雑記
2013 / 03
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013年03月31日(日)
でゅえるメイト難民継続中

スーツを着ればなんかもっとカッコいい感じになると思ったんだけどなぁ

特に意味はないラクガキ。

まあ、ラクガキってだいたいそんなもんだと思うのですけども。

なんでこーゆー感じになったか、あんまり明確な理由も無いんですが、
もしかするとスピードワゴンさんを見た記憶が頭のどこかにあって、それが無意識のうちに投影されたのでは、
とか今になって思ったり。真相は不明。フロイトせんせー!

言いたいことはだいたいナオキくんが言ってくれた!(←挨拶)

個人的にはアサカさんのセーラー服の方にもツッコんであげて欲しかったところですが。

なんか3期で学園モノになってから全体的に面白くなってる気がします。
今回のスイコさんみたいに、キャラが勝手に動いてる感があっていいかも。

結局土曜日は、お昼過ぎから渋谷でランチ&スイーツを食して、というリア充オーラを醸し出しつつ、
夕方には急いでショップへ向かい、ギリギリゼクスのショップ大会に間に合ったー、といういつも通りの流れに。
ズザ子こと、夜空の舞姫もびっくりするくらいのズザーっぷりを披露。

で、10人の大会に滑り込みで参戦して11人での戦いになりましたが、
今回も3勝1敗と、普段どおりの感じでした。

ただ、今回負けた1敗の対戦相手は黒使いの方で、
最近ずーっと負け越してるのでそろそろなんとかしたいのですが、
今回もデスティニーベインに封殺されちゃいました。ぐぬぬ。

あと、対戦後に分かったのですが、
先週某潜水艦屋さんに漫画を買いに行ったけど売り切れてて、このあともっぺんチェックしてきます、
という話をしたところ、タイトルを口にしてないにも関わらず、でゅえるメイトのことだと気付いたその方から、
でゅえるメイトですよね? 先週自分が最後の1冊を買っちゃいました、
という驚愕の事実を告げられたのでした。

ちきしょー! これが持つ者と持たざる者の差だってのかー!
デュエルでも負けてコミックも買えず、踏んだり蹴ったり。

実際にその後1週間ぶりにお店に行って、店員さんに聞いてみたんですが、
案の定今週も売り切れ状態で手に入らず。むーむー。

因果関係は全くないですが、ゼクスでその方に勝てば、無事コミックも入手できるような、そんな気がする今日この頃。

「オレ、ゼクスでその人勝ったらコミック買うんだ……」
とかよく分からないフラグを立ちそうな気さえします。

ところで、さっき早速ゼクスとでゅえるメイトの公式ページを見てきたのですが、
ネット上の4/1はこういう楽しみがあって面白いですね。

って、03/31付けで更新してるのにこう書いちゃったら日付変わっちゃってるのがバレちゃうのか。
いやいや、実はエイプリルフールだからね、日付は変わってないんだよ?
と言おうと思ったけど、これじゃあタダのウソツキになっちゃうですね。

所謂ウソツキ地蔵の話のように、論理で恒常的に偽になる状況に追い込まれてるっぽいです。(笑

ウチでもいつかはやってみようと思いつつ、ずーっと準備もままならないまま数年が過ぎちゃってます。
いつかやるやると言ってること自体がウソでしたー、というとても分かりにくいウソをついていたのかもしれないなぁ。

まあ、そんなワケで、4/1は色んなサイトを巡ってみると面白いかもです。

なんかビミョーに喉が痛い感じがするので、今日のところはこの辺でおしまいにしてさっさと寝ます。
風邪じゃないといいなぁ。

2013年03月29日(金)
とてもありがたいことなのですよ

ドーナツといえばこの方

今度の4月から、最寄の駅が結構アップグレードされる感じで、
色んな商業施設が新たにできたり、図書館もカッコよく改装されたり、なにかと便利になるようなのですが、
そのテナント一覧を見てみると、いつもお世話になってるドーナツ屋さんの名前が!

これまでは片道30分くらいかかるところまでお散歩がてら買いに行くことも多かったのですが、
これでぐっと便利になること間違いなしです。

ついつい食べすぎないように注意しないと、とか考えちゃうくらい、今からそわそわしちゃってます。

そんなわけで、今日の雑記絵はメリーさんなのでした。(←安直)

明日、もう一回でゅえるメイトを探しに行ってみたいところなのです。(←挨拶?)

