードの扱いに困ってます。

ありがちなシーンとしては、相手がモンスターを特殊召喚した際に、
特殊召喚時の優先権を行使して起動効果を発動する場合、
自分のドラゴンアイスの効果を発動できるのか、という基本的な部分が調整中だったりしてます。

遊戯王カードWikiには、

Q:このカードの効果は、相手の特殊召喚したモンスターの優先権による起動効果を阻害できますか?
A:墓地に存在する場合のみ、相手がモンスターの起動効果を発動する前にこのカードの効果を発動することができます。
 その場合、相手は特殊召喚したタイミングでモンスターの起動効果を発動することができません。
 このカードが手札にのみ存在する場合は調整中(10/10/17)

って記載がありましたが、昨日の電話確認時点では、墓地に存在する場合も調整中になってました。
ドラゴンアイス不遇すぎる。

あとは、自分の手札にドラゴンアイスが2枚存在する状態で、
相手のモンスターの特殊召喚に対して、手札のドラゴンアイスの効果の発動を宣言し、
コストとしてどちらか1枚を墓地に送った際に、
その効果に対して、相手がDDクロウで墓地のドラゴンアイスを除外したケースで、
実は効果を発動したドラゴンアイスは手札に残ってるドラゴンアイスの効果なのでしたー、と言って、
手札からドラゴンアイスを特殊召喚しちゃうぞ、というようなケースを防ぐ目的で、
ドラゴンアイスの効果発動時には、コストとして送ったドラゴンアイスの効果なのか、
それとも手札に潜んでるかもしれないドラゴンアイスの効果なのか、ということをプレイヤーに確認することは可能なのか、
あるいは、確認された場合答える義務はあるのか、とか、その辺もよく分かりません。

こう考えると、昔のドル・ドラの理屈と同様に、制限カードに設定した方がいいんじゃないか、とか思ったり。
よし、次回の制限改定では、六武の門、強欲謙虚と並んで、ドラゴンアイスも制限対象になると予想しちゃおう。(笑

つーか、この辺の誘発効果と優先権の兼ね合いって、ホントルールが整備されてないなぁ、という印象があります。
つい先日まで、クレボンスに攻撃する際に、攻撃側が攻撃宣言時に優先権行使でサイクロンを発動した場合の、
クレボンスの効果発動の可否が調整中だったし。

とりあえずクレボンスの場合、攻撃側の優先権行使のクイックエフェクトよりも先んじて効果発動の有無を決定する裁定なので、
そうなると、バトルフェーダーの場合も同様に、攻撃側の優先権行使のクイックエフェクト前に、
効果発動の有無を確認しなきゃいけないのか、と思うと、
クレボンスの場合は場にあるから明らかだとして、バトルフェーダーの場合、
ダイレクトアタック時に相手が手札を持っている場合は、毎回確認しなきゃいけなくなる謎の確認行為が発生するなぁ、とか。

あ、あとギガンテックファイターとアームズエイドの特攻ワンキルは、
基本的にNGの裁定で落ち着いたようですね。

ゴーズやトラゴ、バトルフェーダーにもDDクロウにも阻害されずに突撃できる優秀お手軽コンボだと思ってたんですが、
世の中そんなに甘くない、と。
まあギガンテック2体あれば文句なく突撃可能ではありますが、これだとお手軽さが段違いですね。

最近だと、ジャッジワンキルなる誰得なデッキもあったりなかったりするので、
こういう細かいところも、明確にしておいて欲しいなぁ、とは思うのですが、
それよりなにより、カードを作った後にルールを決めるな、という真っ当な意見を聞き入れるべきだと思うんですがーがー。

どーでもいいですが、ジャッジワンキルと聞いて真っ先に思い浮かんだのは、裁きの龍の方でもなくて、
ジャッジマンの棍棒の一撃で大ダメージを与えるワンキルデッキだと思ったのはナイショ。

そして、話は元に戻って、年始の予定。
1月入ったら、2日も3日も4日も外出しそうなので、とりあえずトップ絵はしばらくこのままになりそうです。
クリスマスも終わって新年を迎えても、まだまだサンタさんが出迎えそうですが、ご了承下さい。

お正月には親の実家に帰省する予定もあるので、
親戚のお子様にルービックキューブのリベンジをする機会もあるのかなぁ、とかそんなことも考えたり。

とまあ、こんな感じで何も捻らずにいつも通り雑記を書いたら、いつも通りのノリのまま、
今年最終回の更新となっちゃいました。

こんな感じにもかかわらず、
今年一年お付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。

また来年も、同じようなノリで進めていけたらいいなぁ、と思いつつ、
今年最後の挨拶とさせていただきます。

それでは皆様、良いお年を。

2010年12月24日(金)
めりーくりすます!

