雑記
2011 / 09
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011年09月27日(火)
この秋は何も心配いらないんじゃなイカ?

よいこのぬりえ 〜みんなでハイビーストを塗ってみよう!〜

トップ絵塗ってます。

今週末くらいには更新できるといいなぁ、と思いつつ作業中。

ということで、今日は副産物の線画とか。

ぽーんがるはすごくディフォルメしにくかったのに対して、
といぷがるの方はこれ以上手の加えようがなくて、これはこれで扱いにくいとかなんとか。

イカちゃんに久しぶりに会ったけど、以前と変わらないクオリティで大満足です。(←挨拶)

あと、夏目友人帳も最終回かと思ったら、年内にまた続編とか、やっぱり人気シリーズは扱いがスゴイですね。
第4シリーズでもまた子狐を出してくれるといいなぁ。

とまあ、そんな感じでアニメ改編シーズンを楽しみつつ、
今日も今日とてヴァンガードの話とか。

まずは恒例の週末ショップ大会レポート。

今回も36人くらいでの、ダブルエリミネーション形式で。
こちらの使用デッキは安定と信頼のバロミセイバー。

1戦目。vs.かげろう
ジャンケン負けて後手スタート。
相手はG3でブロケードさんにライド。なんか久しぶり。
久しぶりだけど、やっぱりその効果は地味に刺さるというかなんというか。
バロミセイバーの場合、G3比率がそこまで高くないので、
アカネを前列にコールして、スペリオルわんこーるをしたあとでインターセプトして、みたいな流れを目論んでます。
それを阻害されてしまって、どうしようかな、という展開になるかと思いきや、
なぜか相手は前列Rにいるアカネやブラブレをアタックしてきたので、
インターセプトできないにも関わらず、ワリと無駄なくユニットを展開できました。
全体的に手札が減らず、最後はドライブチェック時にクリティカルとヒールが重なって発動して勝利。
自分ではあまり使う気にならないけど、使われると結構面倒臭いブロケードさん。

2戦目。vs.かげろう
ジャンケン負けて後手スタート。
相手はG3でオーバーロードにライド。
バーサークとキンナラで後列ブースターを除去されつつも、毎回ギリギリでブースター補充する展開。
ただ、こっちが3ライン完全に揃えることができず、21000ライン2本のみで戦う期間が長かったこともあり、
相手の手札を削りきれず、Vソルセバの21000アタックをバリィで防がれ、
ドライブチェックで発動したクリティカルを隣のバロミデスの21000に乗っけても、20000でガード、
というように、キレイに捌かれてしまいました。
途中、相手のVオバロの暴走を使われたらこっちの戦線が瓦解する、というドキドキのタイミングがあったのですが、
バーサークドラゴンにCBを消費して、結局暴走されず、というシーンもありました。
手札が5枚くらいあっても、Vオーバーロードの暴走を防ぎにくいシーンというのは実際ありうるので、
逆にこっちがオーバーロードを運用する際は、場合によっては積極的に狙っていくのもアリだなぁ、
なんてなことを考えつつ、キレイに敗北。
こちらは事故もせず、引きも別段悪くは無かったですが、相手が試合巧者だったというのもまた事実。

3戦目。vs.オラクル
ジャンケン負けて後手スタート。
相手は一拍子スタートで、効果でライドせず、その後手札からもノーマルライドせずで、そのままターンエンド。
それを見てこっちはここぞとばかりに全力展開。
G1ガラハッドのスペリオルライド成功後、手札からG1ガラハッドとマロンを展開。
とりあえず3回殴ったんですが、3回目のダメージチェックでヒールがめくれて実質2回分の仕事。
相手も事故ってはいるのですが、こっちもこの時点で手札がG2ガラハッド3枚でG3は無し、というちょっとドキドキ状態。
次のターン、相手はドローで三日月ツクヨミを引いたらしく、効果ではなくノーマルライドでツクヨミへ。
それとは対照的に、こっちは既に手札に3枚いるにもかかわらず、
効果により4枚目のG2ガラハッドへのスペリオルライド成功。インチキ臭い。
前列の7000ブースターを下げ、手札のG2ガラハッドを全力展開し、16000ラインを3本成立させ、これで相手を4点まで追い詰める。
この時のドライブチェックでバロミデスさんを確保して一安心。
とまあ、こんな感じだったので、そのまま勝つには勝ったんですが、
途中、こっちのヒドイプレイングミスにより、
正しくプレイすればそのターン中に勝てるシーンを逃してしまう場面がありました。
具体的には、相手が4点の状態で、VRRの順に攻撃を仕掛け、
Vの攻撃時にクリティカルトリガーが乗っかり、未行動の隣のRに全てを付与し、Vの攻撃は不発、
というシーンのあと、相手の手札が1枚で5000のインターセプト要員が1人残ってる状態で、
クリティカルの付与されていない方のRで、まずインターセプト要員を消してから、
クリティカルの付与されている方のRで相手のVに攻撃すれば、防ぎきれず2点通って勝利だったんですが、
あまり考えずにクリティカルの付与されている方のRから攻撃してしまい、
手札と場を合わせて15000ガードで回避され、という展開にしちゃいました。

勝った負けたに関わらず、こういうのは猛省するべき。
こーゆーことをしていながら勝っちゃうのは、ある意味理不尽。

4戦目。vs.ロイパラ
ジャンケン勝って先手スタート。
相手はどらんがるから探求へ、探求から試練へといずれもスペリオルライド成功。
こっちはいずれもノーマルライド。アド差が2枚分。
それでも、相手はG2からG3へのライドを失敗し、1ターン遅れてG3へライド。
相手がG3にライドした返しのターン、こっちの攻撃でクリティカルトリガーが2枚発動し、
未行動の両脇のRにそれぞれ割り振ったら、相手は防御しきれず終了、
というなんともなトリガーによる勝利でした。
あんまりがんばってないというか、トリガーが強かっただけというか。

5戦目。vs.グランブルー
グランブルーとか久しぶりだなぁ、と思いつつファイト。
相手はルインシェイドとバスカークの22000の布陣。
左右のラインも15000は確保しており、10000Vに対しては十分な展開。
若干相手のトリガーが偏ってた、という感じが無くも無いですが、
全体的に手札が足りなくなって、気付いたら負けてました。
グランブルーに負けるロイパラとかどーなのよ、とか思いましたが、
この方は今回の優勝者になったので、まあそーゆー日もあるよね、なんて都合よく考えたり。
グランブルーで優勝とかホントスゴイです。すぺしゃる。

所感。
全試合通じて、今回もこっちのライド事故は無し。さすがロイパラ。
そろそろ優勝してもいいんじゃないかなー、なんて思いつつ参加してるワリに、
今回は3勝2敗と地味に勝ち越す程度の能力。
これで累計24勝14敗。

ところで、頭一つ抜きん出てるはずのロイパラというかバロミセイバーを使って、
こんなものなのか、という内なるツッコミに対して、
ホントに頭一つ抜きん出てるのか確認するために、
「バロミセイバー vs. CEオーバーロード 10番勝負」というのを一人で開催して確認したりしました。
……ヒマ人とか言わない。

それぞれのデッキ内容のおさらいとして、まずバロミセイバーから。

【バロミセイバー】

・G3 (6)
ソウルセイバー・ドラゴン    2
爆炎の剣士 バロミデス       4

・G2 (11)
ブラスター・ブレード        4
試練の騎士 ガラハッド       4
ハイドッグブリーダー アカネ 3

・G1 (16)
小さな賢者 マロン           3
探求の騎士 ガラハッド       4
ぽーんがる                  3
閃光の盾 イゾルデ           3
といぷがる                  3

・G0 (17)
どらんがる                  1:FV
未来の騎士 リュー           4C
幸運の運び手 エポナ         4C
アラバスター・オウル        4C
世界樹の巫女 エレイン       4H

対するCEオーバーロードはこんな感じ。

【CEオーバーロード】

・G3(8)
ドラゴニック・オーバーロード    4
CEO アマテラス                  4

・G2(11)
ドラゴンナイト ネハーレン       3
ハイスピード・ブラッキー        2
ワイバーンストライク テージャス 3
バトルシスター もか             3

・G1(14)
鎧の化身 バー                   4
ドラゴンモンク ゴジョー         4
アイアンテイル・ドラゴン        3
希望の火 エルモ                 3

・G0(17)
リザードソルジャー コンロー     1:FV
槍の化身 ター                   4C
リザードソルジャー ガンルー     4S
リザードランナー ナフド         4S
ドラゴンモンク ゲンジョウ       4H