サイン本応募のために、久しぶりにツイッターを使ってはみたものの、
使い方が今一つ分かってないのでかもねったーで絡んでもらったけどそのまんまにしちゃいました。勿体無い。

俺屍とかZ/Xとか、その辺のキャンペーンのためだけに使ってる感じなので、
なんていうか、今一つこういうのは面倒だと思うけど、まあそれが時代の流れというのならば仕方ないです。

別に芸能人とか有名人じゃないし、他人にその辺のライブ感を伝えたところで誰得って感じがするので、
一般人がワザワザツイッターを使うのにはなんとなく否定的。

とはいうものの、こうやってサイトを更新したりするのと本質的に何にも変わらないので、
そういう意味では誰得かはともかく、本人が好きでやってるのであれば、それはそれでいいんだろうなぁ。

と、こうやって書いてるテキストをそのままツイッターに流せば、
立派にツイートしてる風な感じになるのかもですが、なんていうか、
ブログが流行り出した時点で既に追いついていけてなかった感はあるので、
全体的にこう、新しいものに追随するスキルが欠損してるのかも。

でもでも、そんな私もPS3という比較的新しいマスィーンは持ってたりするので、
単純に興味のベクトルの問題っぽいです。

PS3といえば、こう、そこそこの頻度でPS2のいたストSPをプレイしたくなったりする際に、
いちいちテレビとの接続をつなぎなおすのがやや面倒です。
まあ、面倒でもつなぎなおして遊ぶんですけども。

空の軌跡SCまであと一ヶ月かぁ。

話は飛んで、こないだ近所の回転寿司屋さんに初めて入りました。

全然興味は無かったんですが、たまたま友達と外でお昼を食べよう、という話になったので、
特別な理由もなく、ただ近くにあるから、という理由だけで行ってみたのですが、
お昼時真っ只中だというのにお客さんが二人しかいなくって、
回転寿司屋さんなのにあんまりコンベアの上にお寿司が流れていないお店でした。
まあ、大将とほぼマンツーマンでやりとりできるなら、わざわざコンベアに流す必要性も無いので実に合理的なんですが、
これは回転寿司ではないなぁ、と思ったり。

で、私も友達もランチタイムサービス品の海鮮丼を頼んだので、
やっぱりあんまりお寿司は流れないまま。

更に、先にいた二人のお客さんが出て行ったあと、しばらくして家族っぽい4名様が入ってきたのですが、
彼らも全員ランチセット10貫盛り、みたいなのを頼んでたので、
やっぱりコンベアさん仕事無し。

ご飯の大盛りサービスをしてくれて、茶碗蒸しとお味噌汁と海鮮丼のセットで880円だったのですが、
とにかくボリュームは満点で、味も全然悪くないし、個人的にはまた行ってみようかな、と思ってるくらいの好感触なのです。
しかしながら、果たしてこのお店がいつまで営業できるのか、どちらかというとそっちの方が心配になっちゃいました。

そのくせ、お店の外には、「パート、アルバイト募集」みたいなノボリを出してるので、
まずは「お客さん募集」のノボリを出すのが先なんじゃないか、なんて思ったり。

平日でしかも雨の日だったから、たまたまお客さんが少なかったのかもしれない、と思いたいところですが、果たして。

ところで、なんかもしかすると明日はいつものようにショップに遊びにいけない可能性があるので、
カードの話題をするとウズウズしちゃいそうなフシもあって、極力カードの話題をしないようにしてみました。

今週も相変わらずあーでもないこーでもないとゼクスをいじってたりはするので、
できればゼクスだけでも遊んでおきたいところではあるんですがーがー。

週1のペースで遊んでて、高々1回スキップするかしないかくらいでこんな感覚になってしまうあたり、
大分カードゲーム中毒っぽいです。末期かもしれません。あわわわわ。

なんかいたストの話を書いたので、それはそれでそわそわしてきちゃいました。
ジョジョまでもう少し時間あるし、1回くらい遊んでおこうかな。

んでは、今日のところはこの辺で。

2013年03月25日(月)
周りに勧めてる場合じゃなかった

その木の実で全てを粉砕するッ!!