時季ネタとしてはお約束といえばお約束ですが、トップ絵更新です。

直前がイカ娘だったので、夏から冬へ一足飛び。
冬といいつつも、めちゃくちゃ寒そうな格好してるよね、というのはつっこまないであげてください。
仕様です、仕様。(何の?)

おそらく、今年最後のカラー絵になるので、
最後はやっぱり霊使いでいこうかな、ということでエリアとウィンちゅんの風水コンビで。

ウィンちゅんは季節でいうとなんとなく冬っぽいイメージなので白羽の矢が、
一方のエリアさんはオールシーズンOKなステキさんなので、とりあえず召喚しときました。

霊使いを複数画面内に入れようとしたとき、
とりあえず片方をエリアにしておくと、とりあえず安心するくらい、鉄板さん。不思議。

もう今年も終わりそうだし、たまには、絵の話とか。

今回のトップ絵は、当初はもっとアオリのつもりでイメージしてたのですが、
結局のところいつもの立ち絵とそんなに変わらない感じになってしまいました、
という、多分出力結果からは伝わらないであろう内部事情があったりなかったり。

おかげで、意味もなくというか、ややムリヤリな感じで、ぱんつはいてる!とかよく分からない状況に。
そのくせ、エリアさんの服を必要以上にずり下がり気味にしようという、
アホなギミックを追加した所為で、エリアさんがややアウト気味。

主線入れしてベース着色するあたりまで、自分の中で違和感が旅に出てたみたいで、
塗る段階になって、ようやくあうあうって感じで修復をしようと試みましたが、
制限時間とかの関係でそのまま突っ切ることに。

そーいえば、今回もスキャンしてから線画に起こすまで、7、8時間くらいかかっちゃいました。
これはもう、一種のおまじないというか儀式というか、願掛けみたいな感じの作業で、
間違いなく時間対効果が見合ってない作業っぽいです。

でもまあ、これをやると線がデジタルっぽくなるというか、しゃんとする気がするので、
ここぞっていう時にはとりあえず主線入れをしてます。
今回はここぞっていう時だったんですね。

その結果、こんな感じの線画ができるのですわ、という紹介というか、よいこのぬりえというか。

クリックすると原寸大の半分のサイズに

実際のデジタル作業は、この2倍の解像度でやってるので、
その辺も結構無駄といえば無駄なのかも。

でもこのあたりはもうクセになっちゃってるというか、
何も考えないととりあえずこのくらいのサイズで作業しちゃってます。
別に抱き枕を作るワケじゃないのにねぇ。

360dpiでプリントする際にA4にちょうどおさまるのくらいの解像度で、
みたいな感覚で作業し始めたのがきっかけだったような気がしますが、だいたいそんな感じになってるっぽいです。

1inch≒2.54cmで、A4の短辺が21cm≒8.26inchだから、
これを360dpiで出すとすると、だいたい3000pixelくらいの計算になるので、まあそんな感じかも。
といいつつ、我が家のプリンタが360dpiである、というワケでもないので、あんまり意味ないなぁ、この計算。(笑

多分、昔どこかのサイトで目にした、モノクロ絵なら180dpi、カラー絵なら360dpiくらいを目安に、
みたいな記述を、なんか間違って解釈してそのままになってる可能性もあります。

まあ、どーでもいいんですが。

で、ともかく、PCで主線入れが終わったら、ベース着色に。
主線入れをカッチリやっておくと、ベース着色の際に塗りつぶしがお手軽にできる、
という利点はあるものの、どう考えてもベース着色のお手軽さよりも、主線入れそのものに時間がかかってるので、
やっぱりおまじない以上の作業ではなさげ。

その後、塗り作業に入るんですが、その前におまじないその2のフェーズが。

似非影指定その1
似非影指定その2

「影指定」工程風味の何か。(笑

ホントは色鉛筆とかでやるのがスジなんでしょうけど、
途中で修正できないとアレなので、フツーにシャーペンで。

本来、影「指定」っていうくらいだから、他人に塗ってもらう際に、
塗りのイメージを指定するための作業であって、
私の場合は別に塗り作業を分業してるワケでもなんでもないので、
これも無駄といえば無駄なんだろーなー、と思いつつも、なぜかほぼ毎回やってます。

多分、一番最初にCGにとっつき始めたキッカケがよろしくなかったに違いない。(笑

あと、大体はこの指定に沿って塗り作業をするものの、
往々にして指定を無視して塗ったりすることもあるので、
もし事業仕分けでもしようものなら、多分この作業は廃止に仕分けられちゃいそうです。

とまあ、こんな感じでアナログ下書き→デジタル主線入れ→アナログ影指定→デジタル塗り、
とスキャナとプリンタを往復する感じで、作業してます。

今回に関して言えば、さっきデジタル主線入れに7、8時間、といいましたが、
デジタル塗り部分は12、13時間くらいかかってそうです。

……まあ、遅いこと。

やっぱり時間対効果はイマイチな気がしてますが、多分これはツールの問題とかじゃなくて、
単純に作業手番の問題なんだろうなぁ。

でも仮にペンタブレットがあっても、きっとあんまり変わらないんだろーなー、と思ってるので、
昔は欲しいものリストにペンタブレットがありましたが、
今はあんまり欲しいなぁ、とも思わなくなっちゃいました。