どっちのデッキも使い慣れており、それなりに愛着もあるのですが、
とりあえず先手後手を交互に入れ替えて、10戦してみました。
その結果。

1戦目。先手:CEオバロ
バロミセイバーの勝ち。

2戦目。先手:バロミセイバー
CEオバロの勝ち。

3戦目。先手:CEオバロ
CEオバロがライド事故しつつも、なぜかCEオバロの勝ち。

4戦目。先手:バロミセイバー
ヒール+クリティカルが同時に発動しバロミセイバーの勝ち。

5戦目。先手:CEオバロ
CEオバロ側が3点受けてる状態で、
バロミセイバー側の攻撃が2枚クリティカルがめくれてエミちゃん的に勝利。

6戦目。先手:バロミセイバー
バロミセイバー側のドライブチェックが今度はバロミデス2枚。
そうでなくても怪しい展開ではあったけど、ともかくCEオバロの勝ち。

7戦目。先手:CEオバロ
CEオバロのG1ライド失敗が二度続き、これは流石にバロミセイバーの勝ち。

8戦目。先手:バロミセイバー
CEオバロ側のドライブチェックでヒール+覚醒が重なってCEオバロの勝ち。

9戦目。先手:CEオバロ
CEオバロはVにオーバーロードが居座る形になったものの、CEオバロの勝ち。

10戦目。先手:バロミセイバー
早い段階で21000ラインが3本揃って、バロミセイバーの勝ち。

ということで、5勝5敗という、まるで狙ったかのような結果になりました。

思った以上にCEオーバーロードが強いのか、あるいは思った以上にバロミセイバーが強くないのか、
その辺よく分かりませんが、なんかこの結果なら、
別に大会の際にもう一度CEオーバーロードで挑んでも悪くないなぁ、なんて思ったりしました。

CEオーバーロードは、他の混クランデッキと同じく、スーパーガードを入れにくい構成なので、
高打点でガンガン攻めてくるデッキには弱いのですが、
アマテラスのVラインはかなり安定して21000を叩き出せるし、
オーバーロードの暴走時に上手く覚醒を絡ませて相手を殲滅させるコンボが成立すれば、
きっとそのまま押し込めそうな気がするくらい優勢になるので、
決して弱いデッキじゃないとは思ってましたが、まだまだバリバリでいけそうな雰囲気。

あと、使っててバロミセイバーよりも面白いのも大事なポイント。

さて、次回はどうしようかなぁ。

なんてなことを考えつつも、とりあえずその前にちゃんとトップ絵を更新しようね、ということで、
今日の雑記はこの辺で。

ああ、今日で神様ドォルズが最終回なのか……

2011年09月23日(金)
光陰矢の如し

アカネちゃんはアニメでも大活躍

最近CEオーバーロードをあんまり使ってない気もするし、
そろそろトップ絵を変えねば、ということで、
最近アニメでも自分のデッキでも大活躍中の、
ハイドッグブリーダーのアカネちゃんにご登場いただきました。

先日のアニメでのアイチくんは、アカネをコールして、CB2でぽーんがるをスペリオルコール、
更にぽーんがるのCB1でソウルセイバーを手札に、という鉄板プレイを披露してましたが、
私は後列ブースター確保のためにといぷがるを呼ぶことも多いです。

勿論、相手のヴァンガードのパワーが10000なら、ぽーんがるで十分なので、
そういうシーンではやっぱりぽーんがるを優先しますが、
かげろう、ノヴァグラ、最近だとG3ツクヨミも見かけるので、
21000ライン確保の為に後列ブースターとして8000が必要なことが多いです。

カードゲーム的な観点から、CB2効果のデザインをおさらいしてみると、
ブラブレやバーサークドラゴンのように、登場時に相手のリアガードを1枚退却させる効果や、
メイデンオブライブラやキララのように、ヒット時に1ドローする効果があるので、
要するに、CB2がカード1枚分のアドバンテージに相当すると考えられますが、
アカネのCB2も登場時にデッキから1枚サーチしてるので、これに該当します。

1枚分のアドとはいえ、単なる1ドローではなく、
任意のロイパラのハイビーストを持ってこれるのは、やっぱり強力なのだなぁ、
と改めて思いなおしたりする今日この頃。

ヒット時に1ドローする効果の場合、相手に阻害されることもしばしばなのですが、
アカネは登場時に使えるという、あって無いような発動条件だし、
手札に加えるのではなく、場に直接コールすることになるとはいえ、
それが特に問題になるようなシーンも少ないと思うので、
CB2としては優遇されてる効果っぽいです。

あとは、G3ツクヨミの効果も優遇されてるというか、単純に強いですよね。
見た目は確かに1枚分のアドバンテージではあるものの、
手札の純度が上がる上にソウルも1枚補充できるのは、ちょっとやりすぎ感が。
CB3でもよくないですかねー、とか言ってみたり。

なんかG3ツクヨミを見ちゃうと、
頑張ってヒットさせて1枚ドローしてるライブラさんが健気に見えてきますね。(笑

大分ご無沙汰しておりました。

基本的にパソコンができる環境にいたんですが、
なんか更新するタイミングを逃してたようで、
あれよあれよという間に10日以上経っちゃってました。

ちょうどアニメの改編シーズンだもんで、
最終回を迎えるのも結構あったりするんですが、
なんというか、今期は結構アタリ作品が多かった気がします。

今日は、普段あんまり言及してなかった作品について、
ちょこっと感想とか書いてみたり。

・うさぎドロップ
大吉とりんちゃん、コウキとコウキママの4人が幸せ家族過ぎてなんかね、もうね。
この作品のヒロインってコウキママでいいんだよね?

原作も完結したようなので、これは機会があれば原作の方も読んでみたいと思います。
りんちゃんやコウキのちょっと大人っぽくなった姿を見られるだけでも十分買う価値はあるとみた。

・異国迷路のクロワーゼ
特別「ここが凄かった!」というような感じではなかったんですが、
とにかく湯音がいい子で、全体を通して穏やかな雰囲気で良かったです。
ヘンにドキドキせずにゆったりまったり見られる良作でした。

・シュタインズゲート
1クール目のノリと2クール目のノリのギャップは、さすがというかなんというか。
ともかく、バッドエンドじゃなくて良かったです。
鳳凰院凶真はきっと30になろうが40になろうが、おじいちゃんになってもきっとあのノリに違いない。

それはさておき、友人がChaos TCGのカードを、別にプレイするわけでもなく、
純粋にカードを見て楽しむ用に購入した中に、シュタゲも含まれてたのですが、
その中に《未来からの復讐者「天王寺 綯」》のカードがあって、
なんていうか、これはこれで壮絶なネタバレなのでは、と思ったものの、
アニメ版では見事にスルーされてて、微妙な肩透かしを食らったとか食らわなかったとか。

・神様ドォルズ
……1クールで終わっちゃうの!?
不完全燃焼なんだろ、そうなんだろ……(←言いたかっただけ)

こっちはこっちで原作を読んでみたいです。
案山子の起動音にしろ、詩緒の中途半端な呻き声(?)にしろ、
こーゆーのはアニメならではだし、やっぱり続編に期待したいところです。

個人的に、小さい頃の阿幾と匡平の物語をもっと見たかったです。

あと、すごくどーでもいいけど、勾司朗とフルバウって似てるよね!

・青の祓魔師
2クールで終わらせちゃうのは勿体無い。
もっと長く放送してくれれば、こーゆーアニメ展開?にせずに済んだのに、
とか、原作知らないけどそんな感想。

そして、しえみやまろまゆがカワイイのは周知の事実だけど、
朴ちゃんもフツーに可愛かったよね、というのが(主にお誕生会の回の)感想。

・逆境無頼カイジ
ドラゴンボールZで、悟空がナメック星に行くまでの演出を彷彿とさせるくらい、沼編が長かったです。
駆け引きがあるにしたって、結局パチンコなので、なんかあんまりグッと来なかったです。
ギャンブルの代表格とはいえ、やっぱり対人戦要素のあるゲームの方が、盛り上がって面白そうです。
そういう意味では、地下チンチロの方が面白かったなぁ。

なんて感じであれもこれも書きはじめるとキリがなさそうなので、とりあえず今日はこのくらいで。
一方、新番組はまだ全然確認すらしてないですけど、イカ娘の2期がすぐ始まるっぽいので、
神様ドォルズ分の代わりにイカちゃん分を補給することで、この秋を乗り切れそうです。侵略!侵略!

ところで、ざっくり更新期間が空いちゃいましたが、
先週末から今日までのあらすじ。

・17日(土)
朝の3時半とかそのくらいの時刻に目が覚める。
この日に限らず、ここしばらく、夜中に目が覚めては、
牛乳を飲んでまた寝る→1時間後に再起動して牛乳→繰り返し
みたいな感じになっちゃってました。
ただ、この日は土曜日ということもあり、せっかく起きたんだし、俺屍の続きでもするかー、
ってことで、夜中にもそもそ起き出してプレステ2起動。
そのまま遊ぶこと数時間、ヴァンガードが始まったのでそのまま視聴して、
急に睡魔に襲われ、謎のタイミングで二度寝。

その後、いつも通りカードショップへ行って、ヴァンガードの大会に参加するも、
すさまじいまでの眠気ともにゃもにゃ感もあいまって、
ヒドイプレイングのおかげでこの日は1勝2敗であっさり敗退。
シールド計算を間違えるとか、ちょっと酷かったです。

で、帰宅後は帰宅後でまたも俺屍を再開。
そして、この日に無事どっぷりモードをクリア。

全神様解放とか、全アイテムゲットとかそーゆーマニアックなプレイはしませんでしたが、
とりあえず真名姫ちゃんは褐色カワイイのでちゃんと解放してあげました。

最終的には夕子を祖母、昼子を母に持つお子様がメインとなって戦いましたが、
卑弥呼、壱与姫の巻物をゲットしないままだったので、
円子と春菜と大寒露でなんとかがんばりました。

ラスボスよりも、ラス前の朱点童子戦の方が戦闘難度も厳しくて、音楽もカッコいいし、
しもべの攻撃時の朱点童子の足の開き具合がセクシーだし、
総合的に見ると、ラスボス戦が消化試合っぽくなっちゃうのがこのゲームのちょっとだけ残念なところ。