気付いたら元々のイメージからかなり乖離してしまってました。
リス子こと、ウェアスクワールさんです。

ブレイバーの基軸が卑弥呼さんなら、ライカンスロープの基軸はこの娘さん。
瞬発力がすさまじく高いにも関わらず、単体でも最低限の仕事ができる優秀さんです。

先攻を取った場合、直前に相手がPSに5コスバニラを配置したとしても、
こっちがラクーン+スクワールを出すことにより、IGに頼らずになぜか相手の場をこじ開けてダメージを狙える不思議展開が可能。
IGが噛んでいたら2点もぎ取れるかもしれないと思うと胸熱。

次弾で登場する予定の邪悪中二病ロボに対しても、
ライオンさんあるいはコアラちゃんとセットでワリと簡単にどうにかできちゃうと思ってるので、
そういう意味では今後一層の活躍が期待できると勝手に思ってます。

現状、ライカンスロープは3、4、5コスト帯の層が厚く、
変にデッキを歪めることなくリス子を活かせる構築が可能なのですが、
欲を言えばライフリカバリーと6コスト帯が出てほしいところです。

この子のおかげでバニラにバニラ以上の意味を持たせられるという意味では、
出張セットとしての採用もアリなのかも。

土曜日のお昼過ぎにお店に行ったけど、売り切れって言われちゃいました。(←挨拶)

ヴァンガードのショップ大会が終わった後、近くで取り扱い店にリストされてるお店があったので、
でゅえるメイトを買うために訪ねてみたところ、本のコーナーに置いてなかったので店員さんに聞いてみたら、
「その、売り切れちゃいまして……入荷もそんなに多くはなかったので……」的なことを言われてしまったのでござる。

再入荷についても確認してみたけど、今は分からん、という感じだったので、
とりあえずまた今度訊いてみようかと思います。
通販で買うというのも無くは無いのですが、コミックの類はなぜか気分的に店頭で買いたいのです。

ところで、そのヴァンガードのショップ大会ですが、
前回の雑記がフラグになっていたのかなんなのか分かりませんが、
決勝戦でバミューダ△に見事に負けてしましたとさ。

対戦相手が顔なじみの常連さんだったこともあり、
相手の使うカードのほとんどは効果不明だったので、逐一説明を受けながらの対戦となりましたが、
まあこの時点で情報戦に既に負けているというかなんというか。
最終的に犬みたいな名前のエミちゃん風の人魚にぼんがぼんが攻められて負けちゃいました。

最近のデッキはどれも全体的に強いなぁ、というのが率直な感想。
決まれば強くて、しかもそこそこ決めやすいデッキが増えてきたように思えます。

ヴァンガードってゲームシステム上相手に対してメタをはるのが難しいので、
なんかもう水物って感じも結構しているのですが、
逆にそういう環境の方が遊んでて楽しいのかも。

ただ、その分デッキを組む面白みはもうほとんど無くなっちゃってる感はあるので、
最近はその部分をゼクスに充当してバランスを取ってるフシはありそうです。

まあ、ゼクスだってIGの暴力の前ではデッキ構築もプレイングもあったもんじゃないんですけどね。(笑

そうそう、デッキを組む面白みといえば。

最近ふとPS3のマジックザギャザリングの製品版を買って遊んでみるのはどうかな、と思って仕様を調べてみたところ、
どうもこのゲームは、予め決められたデッキが何種類かあって、そのデッキの中で利用可能なカードが徐々に増えていく、
みたいな仕組みらしくて、あっちのデッキのカードとこっちのデッキのカードを混ぜて新しいデッキを作る、
みたいな遊び方ができないっぽいことが分かったので、なんか興味がふしゅるるるーってしぼんじゃいました。

1000円程度でマジックを堪能できるなら、それはそれでアリかな、なんて思ったりしたんですが、これはちょっと残念。

まあ、今はゼクスのデッキをあーでもないこーでもないと試行錯誤するので十分時間を使っちゃいそうな状況なので、
変に風呂敷を広げないで済んでよかった、と言えなくもないので、これはこれで。

ただ、今週末はもしかするとショップで遊べないかもしれないので、
そうなるとちょっとだけカードゲームしたいしたい中毒になっちゃうかもしれないのが気がかりなこと。

毎週遊ばないとダメだと思ってる時点で、相当末期症状なのかもしれないのですが、
その一方で、先週の祝日の水曜日にもショップで遊んでみたところ、なんかこれはちょっと遊び過ぎなんじゃないかなぁ、
という感覚があったので、この週一というペースが実に丁度いいのかもしれません。