むしろ地上波デジタル対応テレビとかの方が欲しいです。(笑

なんていうか、絵の話というよりも、作業手順の話みたいになっちゃいました。

一昔前は、というとどんだけ昔かよく分かりませんが、
2DCGをやってみよう、と思った頃は、
先人たちの「デジタルお絵かき講座」的なサイトを巡ったり、知り合いに方法を聞いたりしたものですが、
最近はその手の書籍もやたらと出回ってるし、情報には事欠かなさそうですね。

最近はその手の書籍を買ってみようとは思いませんが、
図書館にあったら読んでみたいなぁ、とは思います。

ただ、別にわざわざ図書館に行かなくても、
最近はこの手の講座のサイトもたくさんあるワケだし、
たまには初心に帰って勉強しなおしてみるのも面白いかも、と思ったりしたので、
またアレコレ模索してみようかと。

多分、手グセとか塗りグセみたいなものは、あんまり抜けないとは思いますが、
とりあえず手順を真似てみるくらいでも、やってみたいところです。

というか、自分の中でそういう興味がまだ残ってたんだ、というところに驚いてます。(笑

いやー、いい時代になったもんですなぁ、とかそんな感じで締めてみたり。

と思ったら、これ雑記の前半部だったのか。

いつになく長々と書いてたら、すっかり勘違いしちゃったい。

なんか、明日明後日とかお出かけしそうだし、年末年始もいたりいなかったりしそうなので、
もしかすると来年明けてしばらくするまでトップ絵このままかもなぁ、とかそんなことを思ったり。

というか、前半部をダラダラと書いてたら日付変更線を越えちゃったので、
早く寝ないとサンタさんが来てくれないかもしれないし、
今日はさくっとおしまいにしちゃいましょう。

多分、年内にまだ更新するチャンスはありそうなので、
年の瀬の挨拶はまた今度に。

んでは。

2010年12月21日(火)
ずっと冬休みのターン!

ラフ描き終了
このあと清書してスキャンの予定

年末用のトップ絵の準備中。

一応下書きが終わったので、なんとか間に合うかなー。

冬休みになったので、なんか色々やってるようで、実はあんまり大したことはやってなかったり!

でも雑記に書くくらいのネタはありそうなので、先週末のことからつれづれなるままに。

土曜日。

年末よろしく、旧友たちと忘年会!
夜に渋谷に集合ということになったので、その前にコナセンにでも行こうかと思ったりもしましたが、
その前にシーラカンスデッキに足りないパーツを集めようかなぁ、ということで、
渋谷のカード屋さんに行ってみることに。

集合時刻よりちょっと早めに渋谷へ向かい、
南口だか東口だかを出てすぐのビルのところに行ってみたんですが、
お目当てのものがなかったので、ちょっと残念。

ただ、店内で「会長はメイド様」を放送してて、
カードは買わずじまいだったものの、なんか見入っちゃいました。
ともすると原作コミックスを買っちゃいそうな微妙なところですが、ギリギリまだ買ってません。

ところで、渋谷の駅前では政治の演説やらなにやらをやってて、
相変わらずものすごーい人でした。
イベント会場でもないのにこの人だかりってのはスゴイなぁ、と、
こーゆー風景を目にするたび思うのでした。

ホントにこの人たちは目的もって歩いているのかなー、とか、
渋谷を都会に見せるために無目的に歩き回ったりしてるのでは、とか思った時期もありましたさ。
などと、無目的に人生を生きているわたくしめが考えるのは不届き千万!

話は戻って、忘年会はというと、だいたいが半年ぶりくらいに会う面子ではありましたが、
相変わらずというか、なんというか。
いや、不変不動を地で行ってるのは主に自分なんですけどね。

なんていうか、昔の自分の過ごし方を振り返ってみると、
社交性みたいな要素が、皆無というほどではないにしろ、一般人に比べると随分低かったなぁ、とは思うのですが、
それでもこうやって過ごすことができている環境っていうのは、
結構恵まれてたんだろーなー、とか考えたり。

一歩間違えれば、というと今の道が間違ってないみたいな感じになっちゃうので、ちょっと言い方が難しいのですが、
もう一歩間違えてたら、きっとものすごーいぐるぐるうずまき地獄みたいな状況になっちゃってたんじゃなかろうか、
と思うと、一般的にはアウトだとしても、
ギリギリのところでなんとかやっていけてる環境というのは、とても幸せなことなんだろーなー、とか。