なんてな感じで、とにもかくにも、PSPリメイク版を前に、無事予習完了しました。
この2週間はヒマさえあれば俺屍をプレイしてたので、
これからはちゃんと交神じゃなくて更新したり、ラクガキしたりしよう、なんて思ったり。

・18日(日)
遠方より友人が来るということで、湘南に集合。
すんごくお天気がよくって、お寺巡りなんかにいい日和だなぁ、
なんて思いながらも、遊ぶのはいつも通り室内でカードゲームという。(笑

前半はヴァンガードのお時間。
以前は、コモンカード寄せ集めデッキを使ってた友人が、
いつの間に調達したのか、しっかりしたペイルムーンを組んでたのに驚き。
こっちはこっちで、アリフかげろう、CEオーバーロード、コンロノヴァグラ、バロミセイバー、
と手持ちを一通り回して遊んでましたが、
やっぱりバロミセイバーは現状頭一つ飛び出てる印象でした。今更ですが。

後半は遊戯王のお時間。
新制限、新環境だけど、3人中2人はあんまり環境にキャッチアップしていってないので、
頼みは残りの1人のデッキだったのですが、そこは期待を裏切らず、
ボガーナイトやダークソウル入りのXセイバーをぶんぶん回してくれました。

ところで、この日はプレイマットとして、遊戯王の海外版ゴールドシリーズ?
か何かに同梱されていた社長さんのプレイマットを使わせてもらったのですが、
箱に入ってたため折り目がなかなか取れなかったので、
不意に「きぬた!きぬた!」と喚きあう謎の環境に。

日常生活で砧について言及することって、フツーはあまりないと思うし、
あるとすれば、しりとりをしてて、「たぬき」って言われた際に、
間髪入れずにカウンターで「きぬた!」って反撃する奥義、
所謂「カウンターきぬた」を発動する時くらいだと思うのですが、
この日は数年振りに「きぬた」という単語を発したので、多分向こう数年は口にしなさそうです。
まあ、世田谷周辺に引っ越したらその限りではありませんが。(笑

あと、この環境でカードゲームをする際、必ずといっていいほど、
アニソンメドレーや最近のアニメの動画をBGM代わりに垂れ流しにするのが常なのですが、
この日は趣向を変えて、なんかホテルとかレストランとかで流れてそうな、
穏やかで落ち着いたジャズとかクラシックのメドレーをBGMにしたところ、
「普段の動画よりもこっちのがよくね?」と妙に高評価でした。

まあ、やってることは相変わらずなんですが。

そーいえば、

>ヴァンガードにハマり過ぎたために思わず遊戯王のルールをド忘れがちに
>丁度今日はタッグフォースの発売日なのでこれを期に遊戯王の感覚を戻したいと思います

とゆーコメントをいただきましたが、ヴァンガードをやった直後に遊戯王をやると、
攻撃宣言時になぜか攻撃モンスターを守備表示にしてしまったり、
スタンバイフェイズになぜか守備表示モンスターを攻撃表示にしてしまったり、
スタンド&ドロー、という謎フレーズを遊戯王にも適用してしまったり、と弊害が多いです。

遊戯王でドライブチェックができるのはシューティングスターだけ!

・19日(月)
お布団を干したり、洗濯をしたりしつつ、それまで俺屍に充当していた時間をまるっとラクガキに使ったり、
ワリと自由気ままに過ごしてました。

なんかここいらでいっぺん感覚をリセットするべく、

顔グララクガキ〜手グセ復活祭り〜

顔グラを描いたり。

立ち絵ラクガキ〜手グセ復活祭り:幼編〜
立ち絵ラクガキ〜手グセ復活祭り:並編〜
立ち絵ラクガキ〜手グセ復活祭り:上編〜

頭身バランス用立ち絵を描いたりしてました。平和。

・20日(火)
なんか風邪っぽい感じになり、頭痛に襲われたので、とりあえずバファリンを飲んでみる。
風邪の原因は、多分寝冷えとかそーゆー感じの、所謂季節の変わり目アタックの所為だと推測。

が、バファリンを服用した直後、凄い勢いで汗が噴出して、
更に悪寒に襲われ、ビミョーに吐き気まで催してきたので、
とりあえずそれまで使ってたタオルケットをやめて、今シーズン初の毛布を用意して睡眠モードへ。
この日は、途中で目覚めても、牛乳を飲んですぐ布団へ戻り、
トータルで10時間くらいの睡眠時間を確保して回復に努める。

・21日(水)
体調はそこそこ回復したものの、今度は台風15号襲来。
午前中はそうでもなかったものの、夕方から夜にかけてヒドイ大雨と強風に。
そして、こういう時に限って、まるでマンガのようなイベントが発生。

出先から帰宅したところ、ポケットに入れておいたはずのメガネが無いことに気付く。
→多分帰り道で落っことした。
→レインコートの代わりに、ジャージを着こんでバスタオルを持って、今来た道を逆戻り。
→大嵐の中、メガネを探しながら歩くこと15分、ようやくメガネ発見。

病み上がりだというのに、何やってるですか、自分。

歩道に落ちてるマイメガネを発見した時の感動は、ちょっと言葉では表せないくらいでしたが、
よくもまあ、風に飛ばされずにちゃんと落ちててくれたなぁ、と思ったり。

それにしても、メガネが無い状態で道に落ちてるメガネを探すのは、予想以上に大変でした。
雨で視界も悪かったし。

で、メガネ回収ついでに、びしょ濡れのまま近所のスーパーへ立ち寄ったところ、
別に閉店間際でもないのに、既にお惣菜に半額シールがぺたぺたと貼られてました。
さすがにこの台風じゃお客さんが来るのを見込めないのですかね。

んで、ここぞとばかりに買って、その日の晩ご飯と翌日の晩ご飯くらいまでの分を一気に確保。
……特に意味は無い。

でで、びしょ濡れになってメガネを回収したあと、今度は歯医者さんへ行くことに。
予約していたとはいえ、定期健診の目的だったし、
この台風だし他の日に振り替えてもよかったんですが、
もうここまで濡れたらどーにでもなっちゃえ、的な感じで、
とりあえずもう一度着替えて、またバスタオルを持って出撃。

……奥歯の方が微妙に虫歯だって。来週から治療することに。うーむ。

で、帰宅途中、ふと周囲を見回してみると、なんか暗いのです。
家屋に明かりが灯ってない! そーいえば、信号機も点いてなかったじゃんか!

ということで、帰宅して部屋の明かりのスイッチを入れるも、反応せず。

あろうことか、このタイミングで停電。
びしょ濡れになったので帰宅したらさっさとお風呂に入ろうと思ったのに、それも適わず。

やむなく、もう一度服を全部着替えて、さっき買ったご飯を食べて、
さっさとお布団に入って体力回復に努める。

若干回復してた健康度がガタ落ちしてること請け合いだったので、
それを上回る回復量を確保するべく、この日も惰眠を貪る。

・22日(木)
前日にあんだけ雨風に打たれたにも関わらず、風邪をぶり返すことなく目覚めすっきりモード。

ところで、なんかすっかり忘れてましたが、今年は政府から15%節電を言い渡されており、
その景品目当てでなんとなく節電キャンペーンに参加してたのですが、
8月分の目標達成おめでとうメールが届いてました。

前年比で20%の削減になってたみたいですが、
テレビを買い替えたというか、買い替えざるをえなかったのと、
週末にヴァンガードしに外出することが多かったのが、多分主な要因だと推測。
別に悪いことじゃないんですけどね。まあ、アレですね。

んで、キャンペーン参加者のうち、15%達成者が60000人くらいいるっぽいのですが、
その内懸賞に応募する人がどれくらいいるかは分かりませんが、
100名とか200名とかの賞品をゲットするのはちょっと厳しそうだなぁ、なんて思いつつ、
当たったら儲けモノ、というのが懸賞の楽しいところなので、今回も期待せずに待ってみようと思います。

最近懸賞でもらったアイテムというと、ワッフルメーカーがありますが、
これは以前もらったわたあめマシーンに比べて使用頻度が高くて、そこそこ重宝してます。(笑

・23日(金)
三連休初日。
まずは、先日の台風でびしょ濡れになった衣類の一斉洗濯。幸い、天気は悪くなかったので助かりました。
一方、これまた意味不明なんですが、なんか無償にゲームボーイをしたくなったので、
部屋の隅にしまった箱からごそごそひっぱりだして、ゲームボーイをプレイ。

ゲームボーイをしたいというよりは、なんとなくちょこっとだけ昔のゲームで遊んでみたい、
という感じだったのですが、まず最初にプレイしたのがbeatmania 3rd。
Believe againは名曲。GB版なので歌詞は無いのですが、それでも十分。
LUV TO MEも好きなのですが、EXPARTでは普通にクリアできない難度なので練習モードで堪能。

神戸牛を使って一通りの楽曲で遊んだあと、今度は昔懐かしの名作ゲーム、テトリスをプレイ。
このテトリスというゲームなんですが、
なんとなく、瞬間的な判断力を身につける訓練になるんじゃないか、
という目論見があったかなかったか分かりませんが、
高校生時分は、ほぼ毎日のようにプレイしてたので、50万点くらいは叩き出していたのですが、
今日は30万点ちょいで終了。
しかし、この手のゲームは単調ながら、妙にハマるなぁ。