というか、対戦してのフィードバックを反映させるのに1週間くらいはかかりそう、というのが正直なところ。
ヴァンガードにしろゼクスにしろ、自分一人でもそこそこシミュレーションができるカードゲームなら、
それなりに時間をかけて事前調整した上で他人と対戦してみたいなぁ、と思うところもあったりなかったり。

この辺、人それぞれですが、いずれにせよ、お店に行って対戦する人がいる環境というのはありがたい限り。
都心のメリットはこの辺が大きいのかもなぁ、なんて思ったり。

にしても、なんか最近更新する時刻がちょっと遅めになってきてるような。

そろそろねむねむなので今日のところはこの辺で。

2013年03月22日(金)
リスペクト リスペクター リスペクテスト

03/23の発売日に間に合わせる。それが私のジャスティス!

ということで、過去最高速度と言っていいくらいの速さで仕上げました。
キャラへの愛というよりはむしろ敬意が原動力っぽいです。

この「でゅえるメイト」という作品、カードゲームをしない人はまず知らないだろうし、
カードゲームをする人であっても知ってるかどうか怪しいレベルなのですが、
今回の単行本化にあたり、少しは知名度が上がるかと思いきや、
普通の本屋では扱われず、一部のカードショップで扱われるという不思議な商品になってしまったので、
結局知る人ぞ知る、みたいな感じは変わらない予感。

Web漫画ということで、公式サイトで一通り読めるので、
カードゲームが好きな方は一度読んでみるのもいいと思います。

別に読んだからどうってことはないかもしれませんが、
かもねとフランネルファルコンのくだりを読んで、大層感銘を受けた人がここにいたりします。(笑

仮に、ホントにカードショップであんな仕打ちを受けたら、
まず間違いなくカードゲームをキライになっちゃうこと請け合いですが、
そこからこの発想に至る精神がとても崇高だなぁ、と思っちゃいます。

普通の男性プレイヤーだってこういう昇華のさせ方はできないだろうと思うし、女性プレイヤーなら尚更なんですが、
まあそこはフィクションだと割り切って考えるにしても、この精神には憧れます。

カードゲーマーはこうあるべき、とまでは思わないにしろ、
かもねのカードゲームに対するスタンスは個人的にすごく好きです。

ということで、イキオイに任せてこんなのも作ってみました。

こういうコラボはしてくれないのかなー(チラッ

もしゃもしゃしてやった。今は反省している。

これはこれで各方面から怒られそうな感じですが、
Z/Xに限らずとも、なんかこんなコラボ企画も実現するくらい、
カードゲーム界でメジャーになるといいなぁ、なんて願いも込めて。

初めからこれを作ろうと思って描いてたワケじゃないんですが、
塗ってる最中にどのカードを持たせようかといくつか候補を考えてた際に試しにZ/Xを持たせたら、
なんか途端にプレイヤーカードっぽくなったので、そのまま突っ走ってみた結果がこれだよ!

遊戯王のオリカ作成で培った無駄スキルが今回も発動。
あとは画力が追いつけば色々解決するんだけどなぁ。そこはがんばらないと。

ということで、気付いたら日付も変わってて、
ジョジョの録画をし損ねたことに気付いて若干凹みながらの更新でした。

一度言ってみたい言葉リストの上位に「方向性の違いにより解散します」ってのがありますよね。(←挨拶?)

受験とか就職活動とかで本命が受かったので滑り止めの学校なり企業なりの合格や内定を辞退する際に、
「方向性の違いにより辞退します」とか言ってみると、一時的には相手を煙に巻けそうな気がしますね。
あくまで一時的に、ですが。(笑

素人目には桃井さんと月宮さんで方向性がどう違うのかよく分かりませんが、
多分それぞれ方向性が違うんだろう、と思わせるだけの説得力がこの言葉にはあるに違いない。

今回は作業中に主に桃井さんの昔の楽曲を聞いていたので、こないだのゼクスのイベントで生ULTRA-PRISMを見たこともあって、
ふとそんなことを思ったりしました。ワリとどーでもいい!