うーん。よく分からない文になってますが、
まあ端的に表現すると、仲間や友達は大切に、みたいな感じなんですかねぇ。

日曜日。

普段よりもちょっと早起きして、幕張へ。
昨年に引き続き、ジャンフェスに行ってきましたです。

普段ジャンプ系の雑誌も買ってなければ、ジャンプコミックスすら最近はご無沙汰のクセに、
二年連続でお祭りに行くとか、一体なんなの? みたいな感じですが、
友人に誘われればホイホイ行っちゃうあたり、ヒマ人あなどりがたし、という。

多分去年も同じ感想を書いたような気がしますが、
あの京葉線における乗客のオーラとして、舞浜以前と舞浜以降で、なんであんなに違うんだろう、と。(笑

ネズミーランド目当ての人とジャンフェス目当ての人って、リア充属性と非リア充属性の違いがあるよね、
とかいうと方々から教育的指導を受けそうなので、言葉を選ぶと、
舞浜以降はメガネ率が高くなる、みたいな。(笑

まあ、個人的にはワザワザこーゆービッグサイトとか幕張メッセとかのイベントに足を運ぶ人って、
それはそれでリアルが充実してるんじゃないか、とは思うので、安易に非リア充とも言えないですよね。

ゲームショウに比べると、ジャンフェスの客層はもうちょい幅が広がってて、
とかいう感想は、なんか去年も書いたような気がするので、特に目的もお目当ても無い人が、
ジャンフェスに行って何してたかというと、
てきとーにブースを見て回って、てきとーにゲームの試遊をして、てきとーに物販を漁ったりすると、
あら不思議、あっという間に夕方になってるという。

去年はコナミブースで遊戯王のフリーデュエルで遊んだりしましたが、今年はデュエルはおあずけ。
おかげで真六武衆の洗礼は受けずに済みました。(笑

一応コナミブースもなんどか回って、プロモパックもいくつかもらいました。
今回のプロモパックは、以前のスノーマンイーターのように欲しくて仕方ない、という感じのがなかったので、
せいぜいSinスタダと、カイエン、アスモディウスのトークンあたりが貰えれば嬉しいなー、くらいに考えてましたが、
家に戻ってから開けてみると、Sinスタダとカイエンは入手できたので、これはこれで満足。

あと、《深海の怒り》も入ってましたが、
シーラカンスに突っ込む余地はあんまりなさそうだなー、ということで採用は見送り。
むしろ、コダロス軸のデッキにおいて、グリズリーマザーから呼ぶアクセントとしては面白いかもなぁ、
とかそんな感じに考えてます。

遊戯王オンラインの試遊もやってみたんですが、
満足先生こと、CPU鬼柳とか、カーリーなんだから! とかと対戦できました。
でも満足先生を選択してもメイン画面の顔グラフィックが遊戯のままという不具合で、
なんつーか、もっとちゃんと仕事しなさいよ、的な。

現行のオンラインでは入手できないカードを数種類使えたので、
まあこれはこれで面白かったです。
最近ようやくアブソルートZeroが使えるようになりましたが、
その他のHERO+属性タイプのHEROや、フラッシュ、平行世界あたりのギミックは、やっぱり面白いです。

遊戯王以外の試遊で「お、これは!」と思ったのが、るろ剣こと、るろうに剣心の格ゲー。
デモムービーが流れていたのを見て、足を止めて見入っちゃいました。
弥彦が完全にカツオくんにしか聞こえない、というのはナイショ。(笑

こうやって、結構時間が経ってから、改めて昔の作品がフォーカスされるというのは、
なんかいいなぁ、と思う今日この頃。
ゲーム自体はそこまで特筆するような感じではなかったものの、
十本刀とかはともかく、刃衛とかまでカバーしてるのはエライなぁ、と。

しかしまあ、格ゲーに限った話じゃないですが、
数年前から、とりあえず3D化してみました、みたいな風潮が無駄にあるんじゃないかと思ってて、
なんでこれを3D化するんだYO!とツッコミたくなるゲームも多々あって、
今回のるろ剣の格ゲーもそのひとつ。

システムが2D格闘なんだから、ヘンに3Dにこだわらずに作ればよかったのになぁ、と。
一昔前に比べると、2Dっぽさを残した3Dのモデリングのクオリティが上がってるとは思いますが、
そもそも3Dにする必要性があるのか? というところが気になります。
みんながみんな3Dが好きなワケじゃないんだよ? と思ってるのですが、果たして。

2D格闘のシステムとしては、CAPCOM vs系とかギルティギアシリーズあたりで、
もう飽和しているとは思いますが、それでもキャラゲーであれば、
システムさえしっかり整えれば、ジョジョの格ゲーみたいに、単なる格ゲー以上のものも出来るハズ、
と思っているので、どうせ力を入れるなら、そっちの方にウェイトを置いて欲しいなぁ、と。