ただ、このままだと毎日1時間ずつくらい遊んじゃいそうだったので、
ゲームボーイから電池を抜いて、元の箱にしまっておきました。封印完了。

とまあ、こんな感じで過ごしていましたとさ。

明日のヴァンガードの大会は寝不足にならないように、今日もちゃんと寝なくちゃ、
と言いたいところなんですが、これを書いてる時点でそこそこいい時刻になっちゃってます。

最近は、シャドウパラディンの情報が少しずつ出てきて、
一体どんなクランなのか、ちょっとワクワクしてるんですが、
基本的にそのクランのトライアルデッキがリリースされないと、なかなか組む気にはならないので、
レンのトライアルデッキ待ちというのが今の立ち位置。

皇帝のトライアルデッキとレンのトライアルデッキ、先にリリースされるのはどっちかというと、
多分前者だと思うので、そうなるとディメポリは……

ところで、アニメを見る限りだと、ブラスターダークのスキルは、

【エターナルフォースブリザード】効果:相手は死ぬ。

とかそんな感じに見えたんですが、
意外とこじんまりとした効果に落ち着いてるようで、この程度だと、
「なんだよ、あのユニット……!!」
とか戦慄するほどではないなぁ、という印象です。

フルバウ→ジャベリン→ブラスターダーク→ファントムブラスター

の流れは分かったのですが、あれ……黒ぺったんがスルーされてるような……

これで黒ぺったんがスーパーガードとかだったら、ちょっと残念なので、
ここはやっぱり意表をついてグレード3だな、うん。(←しつこい)

ということで、久々の更新ですが、相変わらずのノリで船は進みます。

そして、全然関係ないですが、忘れじのメモとして、今週末は恒例のドーナツ祭り開催中なので、
明日またドーナツ分を補充しようかな。

よし。睡眠不足にならないように、今日はこの辺でおしまいにします。寝ます。寝るのです。

2011年09月11日(日)
神輿と山車の違いも怪しいところだけど

下にはいてるのは分かってはいるけど、見えないということはある種の無限のロマンが以下略

※個人の感想です。

という風に前置きをすると、ワリと何を書いても許されるステキルールが設定されるとかされないとか。

そんなことはさておき。

日曜の朝は、毎週近くのスーパーで牛乳というか低脂肪乳が安売りしてるので、
1週間分の牛乳を補充すべく、今日も買い物に行ったのでした。

そしたら、お店に入る手前で、ばったり知り合いの大家さん(家主さんではない)に会って、
今日時間ある? 的なお話になり、午前中くらいなら、と答えたら、
牛乳を買いに行ったハズが、いつの間にかハッピを着てお神輿を担いでました。

途中省略しすぎて何が何だかだけど、私だって何が何だか分からないよ!

にしても、こーゆーお祭りに参加するのって、何かすごく久しぶりかも。
それこそ小学校に上がる前とか、同じように近所のお祭りがあったときに、
ジュースだかアイスだかに釣られてこども神輿に加わった記憶がありますが、
なんか遠い昔過ぎてほとんど記憶にないくらい。

しかしまあ、上記の通りなりゆきで参加したものの、そこそこ面白かったのでこれはこれで。

当初はシステムがよく分かってなかったのですが、
とりあえず、一丁目、二丁目、みたいな感じで近所の町内会が4つくらい、
それぞれのお神輿を担いで、真ん中にある神社に集結して、
お神輿に神様を格納してまた戻っていく、みたいな感じでした。

久しぶりに神社の敷地内に足を踏み入れましたが、
今日はちょっとしたお祭りだったので、出店もちょこちょこあったり、
ミッキーマ○スみたいな靴を履いた宮司さんっぽい人が儀式をしてたり、
でも頑張って探したけど巫女さんらしき人はいなかったり、
なんていうか、要するにお祭りでした。

あと、普段近所を歩いてる時は、住宅街なのに出歩いてる人が少ないよなぁ、
なんて思っていたのですが、神社に集結した人の数を見て、ああやっぱり郊外なんだな、と思い直したり。

しかし、イベントがイベントだけに、年齢層の二極化が激しかった印象で、
じーさまばーさまかお子様か、という感じでした。
それでも人が多かったです。うーむ。

あとあと、神社で宮司さんっぽい人の挨拶のあとに、
町内会長さんっぽい人が挨拶したりするのに続いて、
地元の市議会議員だか県議会議員さんだかの挨拶というか、
ゲンミツには本人不在で秘書さんと名乗る人の挨拶が2名分あったりしたんですが、
どっちも空気を読んでるのかなんなのか、

「県議会議員、△△の秘書でございます。この度は誠におめでとうございます。
 今後とも△△をよろしくお願い致します」

みたいな感じで、ものの10秒くらいでさらりと終わってたので、
このためにワザワザスーツ来てご苦労様なことだなぁ、
だけどこーゆーのにも一応代理でもなんでも顔を出しておくことが今後の議員生活に云々、
とかどーでもいいことをアレコレ考えたりしてました。

にしても、ホントにこーゆーふうに地元後援者へのネマワシ的な何か?
みたいなのってあるんだー、ドラマや漫画の中だけじゃなかったんだー、とか思ったり。

ホントにあるといえば、コミック「よつばと!」で

「おかし!」「おー!」「おかし!」「おー!」
「勝手にかけ声変えないでくれるかな」

というくだりがありましたが、子ども神輿だか子ども山車だかの方で、
まさにこれと同じような現象が起こってたりしたので、
世の中意外とそーゆーもんなんだなぁ、とヘンに感心したり。

まあ、実際には「おかし!」の掛け声ではなく、経由した住宅展示場の名前だったりしたんですが。
何だこの宣伝カーは。(笑

しかしながら、アレですね。
基本的に宗教系のイベントはあまり好きではないのですが、
日本に住んで生活してると、この手のレベルでの宗教イベントがフツーに存在してて、
そこに殊更宗教的意義を感じる感じないは別にしても、
今回のは紛れも無く神道系イベントなので、日頃から無宗教なので、
といいつつも、ちゃっかりこーゆーのに参加しちゃうのは、なんだかビミョーによろしくないなぁ、とか思ったり。

かといって、お正月に初詣に行こうよ、と誘われた時とか、
あるいは、学校のクラスでのクリスマスパーティの企画が立ち上がった時とかに、
「無宗教志向なので、宗教上の理由により参加しません」とか言ってみたりすると、
むしろ、この人は何かの宗教を信仰してるんだろうか、
と思われたりしちゃうような気もするし。

もうすぐ秋分の日が来ますが、天文学的知見からぴったり半分だから、というだけなら無宗教っぽい感じですが、
お彼岸の話があるなら仏教だし、それが皇室行事になったら神仏習合で微妙に神道色もあるし、
そーゆーのを気にしだすとキリがなさそうだし。

元々は仏教なり神道なりの宗教だったとしても、
昔からある風習としてそれが日本における日常の作法の一部になってしまっている場合、
自身が無宗教志向だからといって、
敢えてそれに対して宗教的意義をほじくり返して、回避策を講じたりしなくてもいいと思いますが、
でも、神社仏閣の区別なく神様仏様ナントカ大明神様、みたいなノリなのもそれはそれでどうかと思います。

なんていうか、日本において、学校の友達やら、ご近所さんとかとの間で、
基本的に宗教やら政治思想やらの話はなんとなくタブーになりがちな感じがしてるのですが、
まあヘンにつついて蛇を出さなくて済むしそりゃそうだろ、って言われればその通りなんですが、
私自身は別にその辺の話を積極的にすることは無いものの、
今日の天気、昨日の晩ご飯の話題と同じレベルで、
宗教や政治の話をするのは別にいいんじゃないかなぁ、と思ってます。

そうはいうものの、案外世の中の多くの人も同じような感覚でいるけれど、
相手が海のものとも山のものとも区別が付かない状態なら、敢えてリスクは冒さないぞ、
という真っ当なポリシーであるなら、まあやっぱりなんとなくタブーっぽいというか、
積極的に話すべき話題じゃないんだろうなぁ、というのはごもっとも、ごもっとも。

ただまあ、先日のビンラディンの殺害のニュースが話題の対象となったりした場合に、
そのまま宗教の話に派生したりすることもあるワケで、
そういう場合に殊更に宗教に関して迂回して話を進めるのは面倒なので、
そーゆー時にはフツーに会話しちゃっていいような気もしますが、
でもでも、一部の宗教なんかは触れてしまった際の後始末の方が面倒だったりするので、
やっぱりスルーしとかないと、とかそーゆー話もあったりするのかも。

(※個人の感想です。)

……万能ですね、これ。(笑

まあ、それはさておき、無宗教無宗教といいつつも、
サンタさんはいてくれた方がいいなぁ(コスチューム的な意味で)とか、
巫女さんもいてくれた方がいいなぁ(同上)とか、
そーゆー罰当たりな話はさておき、死んじゃったらきっとお寺さんのお世話になっちゃったりするかもしれないので、
やっぱり日本で生活する上では、ある程度仏教なり神道なりのフィールドに鈍感になった方がスムーズっぽいですね。

個人的には、ペットの焼却処分と同じレベルで、
人間の死体も同様に処理してくれるサービスがあるといいなぁ、とか思ってますが。
焼却炉の人は嫌がると思いますけれども。