どーでもいいついでに、関連項目について書いちゃうと、
最近暖かくなってきて、桜も普段より一足早く咲いちゃったからねー、なんて話題を振りながら
「しゅんきはつどうき」を漢字で書いてみましょう、という質問をした場合、
意外と正答は得られないんじゃないかな、とか思ったりしました。

ヤ○ハ発動機株式会社の方はちゃんと書けるんだろうか、とか思ったりしましたが、
知り合いにいないのでよく分かりません。

そもそも、この単語を日常会話で聞いたことないし、
っていうかありていにいうと魔女アラの曲でしか聞いたことないので、
そもそも認知されているのかすら怪しい気もしましたが、
とりあえず広辞苑にはちゃんと載ってるので一般単語のようですね。

あのときふたりきっと、同じものを見てた感じてた!

って、ああ、いけない。
テキトーなことをつらつら書いてたら、また夜更かしタイミングになっちゃてる。

明日も明日でショップに遊びに行く予定なので、そろそろ寝ておいた方がよさげなんですが、
明日はヴァンガードでお魚さんがぴちぴち大漁らしいので、
あんまり情報をちゃんと調べてないままだと、分からん殺されをしそうでなんかヤダなぁ。

でも眠いままでぽやぽやヌルいプレイをして負けちゃうのはもっとヤなので、
今日のところはこの辺にしておいて、さっさと寝ちゃおうと思います。

まあ、ちゃんと目が覚めてても平気でヌルいプレイをするのが常なんですけどねー。(笑

それはそれということで、今日はこの辺でおやすみなさいませです。

2013年03月20日(水)
最近更新が少なくてちょっと申し訳ないです

あれはまだ諦めちゃいけない 私の大好き!!

今週末に発売ということで、ちょっと描いてみたくなりました。

日曜までには塗ってみたいところですが、間に合うのかなー。
今の時点で下書きだと、ちょっと怪しい気がしますが、まあそれはそれで。

ここしばらくまた更新が停滞していたのは、
空の軌跡FCの2周目をプレイしていたためでした。

来月末にSCが発売されるので、それまでにもう一度プレイしておこうということで、
今回は全部のBPを取得して、且つカーネリアも全巻ちゃんと揃えるのを目標としてプレイして、
今日ようやくクリアしました。

2周目はハードモードを選択しましたが、ミラもアイテムも全部引き継ぎでプレイしたところ、
特に戦闘に関してはすごくサクサク進められちゃいました。

ナイトメアにするともうちょっと違ったのかもしれませんが、まあそこまでやるのは大変そうなので、
これでとりあえずSCが出るまでは、軌跡シリーズは一休憩にしようかな。

あるいは、友人から借りてそのまんまにしてある那由多の軌跡をプレイしてみるのもアリかも。

ところで、いつものようにカードゲームの話題ということで、
ヴァンガードやらゼクスやらの話も少し書いてみたいところではあるんですが、
実はもう夜中の3時くらいになっちゃってて、あんまり夜更かしするといろいろ大変なので、
今日のところはささっとアップして更新する程度にとどめておこうと思います。

久々の更新ですが、まあ簡易版ということで。

それでは、また。

2013年03月12日(火)
チェックポイント通過

しふく

なんとなく手グセに任せたらこんな感じになりました。

ドーナツが好きです。
ネコパジャマも好きです。

でも寝る前にドーナツを食べるのは、あんまりオススメできません。

と、朝昼晩と三食ドーナツを食べた人が何か言ってます。

春の健康診断が終わりました。(←挨拶)

お正月から始めたウェイトコントロールのおかげで、無事クリアしたつもり。
実際のところ、栄養バランス云々みたいなのはよくわかってないので、
詳細な結果が返ってきてからじゃないとあんまりコメントできないのですが、
とりあえず体重だけはちゃんと下がってました。

キャベツ生活を始めてから、マメに体重計に乗っかってメモしてきたので、
この2ヶ月を振り返ってみたら、こんな感じになってました。

大江戸随想録

なんとなくそうじゃないかと思っていたんですが、
序盤はともかく、中盤以降は平日はなんとなく停滞して、土日にカクンと下がって、
というのを繰り返すような感じになってます。

毎土曜日に縦線を入れてみると、だいたいその直後にすとんと落ちてるのが分かりますが、
これは要するに、朝からショップに行って、そのままお昼を食べずにカードゲームに興じてるからなんだろうなぁ。

なんていうか、カードゲームダイエットと言っても過言ではないのかも。(笑

キャベツにしろ踏み台にしろ、なんか生活の一部になっちゃうと別段苦しいということもないので、
とりあえずの目標達成後もそのまま継続してたら、なんかこんなグラフになりました。