ということで、スクライドの格ゲーを作る際には、是非ご一考を。(笑

格ゲーに限らず、RPGだって、
FFみたいなハイクオリティの3Dムービーがバシバシあるようなものでなくたって、
ユーザーとしては全然構わないんですが、その辺どーなんでしょうかねぇ。

FFも6まではチップキャラとかドット絵とか、思いっきり2D2Dしてたけど、
別にそれで何か不満があるかっていうと、別に全然そんなことはなくって、
仮に今のご時世にあーゆー昔っぽいゲームが出ても、個人的には全然問題なしというか。
なんていうか、ムービーがキレイとか、スゴイ技術を使ってるとか、
そーゆーあたりのベクトルと、ゲームとしての面白さのベクトルって、
ちょっと別のところにあるような気がしてます。

最近空の軌跡を遊んでるから、というワケではありませんが、
個人的にはやっぱり2Dが好きだなー、と。

といいつつスクエニのブースで新作ゲームの3Dムービーを見ると、
おお、すげー、と思ってしまったり。(笑

いや、見て楽しむものと遊んで楽しむものはやっぱり別なんですよ。うんうん。

月曜日。

……あんまり記憶が無い。気付いたら過ぎていたような。

遊戯王オンラインして、アブソル目指してひたすらデュエルしたり、
空の奇跡SCをプレイしたり、ラクガキをしたり、アニメをみたりしてたら一日が終わってた、とか、
多分そんな感じだったような。うわぁ、ハイクオリティ。

火曜日。つーか、今日。

マグダーナル屋さんに行ってビッグマックを買ってきました。200円期間だと、つい買いに行っちゃいます。
んで、それとは別に、以前ちょこっと雑記にも書いた、
合法的無銭飲食の罰ゲームライクな一人忘年会プレイを実戦してきました。(笑

いや、単に一人で居酒屋さんに行って、フツーに料理を注文して、
クーポン券で精算して帰る、というそれだけなんですけどね。

しかしまあ、あれです。4000円分のクーポン券を使うために、
一人で4000円分のメニューを頼むのは、結構しんどかったです。

基本的にお酒を飲まないので、居酒屋だというのに初手にオレンジジュースを頼むヘンなお客さん。
その後、おにぎりとかピザとかから揚げとかステーキとかお茶漬けとか、
とにかく目に付いたものをあれもこれも、と注文して、なんとか目標達成。

最後の方はお腹いっぱいになってたので、ホントに罰ゲームっぽくなってました。
明日の朝ごはん昼ごはんはパスしてもいいかも。そんな感じでとりあえず満腹にはなりました。

今回は4000円クーポンのお店に行ったのでこんな有様になった一方で、
もう一軒、2000円クーポンのお店も別にいこうかなぁ、と当初は考えていたのですが、
今回の感覚からすると、2000円じゃちょっと物足りない感じのメニューしか頼めなさそうなので、
わざわざ行くほどでもないかなー、という結論に。
おそらく、大衆居酒屋なら3000円くらいが妥当なんだろーなー、と。

まあ、何はともあれ、一人忘年会を無料で開催するイベントは無事終了しました。

アニメの話。っていうかイカ娘の話。

イカ娘が終わっちゃいました。来週から何を目的に生きていけばいいのか分かりません。
というとちょっと大袈裟ですが、それでもかーなり残念ではあります。
仕方ないので、「まだまだ 侵略!イカ娘」みたいなタイトルで2期シリーズが始まるのを待つばかり。

遊戯王オンラインの話。

なんとかアニバで星300個集めて、アブソル3積みできるようになりました。
で、さっそくZeroグングを組んでみて遊んだりしてました。
あとは、D-HERO軸と絡めたタイプとかも使ってみたいなぁ、と思ってるので、これもそのうち。
しかし、全体的に運営がテキトーになってる気がしないでもないというか、なんというか。
やっぱり課金体系に問題ありすぎなんだろーなー。

せっかくのイベントもまるで形骸化というか、
ガチなデュエルに楽しみを見出したいのに、そういう環境を作れていないのが大問題。

対戦型TCGなんだから、カード集めが最終目的じゃなくて、
カードを集めてデュエルに勝つ、というプロセスを基軸とするべきなのに、
もうすっかり逆転しちゃってる感が否めません。

ガンス7連景品も敢えて実用性の低いものを配置するから、なんていうか、
7連に価値が見出せないというか、ありがたみがないというか。
がんばって勝とう、という感覚の伴わないデュエルは、イマイチ面白くないです。

あと、YO2まではデュエルしていれば自然とパックのカードは集まったので、
あとはいくつかのキーカードをトレードして集めれば、一通りのデッキが楽しめるような感じだったのに、
今じゃちょっと毛色の異なるデッキを組もうと思っても、カードを揃えるのが一苦労という。
おかげで、テンプレート的なデッキを使う人も自然と多くなり、環境がマンネリ化するという悪循環。
カードが実装されてから結構経つのに、未だにフレムベルとか魔轟神とか、
そういうキーカードが手に入りにくいテーマデッキに遭遇するケースが滅多にないのは、どうかと思います。