とまあ、こーやってワリと好き勝手書いても、あんまり起こられたり窘められたりしにくいという意味では、
日本のこのテキトーな宗教観も、悪くはないのかも。

(※個人の感想です。)

とまあ、牛乳を買いに行った段階では、まさか今日の雑記がこんな感じになるとは、夢にも思わなかったですが、
そーいえば、今日の雑記絵は全く雑記の内容と関係が無いんだからね。うん、関係ない関係ない。

ということで、いつも通りのカオスっぷりを披露しつつ、
雑記後半はこれまたいつも通りのヴァンガードの話とか。節操なしとか言わない。

この週末は久しぶりにショップ大会に参戦してきました、とか書こうとしたんですが、
冷静に考えて、1回スキップしただけだったりするんですよね。
何が「久しぶりに」でありますか。というセルフツッコミ。

まあ、それはともかく、前回からあんまりデッキをいじることもなく、
前のまんまのバロミセイバーで今回も参戦することに。

いつも通り、30余名でのダブルエリミネーション形式でスタート。

1戦目。vs.ロイパラ
ジャンケン負けて後攻。お互いどらんがるスタート。
相手は初手で探求にスペリオルライドするも、その後はブラブレ、ソルセバとライド。
要するに、ガラハッド軸ではなく、事故軽減の為のどらんがる。そういう意味ではこっちも同じですが。
相手は前列にバロミデスを展開するも、後列ブースターが不在の状況が続いていたのに対して、
こっちは7000ブースターで十分な状況だったので、ワリと早く20000ラインを作れたので、
そのまま殴り続けて危なげなく勝利。

別にこの試合に限った話じゃありませんが、
相手のG3のVの攻撃が支援無しだと、こっちは10000シールドを1枚で防御することが多くなるので、
ワリとラクな試合展開になるケースが多いです。
相手のVが支援込みで18000とかだと15000シールドを張ることが多いのですが、
そりゃ要するにブースター分のシールド要求の有無だから、何を当たり前のことを、という感じですが、
こっちはドロートリガーを入れてないので、
5000分のカードは必然的にアタッカーかブースターを切ることになります。
この場合、場の状況との兼ね合いもあって、なかなかに考えるのが面倒というか、
選択が裏目に出ちゃったりするようなシーンもあるのですが、
前述の10000シールド1枚で解決する時は、その面倒臭さがないし、
やりたいことを素直にやりやすい状況だなぁ、という話でした。

うわ、いきなり脱線してるな。

2戦目。vs.かげろう
ジャンケン負けて後攻。相手はテージャスを経由して、オーバーロードにライド。
こっちは必要以上に序盤にRを展開しないので、序盤のテージャスが脅威ではないのが、
従来のばーくがるタイプとの違い。

が、途中キンナラやRテージャスでこっちのブースターを焼かれて、
かげろうらしい除去っぽさを発揮されて、
それでも21000ライン維持のためにブースターを手札から現場へ送り出してたら、
結構あっという間に手札を消費してしまい、
こっちが4点受けてる状態で、手札が4枚でシールド合計が20000くらいだったので、
相手のVの攻撃をスルーせざるを得ない状況に追い込まれ、
クリティカルトリガーが乗って敗北。

一応、トリガーが乗らなければしのげる状況ではあったとはいえ、
こーゆーのはトリガーで負けたっていう感じじゃないですね。順当な敗北。

3戦目。vs.ロイパラ風味
ジャンケン負けて後攻。
相手はどらんがるスタートで、バロミデス、ローエン、ボールスなどのロイパラG3を展開していたので、
普通にロイパラかと思っていたのですが、ジェノサイドジャック、タフボーイなどのノヴァグラに加え、
鎧の化身バーまで入っており、攻撃順序がRRVだったので、
21000ラインを実現しつつ、スタンド軸で11000なり13000での再攻撃も視野に入れたデッキでした。
まあ、実際に21000ラインを実現できたのは1ラインだけだったし、
そのラインもワリと早めに潰せはしたので、そこまで思うように動いてくれていなかった、という印象。
それに対して、こっちは早めに20000ラインを2本と、そこからアカネコール→といぷがるスペリオルコール、
という形で、20000には届かないものの、15000オーバーの3本目のラインを追加して、手数で勝利。
アニメでも大活躍だったアカネさんがキレイに働いてくれました。

4戦目。不戦勝
参加人数の関係上、たまたまこーゆー形に。
他の方々がファイトをしているその間、空いた時間を使ってコザッキーさんとフリープレイ。
久しぶりにCEオーバーロードでない、純粋なかげろうを使ってみたくなり、
アリフを絡ませたデッキを使ってみたんですが、アリフが空気過ぎてちょっと残念な感じでした。

ブレイジングフレアとアリフのスペリオルライドを比較すると、
比較的デッキを歪ませなくて済むアリフの方が好きなのですが、
別にG3アリフをスペリオルライドで出したからって、劇的に勝ちやすくなるという感じでもないので、
なんというか、主役はやっぱりオーバーロードで、
かねてよりの懸念だった、オバロ以外のG3スロットの穴埋めとして、
スペリオルライドの性質上G3が少なめで済むというメリットをもったアリフの消極的採用、
という感じなのかも。

G3はV用にオバロを採用したいんだけど、デッキにG3が4枚だけじゃG3ライドが見込めないので、
他のG3を3、4枚入れなきゃいけない。
けれど、アリフ軸ならG3アリフをデッキからスペリオルライドできる見込みがあるので、
オバロ4のアリフ2くらいで、G3は十分だよね、という理屈が通ると思ってるのですが、
これってなんかぐるーっと1周話が回っちゃってるような気がしなくもないなぁ。

ちなみに、ここでもジャンケン負けて後攻でした。

5戦目。vs.ロイパラ
ジャンケン負けて後攻。相手はどらんがるから探求、試練と両方スペリオルライドに成功。
流石にG3は無いかと思いきや、スペリオルライドこそしなかったものの、手札から神速へライド。
さらにまぁるがるの効果を使って、相手の前列はVもG3神速、
Rに9000の試練ガラハッドと、11000相当のギガンテックドーザー。
さらに神速のCB使用で、早々に畳み掛けられる状況に。こっちはまだG3にライドしてないというのに。

このときのこっちの手札は、ソルセバ2枚とバロミデス、あとイゾルデとトリガー2枚とかそんな感じだったので、
やむなくVの攻撃をソルセバ切りのイゾルデで回避し、なんとか生き延び、返しのターンでソルセバにライド。
で、となりにバロミデスを配置したところまではいいんですが、ブースターが不在。

本来、相手に最低でも15000シールドを要求できるようなラインを複数作るのが、
このデッキの動かし方なので、今回みたいに相手のVが11000の場合、
ブースターは8000以上が必要になるのですが、そんなことを言ってる余裕もなく、
10000シールドをソルセバの後ろに配置することにしました。

1戦目のところで書きましたが、相手が、こっちのVの攻撃を10000でガードしやすい状況は避けたかったので、
やむない判断ではありますが、後列Rに5000ブースターを配置。
まあ、Rのバロミデスの後ろも空白なので、ブースターが余ってしまう心配はあまりないかな、
という見込みは多少あったかもしれません。

ともかく、こっちはデッキコンセプトそっちのけで、すんごいグダグダな場になってしまったのに対し、
相手は相手で、なんかやたらG3のリライド、リコールを繰り返してました。
まず、Vがガラハッドからローエンにリライド。
更に、Rにローエンがコールされたかと思いきや、そのあとバロミデスにリコールされたり。

特に、Vのリライドが気になったので、対戦終了後に聞いてみたところ、
こっちのトリガーでイゾルデが入ったのを見て、ガラハッドの必殺攻撃を狙うよりは、
後ろにマロンを置いた状態の20000ローエンで攻めた方がよさそうに思えた、
とのことだったので、意図があっての動きだったようですが、
G3が過多の分ブースターが薄めで、V以外のラインは結構貧弱な状況が続いてました。

逆に、こっちは最後の最後でぽーんがるを引いて、バロミデスの後ろに配置して20000ラインの完成。
この時、相手のVがローエンになってたことに感謝。
この時相手は4ダメージ、手札4枚の状態で、こっちはまずはVソルセバ18000でアタック。
これに対して、相手はセオリー通り、トリガーが2枚乗ると貫通できるようにシールドを配置。
1枚目、不発。2枚目、クリティカルゲット。隣のバロミデスに全て付与。
んで、バロミデス25000アタック。
相手の手札が4枚だったので、きっと防がれちゃうだろうなぁ、と思ってたら、
相手は手札が5000シールド3枚とG3という状態で、防ぎきれず2点入ってそのまま勝利。

ツインドライブでクリティカルトリガーが出たのが運が良かったですが、
このツインドライブでもし1枚目がクリティカルトリガーだったら、
この場合、私はおそらくVに全てを付与してたと思うので、そういう意味でも運が良かったです。

ファイトの流れからして、こっちの旗色がずーっと良くない感じだったので、
あれ、なんか勝てちゃった? という感じでした。
一応、最後の最後はバロミデスが仕事した、ということになるのか。うーむ。