これからも健康を害さない程度に、無理せず続けていけたらいいかな、なんて思ったり。

とかいいつつも、こないだの週末は健康診断終わった記念と称して、今年初のドーナツ祭りを堪能しちゃいました。

これを至福と呼ばずして何と言う

昨年まででポイントがそこそこ溜まってたので、写真左のカップと交換してきました。
ちなみに手前の小袋に入ったお菓子は、シンガポールのおみやげとして頂いたマーライオンのクッキーです。ありがたやー。

とまあ、そんな感じでドーナツ祭りを楽しんでいたんですが、
日曜日にはスーパーでじゃがいもがお安く売ってたので、体が野菜を欲していたのかどうかはよく分かりませんが、
ふとポテトサラダを作ろうという思考が働き、ボウルにいっぱいのポテトサラダが出来上がりました。
おかげで今週は毎晩おかずがポテトサラダです。わーい。

って、なんかこのまま続けるとどこまでナゾの食生活の話が続いちゃいそうなので、ここらで軌道修正。ぐいーん。

で、何の話をするかっていうと、やっぱりとりあえずカードゲーム?

ここ最近は、とにかくZ/Xのデッキをあれこれ模索してます。
具体的に言うと、オリハルコンティラノをどうやって使おうかな、というのをあーでもないこーでもない、と。

こないだちょっと触れたファンデッキとガチデッキの話じゃないですが、
ティラノは決して弱くないんだけど、なんかこう、今一つ物足りないんだよなぁ、
みたいな評価が世間的にされてそうな気がするんですが、気のせいですかね。

なんていうか、パートナーゼクスの中ではイマイチ感がありそうなのですが、
そう考えてしまうのは、今のところショップ大会でティラノをメインに据えたデッキとぶつかってないからというか、
そもそもプレイヤーカードに世羅ちゃんを採用しているケースをあんまり見ないのが原因なのかも。

別にキャラクター的に不人気というワケじゃないと思いますが、
小粒に囲まれた状況を一人というか一体で粉砕するシーンはまさに、
「全部踏み潰しちゃえ!」的なノリで遊べそうですし、絵的にもバカっぽくて面白そうなので、
なんか使ってみたい感が湧いてきたのがここ最近の話。

っていうか、スペック的にそこまで酷くないというか、
ちゃんと使えば結構いい仕事をして、ここぞという時に輝いてくれると思うのです。……オリハルコンだけに。(←言わなきゃいいのに)

ということで、ティラノくんでブイブイ言わせるデッキが作れたら、それで大会に出てみるのも面白そうだなぁ、
とは思う一方で、今々使ってるブレイバーベースのデッキもこれはこれでとてもお気に入りなので、
そっちと比較して遜色ないくらいまでティラノデッキを仕立ててみたいところです。

ただただティラノを使えればいいや、みたいなデッキは作れるかもですが、
なんていうか、そういうのはちょっと気が進まないというか、なんというか。
やっぱり自分でも「これは強いな」と思えるくらいのデッキに仕上げてこそだと思うし、
実際ティラノのスペック的にそれが可能だと思ってるので、もうちょい調整してみたいと思います。

なんていうか、ティラノというか世羅ちゃんに対する愛着という観点で考えると、
自分より世羅ちゃんを好きなプレイヤーはいくらでもいると思いますが、
自分が世羅ちゃん以上に愛着を感じるカードはどのゲームを探しても多分他に無いと思うので、
そういう意味では、もう少しこだわってみてもいいんだろうなぁ、と思ったり。

ところで。

昨日は震災から2年ということで、特別番組が放送されるなどしてましたが、
なんていうか、あれからもう2年も経つのかー、という感じで、時が流れるのは早いなぁ、と改めて感じました。

そんな中、昼過ぎの震災発生時分には黙祷を呼びかける声もあったりしたのですが、
この震災に限らず、終戦記念日の黙祷なんかでもそうなのですが、
「なんでわざわざ黙祷しなきゃいけないの?」という疑問を感じる人がいること自体は、
それはそれでまあ悪いことじゃないんじゃなかな、と思ったりしてます。

黙祷をしてる人に対して「なんで黙祷してるの?」と尋ねるのはちょっとどうかと思いますが、
逆に黙祷をしない人に対して「なんで黙祷しないの?」と尋ねるのも、同じくらいどうかと思います。