ただ、一度動き出しちゃったら、もう戻れないんだろうなぁ。

空の軌跡の話。

FCのクリアデータ継承があるから、と安易な気持ちでHARDモードでSCをスタートしたものの、
序章のラストの敵が倒せなくて、やむなくNORMALで再スタートするというヘタレっぷりを披露する、
というどーにもこーにもなつまずきがあったものの、再スタート後はサクサクプレイしております。
あと、今度はちゃんと携帯食料も購入して、レシピを覚えながらプレイしてます。

にしても、FCでは改装中だったルーアンのカジノで、
まさか以前勉強したブラックジャックのストラテジーが役に立つとは思いませんでした。
まあ、あのカジノには、完全目押しオンリーで全くスベらないスロットがあるので、
メダル稼ぎはスロット一本でことは済むのですが。

ともかく、FCに引き続き、SCもじゅんちょーに遊べてます。おかげで時間がいくらあっても足りない!

と、こんなことを書き連ねていたら、俺の妹も最終回を迎えてしまったようなので、
今日のところはこの辺で。

2010年12月16日(木)
どうしよう! ×8

似ねぇ!

とりあえずイキオイに任せてクローゼを描こうと思ったけど、全然似ないよ! どうしよう!

あと一日で、待望のすーぱー冬休みたいむだよ!
わくわくして落ち着かないよ! どうしよう!

イカ娘が来週最終回!とか言ってたんだけど、
これから毎週何を楽しみに生きていけばいいのか分からないよ! どうしよう!

遊戯王のアニメも、今の5Dsが終わって、
今度からZEXALとかいうデュエマみたいな感じになっちゃうよ! どうしよう!

遊戯王オンラインもアニバーサリートライアルが始まって、
景品が前からずーっと実装希望してたアブソルートZeroで超欲しいんだけど、どうしよう!

ちょうど今日が空の軌跡のthe Best版の発売日っぽいけど、
私も今日空の軌跡SCを友人から借りちゃったよ!
説明書まで読んだところで一旦手を休めて、クローゼを殴り書き、じゃなくてラクガキして、
今こうやって更新してるけど、早くプレイしたくてしょうがないよ! どうしよう!

クリスマスとかお正月が近いから、そろそろトップ絵の準備とかしたいんだけど、
大掃除も年賀状の準備も遊戯王オンラインもオフラインも空の軌跡もたまってるアニメ鑑賞も、
いろいろやりたいことが多すぎて一体全体なにから手をつければいいのか分からないよ! どうしよう!

今日の雑記は最初っから最後までずーっとおかしなテンションだったよ! どうしよう!

でもとりあえず空の軌跡が一番気になるから、まずはPSPの電源を入れることにしよう! そうしよう!

2010年12月14日(火)
現世に戻ってきました

久しぶりの更新ですが、今日は雑記絵無しです。

今朝方、ようやく英雄伝説 空の軌跡FCをクリアしました。

First Chapterというだけあって、物語は全然完結していないんですが、
このエンディングはものすごい秀逸でした。

なんていうか、プロローグの時点で、なんかしらあるんだろうなぁ、
という含みをずーっと引っ張って、最後の最後でこう来たか! みたいな。

2章後半からエステルの乙女力がぐいぐい上昇して、
最後にようやくMAXになったか、というところで、この展開で、
且つ畳み掛けるようにエンディングアニメーションが切ないこと切ないこと。

エンディングアニメーションから察するに、
随所随所にEVCGを挿入するようなゲームにすることもできたとは思いますが、
敢えてそれをしなかったあたり、なんていうか、まあ、ギャルゲーじゃないし、
正統派RPGと呼ぶにふさわしいカッコよさです。

シナリオや演出もさることながら、ゲームそのもののバランスとして、
とても遊びやすかったなぁ、という印象を受けました。

RPGとはいえ、うだうだとレベル上げをする必要もなく、
そもそも戦闘自体も面倒臭いという感じじゃなかったので、
そのアタリが遊びやすさを醸し出していたのかも。

クォーツとアーツのシステムもそこまで複雑じゃなく、ワンポイントとしていい感じで特徴になっていたかな、と。
ただ、全体のプレイを通して、回復系アーツは重要でしたが、
攻撃系、補助系アーツのお世話にあんまりならなかったので、
オーブメント固有のスロットのラインは、思ったほど重要じゃなかったなぁ、という感想も。

説明書を読んだ時点では、ライン1本で構成されているオーブメントの方が、完全上位の設定ってどうなんだろ、
と思ってたんですが、むしろ個体のクラフトやステータスの方が重要でした。
最終パーティにジンさんを入れてたし。アーツなくても強い強い。