ということで、ファイト自体はこの日は3勝1敗。これまでの累積20勝10敗になりました。
なんか数値がぴったりしててステキ。

前回、今回と遊んでみて、とりあえずバロミセイバーが思った通り強かったのは分かったのですが、
それでもやっぱり優勝できないなー、という感覚があったりなかったり。

まあ、今回は回りもそこそこロイパラが多かったなぁ、
という印象もあるので、そうそう上手くはいかないのかもしれませんが。

混クランデッキを作るにしても、CEオーバーロード以上のものがなかなか出てこないので、
どーしたもんかなぁ、ともにゃもにゃしてます。

ちなみに、今回ジャンケンに全敗しましたが、これが実は伏線で、
そのあとのプチジャンケン大会(笑)で優勝して、ストレージボックスを頂いたりしてました。
世の中バランス取れてるなぁ。

ところで、暗黒武術会、じゃなくて、魔界王決定戦でしたっけ、
あれに向けてダークゾーンのカードを漁っていたんですが、
デッキコンセプト云々の前に、根本的にダークゾーンのカードが足りてなかったです。

という話をしたら、
空けたパックに入ってたコモンのダークゾーンのカードを頂いちゃったりして(ありがとうございました!)、
少しずつソウルが溜まってる感触を味わってます。

ルール上、トリガーが16枚、その他のノーマルが34枚あればデッキになるのですが、
現在、
トリガー:10枚/ノーマル:19枚
という感じでソウルチャージ中。
あと6枚+15枚でデッキがめでたく完成するので、大会までにテキトーに調達しようか、地味に迷い中。

そこまでして出ることもないような……というか、
せっかくなら、スパブラなりペイルムーンなりをちゃんと組んでみればいいのに、という話。

でもまあ、基本的にトライアルデッキが出てからデッキを組む人なので、
そういう意味では、早いところチームAL4のトライアルデッキを出してほしいところ。

と、ヴァンガードもワリとあっさり復活してる一方で、最近は毎日俺屍をプレイ中。
今日はようやく強い方のロリ神さま、卜玉ノ壱与と交神できました。
でもまだ1つもダンジョン攻略が出来てないので、まだちょっと続きそうです。

そういえば、先日朝早く起きたときになんとなくAmaz○nを覗いたら、
限定版の方が予約可能になってたので、おおっ!と思ってちょっとまごまごしていたら、
ものの数分で在庫切れに戻っちゃいました。(笑

まあ、ゲームは好きだけど、グッズにはそこまで興味がないので、
ここはおとなしく通常版を予約しておきました。
なんかゲーム買うの久しぶりだなぁ。

今日は、雑記前半で散々神様がどーだこーだとか言ってたけど、
こーゆーのは平気でプレイできるあたり、実に日本人だなぁ、と思ったり。

2011年09月07日(水)
そろそろトップ絵更新しないとなぁ

イザヤカクより頼朝公

とか言いつつ、今日も今日とて好き勝手にラクガキ中。

源平の戦をキャッチーにファンタジー化したコミック、
「イザヤカク」の頼朝公。

残念なことに、ストーリー的には全く完結しないままの終幕なので、
その点が非常に勿体無いと思うものの、
個人的にこういう形の似非歴史モノは好きです。

上記の理由でストーリーはあまり語るべきところがないのですが、
キャラクタの見た目以外も含んだトータルなデザインが好印象。
根っからの歴史スキーさんからすると、邪道以外のなんでもないとは思いますが。(笑

ところで、古典文法的には、意志の助動詞「む」が付いて、
「イザヤカケン」が正解じゃないか、と思ったりするのですが、
別段そこまで文法に明るくないので、真相は不明なまま。

なんで突如イザヤカクを引っ張り出してきたかというと、
俺屍でようやく前半戦の大江山攻略が終了したので、なんとなく平安っぽいのを描こうかな、とか思ったので。

イザヤカクでなくても、例えば「鬼神降臨伝ONI」とかもアリだったなぁ。(笑

ということで、先日よりコンスタントに俺屍をプレイしてます。
当初は、四夜子様と交神するのが目的で、そこまでちゃんとプレイしようという気もなかったんですが、
PSP版が出たらきっともうPS版をプレイすることもなくなると思い、
じゃあせっかくなのでPS版の遊び納めとして、最後までがんばってみようかな、ということに。

別にヒマでヒマで仕方ないというワケじゃないですが、どうせ遊ぶならどっぷりモードでプレイしなきゃ、
という謎の使命感に駆られてもくもくプレイ中。

ゲームの途中途中でそんなにシナリオっぽいシナリオがあるワケでもないので、
プレイする際にはプレイヤーの妄想力が必要となるゲームではありますが、
「よーし、次はあの神様と子作りするぞ!」みたいな目標を立てて討伐に励むと、なかなか楽しめます。(笑

PS版には無かった新要素として嬉しいのは、神様の成長システムと、
それに伴って交神の際の台詞が変化していくところ。

つまり、四夜子様と何度も何度も交わり合うのをオフィシャルとして推奨してるワケですね、わかります。

他にも、新キャラ、武器作成、奥義関連の新要素などもあって、
PS版で満足した方もきっと楽しめるんじゃないかなー、なんて思ってます。

魔装機神のリメイクの時は、SFC版では存在しなかったイベントCGをどかーんと大量に追加してくれたので、
このリメイクも、各ダンジョンのボスのCGも欲しいところですが、
なによりも交神の際のイベントCGを大量に、それこそ108柱×4種類ずつくらい、
どかーんと用意してくれたら、願ったり叶ったりだったんですが、無理ですか。そうですか。

CER○が許さなくても、私が許すので、俺屍2では是非……

とまあ、個人的には好きなゲームなのですが、
ゲームシステム的にやっぱり遊ぶ人を結構選ぶと思うので、あまり万人向けとは言いがたいのかも。
フツーのゲームとちょっと毛色の違ったので遊んでみたい、という方にはオススメできそうです。

ということで、公式サイトはこちら。11月10日発売予定だそうです。

と、あんまり俺屍ばっかりやってると、ヴァンガードからも遊戯王からも離れがちになっちゃいますが、
先週末にショップ大会に行かなかっただけで、なんかしばらくヴァンガってないなぁ、
と思っちゃうあたり、ある意味中毒っぽいなぁ、と思ったり。

というか、逆にそのくらいここ最近はヴァンガードばっかりしてたということなんですけどね。
ヒマさえあればカードをいじってたといっても過言ではない。……いや、過言でした。

実際のところ、ここ1週間は全く触れてなかったので、
とりあえず週末までに一通りデッキを回して、感触を確かめておこうかな、くらいには思ったり。

カードゲームといえば、先日web拍手でバトスピのオススメカードを教えてくれた方がいましたが、
なんていうか、バトスピの絵ってこんなだったっけ?
と一瞬違うカードゲームかと思うような感じでした。路線変更?

んでもまあ、バトスピでもヴァンガードでも遊戯王でもそうですが、
美少女系の絵柄に対して抵抗を感じるプレイヤーもいると思うというか、いて欲しいというか、
皆が皆そーゆー系が好きだと思ったら大間違いだ!って訴えたいところです。(誰に?)

「絶対美少女なんかに負けたりしない!!」
 ↓
「美少女には勝てなかったよ…」

とかワケの分からない即堕ち2コマは置いといて、
でもまあ、そういう硬派なプレイヤーがいてこそ、カードゲームは健全に進化するんだ!
とか思ったり思わなかったり。

色んな意味で、バランスって大事だなぁ。

話は変わって。

そろそろ夏の暑さも和らいできて、夜には虫の音が聞こえてきたりするようになり、
なんとなく牛乳の消費量も落ち着いてきたのですが、
そもそも、1日に1リットルも2リットルも摂取するのはどーなんだろう、と思って、
日本人の平均的な消費量をネットでちょちょいと調べてみたところ、
思いのほか少なくてちょっとびっくりしました。

乳糖不耐症、という概念があるようで、基本的にラクターゼの活性の低下が起こってなければ、
牛乳をじゃんじゃか飲んでも大丈夫そうなのですが、
牛乳を1リットルくらい飲んじゃうとお腹が痛くなっちゃう人って、
日本人にはどれくらいいるのかがちょっと気になります。

そもそも、牛乳に限らず、冷たいジュースを1リットル飲めば、誰でもお腹が痛くなりそうなので、
そーゆーのとは区別して、牛乳耐性というか乳糖耐性ってどんな割合で存在するのかなー、
とかそーゆーのが気になるお年頃。

別に牛乳が身体に良いから……とかそーゆーことは微塵も思ってないのですが、
でもまあジュースをがぶがぶ飲むよりはまだいいかな、とは思ってます。

水やお茶だとちょっと、いやかなり味気ないなぁ、と思ってしまうので、
そうなると牛乳にたどり着くんですよね。

なんか健康なんとか相談室的なところに、
牛乳の飲みすぎでどーにかなっちゃったケースがあったりしないか、聞いてみるのも一つかも。
お酒の飲みすぎとかはよくなさげだけど、きっと牛乳の飲みすぎも色々デメリットはあるんだろうなぁ。

でもお酒でもなんでもそうですが、分かっちゃいるけど……
的な部分がありますからねぇ。

例えば、1週間牛乳を飲むの禁止!
とか言われたら、それだけでかなり精神が不安定になりそうな気がするので、
これはある意味中毒なんだなぁ。牛乳中毒。

とか書いてたら、やっぱり飲みたくなってきたので、今日も寝る前に牛乳を飲んでから寝ることにします。

うしちち万歳。

2011年09月03日(土)
花 花 どんな花

ロリ女神様として名高い 葦切 四夜子さま

「うん……大丈夫……(性的な意味で)」

とか脳内補完していた当主様が数多くいたんだろうなぁ。

世間様はガガガ後輩なんかで盛り上がってそうだったので、
ここは敢えて全然違うベクトルで攻めてみたり。

俺屍(オレシカ)こと、不朽の名作「俺の屍を越えてゆけ」がこの秋にPSPでリメイクされる話を聞いて、
すんごい久しぶりに俺屍をプレイしたくなったので、ホコリを被ったPS2を引っ張り出し、
プレステ用のメモリーカードをいそいそと準備したりしつつ、さっそく序盤を遊んでみました。