周りが黙祷してるから黙祷する、あるいは、周りが黙祷してるけど敢えて自分はしない、とか、
何かしらの意図があってしてる人もそうでない人も、色々いると思いますが、
黙祷もお墓参りもお葬式も、どれも結局まだ生きてる人による、まだ生きてる人のためのアクションなワケで、
そういうところに価値を見出さない人にとっては、「黙祷する意味がわからん」となるのも頷けます。

たとえば、どこかの小学校のクラスで「みんなで黙祷をしましょう」という話になったのかどうかは実際のところ知りませんが、
「えー? なんで黙祷しなきゃいけないの?」
「黙祷もお墓参りやお葬式と同じようなものだから。お墓参りとかお葬式に行ったりするよね。それと同じなの」
「んー? でもおじいちゃんのお葬式やお墓参りはしたけど、全然知らない人のお葬式には行かないし、お墓参りだってしないよ?」
なんてなやりとりがあったとしたら、これは生徒の方が合理的な気がします。

楽しい時には笑い、悲しい時には泣くことについては、
多くの人が自然とそうなる性質を持っているので、そこに合理的な説明がなくてもいいと思いますが、
哀悼の意を示す時には黙祷をする、というのは本能的なアクションではないので、
そこに疑問を抱くのはある意味自然だと思うし、
そういう疑問に対して合理的な説明無しに「こういう時は黙祷するものなの」という一方的な押し付け的なあるとしたら、
どちらかというとそっちの方が問題なんじゃないかな、と思ったり。

お正月に初詣に行かない人に対して「なんでお参りしないの? お参りしないなんてどうかしてる!」という人がいたら、
そっちの方がどうかしてるだろ、というツッコミを受けそうなところですが、
気分を害する害さないというところを一旦おいといて、逆に「なんでお参りをするの?」という問いに対して、
何かしらの合理的な理由があるならそれを答えればいいし、
仮に(相手にとっての)合理的な理由がなくてもそれはそれで全然おかしいことじゃないんだから、
ありのままの回答をすればいいんじゃないかな、と思うのですが、
なんかそういうシーンでは「そーゆーものなんだよ」的な、質問側にとっては今一つ腑に落ちない回答が返ってくることが多いような。

あとは、祈りを捧げている人がいる中で、仮に特別な思いもなくただなんとなく黙祷をしている人がいたからといって、
その人を糾弾する要素は無いと思うので、
「不真面目に祈るくらいなら、祈らない方がマシだろ、つーか、馬鹿にすんな!」
みたいな感じで怒られても、それはちょっと違うような気がするのですが、果たして。

なんか、学校や会社みたいな集団でどうこう、というレベルとは別の、
個々人の間のやりとりとしても、政治、宗教、あと好きな野球チームの話はしないのがマナー、みたいなのが、
社会通念上あるっぽいので、その辺もこの手の話に絡んできそうで、ちょっと難しいです。

宗教や掟、慣習、道徳その他の決まりごとの多くは支配階級に取って都合のいいツールなだけで、
だからそれに従うことそれ自体の本来の意味なんか無いよ! というのはちょっと言いすぎな感はありますが、
そこまでいかないにしても、もうちょっと日常的なレベルの会話の中に、政治思想や宗教思想の話題が絡んできても、
このご時世ならそこまで極端な感情的摩擦は発生しないんじゃないかな、と思います。

感情的摩擦を発生させるような火種は予め摘み取っておく、というスタンスで臨むなら、
自分の意見なんか言わず、当たり障りの無い会話をして相手に合わせておけばいいだけの話なので、
そうしたい人はすればいいよね、というのは分かるのですが、
なんていうか、これがマナー、これがエチケット、これが正義でこれが当然、みたいなのは、
それはそれでどうなんだろうなぁ、と。

いつまでも昔ながらのムラ社会というワケじゃないんだし、
掟を破るもの、掟に触れようとするものは闇に葬られるぞ、ということは無いと思いたいのですが、
このナゾのマナーのおかげで、こういうのってどう思う? と周囲に問うこと自体を抑制されてしまうあたり、
ツールとしてよく出来てると思います。

まあ、自分が当然そうだと信じているものに対して、見ず知らずの人に真正面から質問されたりすれば、
しかもそれに対する合理的な答えが見つからなかったりしたら、
なんていうか、ソイツを闇に葬り去りたくなる気持ちも分からなくはないですが、
こういうのって大体合理的な理由が無くてもいいというか、無いのがフツーじゃないの? というケースが多そうなので、
そういうところまでひっくるめて、もう少し気兼ねせず会話が出来るような環境がいいなぁ、と思ったりするんですが、
実際そうしてみた結果、支配階級にとって不都合なところが浮き彫りになっちゃったりするとしたら、
それはそれであんまりシステム的によろしくないのかも。