褒めてばっかもアレなので、遊んでてちょっと微妙だったなぁ、と思った点としては、
作中の通貨であるミラの使い道があんまりなかったなぁ、ということがあります。

何かって言うと、お金が余って仕方ない、というか、お金の使い道が無いので自然と溜まっていく、
という、RPGにしては珍しい仕様でした。

余る原因として、お店で売ってる武器防具を揃えようとすると確かに金欠になるんですが、
その武具を購入しなくても、そのちょっと先のダンジョンの宝箱にそれらの武具よりちょっと強い装備が眠ってる、
ということに途中で気づいた為、基本的にお金払ってまで買う必要ないじゃん、
というびんぼーしょープレイをしていたからではあるんですが。

逆に、序盤はオーブメントのスロット開放のためのセピスが足りず、
中盤から後半は、クォーツ合成のためのセピスが下手すると足りなくなるなぁ、
というシーンが多かったので、セピス→ミラの換金ではなく、むしろ逆の方がありがたかったかも、と思ったり。

あと、これは自分のプレイの仕方による問題ではあるんですが、
喫茶店や居酒屋の大皿料理のレシピだけじゃなく、
お店で売ってる携帯食料も、使用することでちゃんとレシピ登録されるんだってことに、
最後の方まで気付きませんでした。

それまでずーっと回復アイテムを使っておらず、
ロランス戦で初めてアゼリア・ロゼを使用したら、レシピを覚えた! とか表示されたときには焦った焦った。
市販の携帯食料もちゃんとレシピがあるのか! とか。何を今さらな。
確かに、魔獣の○○系の素材アイテムで、使途不明なのがたくさんあったけど、そういうことだったのね、と。
おかげでレシピ手帳の携帯食料がほとんど埋まらないまま終わっちゃったのが心残りといえば心残り。

まあ、そんなこともありつつも、とにかく不眠不休で、というといいすぎですが、
寸暇を惜しんで遊んでいたのは事実。
総プレイ時間が50hちょっとになりましたが、飽きることなく遊べたのはとてもよかったです。
ダンジョンの構造をメモ用紙に描きながらプレイしてる時は、ああ、RPGしてるなぁ、と思ったり。(笑

基本的にファーストプレイでは攻略サイトや攻略情報を見ないで遊ぶ、というスタイルを旨としているので、
今日になってようやくWikiとかネットで情報を集めてみようかな、と思ったところ、
なんか、明後日にはthe Best版が発売されるという、なんともタイムリーな話題が。

我ながら、昔のゲームの話題をしてるよなー、とか思っていたんですが、
実はめちゃくちゃタイムリーだったワケですね。意味もなく感動。
つーか、この機会に買っちゃってもいいくらいだなぁ、これ。

友人がこの情報を知ってて私に貸してくれたのか定かではないんですが、
布教戦術としてはこれ以上ないくらい効果的だなぁ。うんうん。

と、今月入ってからほぼ毎日のように遊んでた空の軌跡ですが、とりあえずこれで一段落。

今週末から個人的な冬休みタイムに突入するわけですが、
もしこれで続編を買ったりしようものなら、12月はゲーム三昧になること請け合いなので、それがちょっと怖いですが、
まあモンハン買った人ってきっと今頃そんな感じなんだろーなー、とか思うと、
それはそれでいいかも、とか思ったり。

いやー、実に楽しかったです。
こういう名作に会えて、ホントよかったなぁ、と思った、そんな冬の日でした。

2010年12月04日(土)
土曜の夜はアニメで忙しい

「空の軌跡」より エステル・ブライト嬢

「あんですって〜!!」

↑この台詞回しがものっそい気に入りました。

空の軌跡より、新米遊撃士のエステル嬢。

今週の水曜日に、友人がとにかくオススメ、と言って半ばプレイを強要するかのように、
「英雄伝説 空の軌跡FC」(PSP)を貸してくれたので、さっそくプレイすることに。

日本ファルコムの名前とゲームのタイトルは聞き及んでいたし、
なんとなく名作っぽい印象を持っていたんですが、実際にプレイしてみると、
まだ途中までしか進んでいないのですが、それでも王道っぽいRPGな感じがして、
確かに面白いですなぁ、というなかなかの良作の雰囲気がしてます。

手抜きしてない感が伝わってくるというか、
細かいところまで大事にして作ったんだろーなーみたいな印象を受けるんですよね。

あと、空の軌跡って、イースのイメージがあるからなのか、
もっとずっと昔から続いてるシリーズかと思ったら、
案外そーでもなくて、「空の軌跡」自体はものの数年前のものなんですね。

グローランサーが10年以上昔のものだから、そう考えるとワリと新しいのか。
なぜか往年の名作っぽい印象になってたなぁ。

グローランサーはギャルゲーの要素をRPGに求めつつも、
世界観自体は結構硬派で王道な感じがありましたが、
空の軌跡は主人公が女の子であるものの、
万人に受け入れられる王道を行く王道のRPGで、
それでいてキャラクタもカッコいいしカワイイし、
うーん、今のところ、文句の付け所がありません。