そーいえば、でっかいテレビを買ってからゲームするの始めてだなぁ、と思って、
昔懐かしのゲームを遊んでみたんですが、
当時は全然気にならなかったのに、流石に画面の粗さが目立ってしまい、
画面解像度のキレイさという面では、最近のゲームはスゴイなぁ、
なんて思ったりしつつも、今でもフツーに遊べる当時のゲームクオリティに改めて感動したり。

んで、とりあえず女当主でスタートして、第1子の男の子が元服した瞬間に、
シャコ貝に入った我らがロリ女神様、葦切 四夜子様と交神させたところで、一休みして雑記絵を更新してみた次第。

こんな幼女とも好きなだけ子作りができるけしからんシステムを考えた人は、偉大すぎると思うんだ、うん。
流石にイベントCGは無いけど。(笑

いや、別に幼女に限らず、男女合わせて108人もいれば、色んな需要にこたえられるよね、という話。
ロリコンホイホイ的な観点だと、序盤の四夜子、終盤の壱与が大人気。

当時、ゲームの本懐を無視して、最初から最後まで、
男はひたすら四夜子様と交わり続けるロリ近親相姦プレイをしていた絵師さんがいたっけなぁ。

ゲームシステム上、遺伝形質が似ると虚弱体質になりやすいので、
母系遺伝が全部四夜子様だと、その確率が飛躍的高まるんですが、
そんなことには全く動じないすさまじい執念に脱帽した記憶が。

なんてアホなことばっかり書いてると、それなんてエロゲ? という感じになっちゃうので、
もーちょいマジメに書くと、ユーザをちょっと選びそうではあるものの、
名作と呼ぶに相応しいゲームだと個人的には思っているので、今回のリメイクは嬉しい限りです。

先日の魔装機神のリメイクの時もそうでしたが、
なんか最近は新作というよりも、昔のゲームのリメイクの方が食指が動くのは、なんでだろうなぁ。
なんかイキオイで今度のPSP版も買っちゃいそうです。

あと、当時のCMとリメイク版のCMを見比べてみると、
このゲームのテーマを、それこそ10年以上のリアルな時間の流れをもって、表現してるところがホントスゴイです。

まるで夏休みの宿題に追われていたかのような感じですが、
今週は更新できないことが予想されていたので、ホントは書置きでも残しておけばよかったんですが、
まあ1週間くらいいっかー、なんて気持ちで放置しちゃいました。

で、ようやく復帰できたので、今日の更新に至ります。

おかげで今週はヴァンガードの大会に参加もできなかったので、
じゃあ書くことないのかねー、っていうと別にそんなこともなく、
今日も今日とて、全然いつもと違うノリの話を、大真面目に書いてみようかと。

今年の夏休みの自由研究はこれで決まり!(←タイミングを逃してる)

ということで、今日は、金融機関にお金を預けて利息をちまちま得る際に、
どういう風に預けるとお得なんだろーねー、という話をしてみたり。

副題は、
[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL
とかそんな感じのカッコいいのがいいなぁ。(笑

一定以上のお金を持ってて、なおかつ十分な知識がある場合には、
銀行なんかにお金を預けてないで、自分で資産運用をしたほうがよっぽとお金を稼げるぜ、
というのはある意味正しいと思うので、そーゆーのが好きな人は、
世の中にいくらでも溢れている「株で儲ける云々」とか、「FX必勝法」とか、
そーゆーのを実践すればいいと思うので、今回の話の範疇外です。

今回は、この低金利時代にも関わらず、わざわざ銀行にお金を預けてるってことは、
元本は維持したままで、少しでも利息が欲しいんでしょ? ならできるだけがんばってみようじゃないか、
という前向きなんだか後ろ向きなんだか分からない人向けのお話。

とはいえ、ホントに超低金利なので、まとまったお金をしばらく預けても、吹けば飛ぶような額しかもらえないのが現実。
たとえば、ゆうちょ銀行の場合、こんな感じなのです。

いつでも引き出せる通常貯金だと0.03%、
逆に決まった期間はお金を動かせなくなる定期貯金であっても、5年もので0.08%。

いずれも税引前の年利なので、実際にはここから、
国税15%と地方税5%が差っ引かれるので、それぞれの数値から2割カットした額が利子としてもらえる、というお話。

具体的には、たとえば1000万円あって、それを通常貯金で1年間預けた場合、その利息は、
大雑把な計算で、1000万円 x 0.03% x 0.8 = 2400円ということで、
1000万円を1年間も預けたとしても、もらえるのは小学生のお年玉にも満たない額しかもらえないのですね。
世知辛い世の中なのです。

そんなんだったら、別にわざわざ銀行なんかにお金を預ける必要なんてないなぁ、なんて思っちゃうんですが、
実際のところ、どうなんでしょうねぇ。
ATM利用料が必要な銀行だって少なくないし、そう考えると、
お家のタンスの引き出しにこっそりしまっておいたほうがいいんじゃないか、なんて考える方だっていそうです。
まあ、どっちが無用心かを考えると、なんともいえませんが。

そうは言うものの、そんじゃあ株とかFXみたいな元本割れのリスクは無しのもので、
楽してお金をもらえるケースなんてそうそう無いんだから、
少額をもらえこそすれ、減らないだけマシだと思いなさいよ、
なんていわれちゃったりすると、その通りだなぁ、ということで、
ちょっとアレコレ探してみました。主にネットで。

そしたら、ちょっと面白げなのがあったので、調べてみたのが、新生銀行の二週間満期預金というもの。
いや、別に新生銀行の回しものじゃないんですけどね。

普通、定期預金っていうと、1年とか2年とか、そーゆースパンでお金を預けるのが多いと思うんですが、
この商品の場合、その期間がたった2週間なんですよね。
んで、年利が0.27%というから、あー、ネットバンクっていうのはこのくらいがんばれるのかー、
なんてちょっと感心したりしてました。

パッと見、ゆうちょ銀行の9倍の利息が付くように見えますもんね。
まあ、9倍にしたところで、やっぱりお年玉レベルにしかならないんですが、
減らないだけマシ、という理屈が通るなら、お年玉レベルだって、もらえる額が多いに越したことは無いよね、
ということで、今回、この商品の金利を全力で享受するためにはどうしたらいいのか、
というのを、無駄に一生懸命考えてみました。

この二週間満期預金という商品を考える際の自分ルールはこんな感じ。

・預けられる額は一口50万円以上1円単位で設定可能
・一人何口預けてもOK
・でも例のペイオフ解禁の話があるから1000万円以上預けるのはちょっとヤダなぁ

で、この商品において、具体的にどう預けると、一番利息を多くもらえるのか、検討してみました。

そんなの預金金額を多くすれば、その分だけ多くお金がもらえるだけでしょ、考えるまでもない、
なんて思われたら、今回のお話は終わってしまうのですが、実際はちょっと違うんですよね。

たとえば、500万円を預けるケースを考えます。
このとき、500万円分を一口で預ける場合の、二週間後にもらえる利息を計算します。

500万円 x 0.27%(税引前金利) x 14日 / 365日 = 517.808...
->1円未満を切り捨てて税引前の利息は517円。

この517円に対して、国税15%がかかるので、
517円 x 15% = 77.671...
->1円未満を切り捨てて国税分は77円。

あと、地方税5%もかかるので、
517円 x 5% = 25.890...
->1円未満を切り捨てて地方税分は25円。

よって、実際にもらえる利息は、
517 - (77 + 25) = 415円
ということになります。

ここまでは、単なる計算のお話。
いや、この後も単なる計算のお話が続くんですけどね。

これに対して、ちょっと趣向を変えて、
500万円を一口で預けるのではなく、なぜか50万円を10口として預けてみたケースを考えます。
今度は、一口(50万円)あたり、二週間後にもらえる利息を計算します。

50万円 x 0.27%(税引前金利) x 14日 / 365日 = 51.7808...
->1円未満を切り捨てて税引前の利息は51円。

この51円に対して、国税15%がかかるので、
51円 x 15% = 7.767...
->1円未満を切り捨てて国税分は7円。

あと、地方税5%もかかるので、
51円 x 5% = 2.589...
->1円未満を切り捨てて地方税分は2円。

よって、実際にもらえる利息は、
51 - (7 + 2) = 42円
ということになります。

で、これを10口分預けてるので、トータルでは、
42円 x 10 = 420円の利息がもらえます。

同じ500万円を預けてるのに、預け方次第で、なぜか2週間あたり5円の差が生まれるミステリィ。

まあ、実際にはミステリィでもなんでもなく、見て分かるとおり、
1円未満を切り捨てる部分の誤差の蓄積によるものなんですが、
これは何もこの商品に限った話じゃなく、どの預金にもだいたい適用される話です。

でも、この二週間満期預金の場合、当然その利息計算が二週間毎に発生するので、
一年定期とかそーゆースパンの商品に比べて、
この1円未満の誤差を処理する頻度が全然違うのがポイントです。

一般的な定期だと、半年毎とかあるいは一年毎とか、そーゆー頻度なんですが、
この商品の場合、それらの25倍とか50倍の回数、誤差計算が発生するのです。

チリも積もれば……なんて言いますが、まさにそれ。
まあ、積もったところでたかが知れてる、というのは前述の通りですが。

で、更に話を進めます。

カンのいい方は気付いたかもしれませんが、
税引前金利を計算した時に切り捨てられる1円未満のお金は、要するに預金者側の不利益分であるのに対して、
国税と地方税を計算した時に切り捨てられる1円未満のお金は、預金者側の利益分に相当します。

ということは、別に50万円ずつ預けるのが有効なのではなくて、実際には、
税引前利息はxx.000円とかで、
逆に国税と地方税はyy.999円、
みたいになる状態というのが、預金者にとっておいしい状態だということが分かります。

んじゃあ、そーゆーポイントっていったいどこなんだろう、というのを求めてみます。
ここで、預金金額をx円として立式して、一階微分を計算して変極点を求めれば、
とか考える方がどんだけいるかは分かりませんが、
そもそもこれって離散的な値を取る不連続関数なので、それって適用できるんですかねー? とか思っちゃいます。
数学の専門家じゃないので、この辺ビミョーに疎いですが、
まあそれならそれで大人しく、別の方法で探してみればいいだけの話で、
ちょっと調べるのが面倒だけど考えるのが簡単、という方法はExcel先生で、
この程度ならプログラムでちょちょいと調べちゃえば、というならプログラムで、
いずれにしても、ワリと簡単に導出できます。

実際のところ、いちいちグラフを書いて目で確認したりしなくて済むという観点から、
今回はプログラムをちょちょいと書いちゃったほうが手っ取り早いと思いますが。

ということで、実際に調べてみました。

そして調べてみて分かったのですが、こーゆー1円未満の丸め処理がある場合、
「よりお金を多く預けている方が、よりお金を少なく預けている場合に比べて、もらえる利息が少なくなるケースがある」
ということを知りました。

何を言ってるのかというと、たとえば、100万円預けてる人よりも、100万1円預けてる人の方が、もらえる利息が少ない、
という、ちょっと納得しにくい理不尽っぽいケースが、少なからずある、ということです。

実際の計算例を示すと、こーゆーことです。

先の例と同様に、金利が0.27%の場合ですが、たとえばAくんは57万9365円預けたとします。
この時、2週間後にもらえる利息を計算すると、

579365 x 0.27%(税引前金利) x 14日 / 365日 = 59.999...
->1円未満を切り捨てて税引前の利息は59円。

この59円に対して、国税15%がかかるので、
59円 x 15% = 8.999...
->1円未満を切り捨てて国税分は8円。

あと、地方税5%もかかるので、
59円 x 5% = 2.999...
->1円未満を切り捨てて地方税分は2円。

よって、実際にもらえる利息は、
59 - (8 + 2) = 49円
ということになります。

一方、BくんはAくんより1円多い、57万9366円預けたとします。
この時、2週間後にもらえる利息を計算すると、

579366 x 0.27%(税引前金利) x 14日 / 365日 = 60.000...
->1円未満を切り捨てて税引前の利息は60円。

この60円に対して、国税15%がかかるので、
60円 x 15% = 9
->1円未満を切り捨てて国税分は9円。(切り捨てというか、ジャスト9円ですね)

あと、地方税5%もかかるので、
60円 x 5% = 3
->1円未満を切り捨てて地方税分は3円。(こっちも、ジャスト3円ですね)

よって、実際にもらえる利息は、
60 - (9 + 3) = 48円
ということになります。

ということで、この場合、多くお金を預けているはずのBくんの方が、
もらえる利息が少ない、という妙な現象が発生してしまっています。

どういう時に起こるかというと、上記のように、税引前の利息がキリのいい数値になり、
その15%や5%に相当する数値がピタリと整数で求まってしまう場合に、頻繁に見られます。
上記の性質を満たすこーゆー落とし穴的ポイントは結構たくさんあるので、ご注意下さい、でいいのかな……

とまあ、ちょっと横道にそれちゃいましたが、
こうやって計算してみると、最も預金者にとっておいしいお金の預け方は、
569709円ですね、というのが分かります。

569709 x 0.27%(税引前金利) x 14日 / 365日 = 59.000...
->1円未満を切り捨てて税引前の利息は59円。

この59円に対して、国税15%がかかるので、
59円 x 15% = 8.850...
->1円未満を切り捨てて国税分は8円。

あと、地方税5%もかかるので、
59円 x 5% = 2.950...
->1円未満を切り捨てて地方税分は2円。

よって、実際にもらえる利息は、
59 - (8 + 2) = 49円
ということになります。

尚、ここで言うおいしいの定義は、一口あたりいくら預けた時に、最も実質的な利息が多くなるか、
という話ですので、いつでも569709円を基本単位として預ければお得かというと、決してそんなことはありません。

たとえば、321万5478円を預ける場合、
「56万9709円 x 4口 + 93万6642円 x 1口」と預けるよりも、
「56万9709円 x 3口 + 50万2117円 x 3口」と預けた方が、利息を多くもらえます。

とはいえ、56万9709円の整数倍の金額を預ける場合は、56万9709円分ずつ預けるのがベストなのは確かです。

で、思いついたのは、二週間満期預金を、
一日ずつ預け入れ日をずらして、56万9709円ずつ、計14口、トータルで797万5926円預けたとすると、
毎日毎日49円ずつ利息がずーっと入ってくるシステムが完成するな、と。(笑

最初の14日間は、毎日手続きをしなきゃいけませんが、
それ以降は放置してても問題ないので、別段手間がかかるワケでもなく、
定期預金のハズなのに、毎日いずれかの預金が満期を迎えるので、
もし急にお金が必要になったら56万円までならすぐに用意できるので、
普通預金っぽい動かし方もできるよね、とか思ったり。

FXの謳い文句で、毎日50円のスワップポイントをゲット! みたいなのがありますが、
元本保証でも、毎日49円の生活をやろうと思えばやれるし! という対抗心を燃やしてみたり。
まあ、そのためには800万近いお金が必要になるワケですが。(笑

なんてなことを、このサイトの今年の夏休みの宿題レポートにしようかなぁ、
なんてもにゃもにゃ考えていたんですが、
まさに昨日のことなんですが、新生銀行の二週間満期預金の金利が、0.27%から0.25%へ引き下げられたので、
上記の計算は過去のお話ということになってしまいました。なんてタイムリーな。(笑

ただ、プログラム的には金利の値を0.27から0.25に変えるだけで同じ計算が可能なので、
改めて0.25%で計算してみたところ、その場合の最もおいしいポイントは、61万5286円ということになりました。
この場合、実質金利は税引後で0.207627%になるので、額面上の「税引後0.20%」よりはちょっとだけお得感が。(笑

しかしながら、この0.25%の状況で上記の毎日49円システムを実現するには、
860万円以上のお金が必要になってしまうので、一層現実味が薄れちゃうオマケつき。

ということで、今回は元本保証の範囲内で、しかも普通預金ライクに動かすようなイメージで検討してみましたが、
定期預金の枠組になっちゃいますが、元本保証で高利率という意味では、SBI債もお手ごろでいいですね。

ただ、あまりの人気に今回は約定が抽選になってて、なんかちょっと面白いです。
「お金を預けたいです!」っていう人たちに対して、
金融機関側が「抽選で当選した人の分だけ預からせてもらいます!」っていうのは一見するとシュールではあるなぁ。

と、久々の更新で、何が何だかな感じの雑記を書いてみましたが、たまにはこーゆー誰得情報もね。

あと、私は別にこーゆーのの専門家でもなんでもないし、
計算方法とかその他もろもろ間違えてる可能性もあるので、
あんまり鵜呑みしちゃダメなのですよ。

「○○の事故には一切責任を負いかねます」的な免責事項を書いたつもりですが、
別にそこまでマジメな話じゃなく、
相変わらずアホなことに時間を費やしてるなぁ、と生温かい目で見やるのがポイントだったりします。(笑

それにしても、先日夏風邪を引いてから結構経つのに、一向に咳が収まらないのがちょっと気がかり。
体調自体はそこまで悪くないのですが、夜になると咳がまだひどいです。
空気清浄機を買ったりしなきゃなのかなぁ、とか思いつつも、
清浄機を買うくらいなら、オーブンレンジが欲しいなぁ、とワケの分からない方向へ意識が飛び、
結局買わずじまいになりそうです。

だって清浄機は所詮空気しか生み出さないけど、オーブンレンジならケーキとかカステラとか、
そーゆーのを生み出せるんだよ!? 魔法の箱だよ!?
とかそんな理屈だと思いますが、いずれにせよ、置く場所の問題もあるしなぁ、とか。

そうなると、そもそも玄関にやかんやフライパンを置くのはどーなのよ、とかそんな話にもなりそうなので、
空気清浄機どうこうの前に、明日はちょっと掃除でもしようかなぁ、とか。

そしてまたホコリを吸い込んでゲポゲポ咳き込んだりするんですね。まさに無限ループ。

あうあうあー。

まあいいや。とりあえず俺屍の続きでもやろーっと。(←現実逃避)

戻る

inserted by FC2 system