にしても、こういう元気印の女の子が主人公のRPGっていうのも、新鮮でいいですね。

本編中でも指摘されてましたが、可愛いけど色気がないという、
そういうデザインは秀逸だと思います。

外見的なデザインだけじゃなく、キャラクタの性格とかも含めて、
こういう主人公は、ものすごい魅力的。

とまあ、そんなワケで、久しぶりにどっぷりゲームにハマってしまった、ここ数日なのでした。

遊戯王オンラインのイベントがある時はデュエルをして、
イベントが開催してない時間は空の軌跡をやって、
そしたら私は一体いつ寝ればいいの!?

という感じの生活になりそうで、っていうか半分くらいそんな感じで過ごしちゃってます。あうあう。

ただ、よく分からないですが先日のメンテ以降、妙にゲームが重くなった感じがしてて、
なーんかイベント時のマッチングもサクサク進まないんですよね。

追加された新パックSOVRもビミョー極まりないので、
なんかそこまでガッツリ遊んでやるぞー、という気にならないのは、
多分空の軌跡の所為だけじゃない気がします。

ユーザイベントという謎の仕組みを追加した意図がよく分かりませんが、
まあこのおかげで、ブラパラ3積みとかネクロス3積みのデッキも作れるようになるってことですかね。

個人的には、初期のニュートの暴落祭りを経験してるし、
そもそもYO3からはカード課金になった所為で、以前のレートもへったくれもなくなってると思ってるので、
まあこんなこともあるよね、くらいにしか感じなくなってしまいました。

それにしても、こんな面倒な仕組みでのカードを集めに誘導せずに、
もっとシンプルに過去の入手困難なカードを、昔のマイレージよろしく、
適当な価格でシングル売りすればいいのに、と思うのは私だけではないはず。

むしろ、アンティデュエルの仕組みとかを作ってくれた方が個人的には面白いと思うんですがーがー。

それはともかく、パックの実装ペースがそこそこいい感じになってきている所為もあり、
結構OCGに追いついてきたよなぁ、という印象を受けてはいるんですが、
SOVRってもうリリースしてから1年以上経つのかぁ。
と、遊戯王のパックのリリースを見て「なんか時が経つのが早いなぁ」という感想を抱くのは、どーなんでしょうね。

そうそう。

遊戯王といえば、なんか友人からのお誘いで、今度のジャンフェスに行くことになりそうな話が、今日まとまりました。
去年も行ったし、特にお目当てがあるワケでもないので、
毎年行くようなイベントでもなかろうに、という感じもするのですが、
冬休み突入の挨拶代わりにちょうどいい日程なこともあり、幕張さんへ足を伸ばしてみることになりそうです。

せっかくだから、今年もまたデッキを組んで持参してみようかな。
今だとやっぱりシーラカンスとかデュアルとかを組むのが手っ取り早いんですが、
来週末に天使ストラクが出て、純天使デッキのテストも兼ねて組んでみるのもいいかも、とか思ったりする一方で、
自分の天使デッキに含まれるカードのうち、ハングル率が半分近くあるので、
こーゆー野デュエルには不向きなんだよなぁ、という感じが否めません。
英語ならまだしも、ハングルだともう数字の部分しか解読できないです。
なんてヒエラティックテキスト。神のカードもびっくりです。

とか書いてたら、テガミバチの時間になったので、雑記もこの辺で切り上げようとしたら、
なんかサッカーしてるんですけど。

確認してみたら、今日は15分くらい遅れてスタートする模様。
ああ、薄桜鬼とビミョーに重なるなぁ。

まあ、そんなワケで15分エクステンドを獲得したので、
もーちょいだけダラダラと続けてみたり。

昨日の金曜日、珍しく新幹線に乗って、日本海側へお出かけすることになったんですが、
その帰路の最中もずーっと空の軌跡をしていたので、
多分時期的にモンハンをプレイしているように映っていたんだろうなぁ、と思ったり。

個人的にはどうもモンハンは好きになれない感じなんですよねー。
プレイしているところを見せてもらったり、実際にプレイさせてもらったこともあるんですが、
どーも自分のツボとは違うというか。

まあ、ゲームにしてもアニメにしても、
自分のツボポイントが他人様とちょっとズレてるのは認識してるし、これはこれで。

なんか早速ゆかりんも飽きてるみたいだし!(笑

今年ももうちょっとでおしまいなので、そろそろ年末年始の準備をしないとなぁ。
と思いつつ、リクエストしていただいたのも描いてみよーかなー、とか考えたり。

あと、いい加減Web拍手の絵を更新したいところなので、
まとめて冬休みの宿題にしよーかなー、とか思ってます。よし。がんばろー、おー。

あ、テガミバチはじまたですよ!

戻る

inserted by FC2 system