なんかやっぱり見切りで飛び立つと全然意図しないところに着地しちゃってる感が否めません。
って、これ前回の雑記でも同じような感触だったっけ。

今度はもう少し事前に方向性とか主張をまとめてから書こうかな、と思いましたが、
そうなるとあんまり雑記っぽくなくなっちゃいそうなので、これはこれで。

この話題をするにあたって、誰得、誰損、ということを考えるのがヒントになるかな、と思ったりしてたんですが、
そもそもこの雑記が誰得、誰損なのかと言われると、ちょっと返答に窮することに気付きました。

ということで、今日のところはこの辺で。

2013年03月07日(木)
年賀状をしまうタイミング

長らく更新をサボってましたが、ようやく更新するタイミングが訪れました。
ありていにいうと、ようやく塗り終わりました。ふいー。

そこそこ時間かかるだろーなー、と思ってたものの、ここまで長引くとはちょっと予想外。
数が多いとは言ってもちびキャラなんだからもっと手早く塗りきってもよかったかも。

でもまあ、途中で力尽きたりせず最後まで塗りきれてよかったなぁ、と一安心。

これでまた、いつものペースの更新に戻れそうです。

ところで、こうやってトップ絵を更新しちゃうと雑記絵の方の更新がなくなっちゃうので、
なんていうか、元ネタというか、具現化するにあたってのイメージ画像がこちら↓。

要するに、こういうことです。

妄想は無料ってことですね。

というわけで、とてもご無沙汰なのでした。

なんかいつの間にか大分暖かくなってきた感じで、春の足音が聞こえてきそうな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

私はというと、今週に入ってからデッキ構築やテストプレイが出来てなかったせいか、
ここ数日、カードゲームをいじってる夢ばっかり見てるんですが、なんか分かりやすい欲求不満現象です。

今日明日はいじるよ。いじっちゃうよ!

でもその前に机の周りや床の回りに散らばったカードを片付けるところから始めないと。

それはさておき、こないだの週末も相変わらずの感じで、
カードショップでヴァンガード、遊戯王、ゼクスと遊んできたのですが、
ヴァンガードは初見の人とでも比較的安易に対戦ができると思っている一方で、
遊戯王は初見の人とは遊びづらいなー、という感覚を再認識してきました。

顔なじみさんたちと遊ぶ分にはあんまり関係ないのですが、
ショップ大会みたいな場になると、当然知らない人とも対戦するわけですが、
ヴァンガードのショップ大会に参加するのは抵抗がないのに、
遊戯王のショップ大会に参加するのは、ちょっと躊躇っちゃうぞ、みたいな。

遊戯王の方が頭を使うから疲れる、というのも無くはないのですが、
なんていうか、対戦して楽しめる、というところに到達するまでが大変というかなんというか。

ショップにいる人っていうのは、基本的にカードゲームというジャンルが好きで、
デッキを組んだりカードで対戦したりすること自体が好きな人の集団だと思うので、
その感覚は対戦相手とも共有できているハズなんですが、
カードゲームのルールと進行手順が難しいと、そっちばっかりに意識が行っちゃって、
楽しんで遊ぶ、という本来の目的までなかなかたどりつけない感じ?

ルールや仕組みの細かいところまで把握できてないこともあり、
正しくプレイしようとするとちょっとしんどいゲームだなぁ、という感じになっちゃうのですが、
これは単に遊び方の違いなだけだと思うので、カードゲームの質そのものの問題ではないにしろ、
カジュアルプレイのしにくさ、という面に抵抗を感じてしまって、つい敬遠しちゃうのが勿体無いです。

《霞の谷のファルコン》の効果が起動なのか誘発なのかそれ以外の何かなのか、
カードを見ても分からないので困っちゃうから、よしWikiを見よう、ということがすぐできる状況じゃないと遊べないのが困る。
最強の《ペンギン・ソルジャー》伝説が生まれるのも仕方ないよなぁ、これは。

仮に自分がルールを把握してても、自分はこう思ってるけど、相手はそうは思わない、よしじゃあ裁定を調べよう、
というやりとりが発生しちゃう時点で、スムーズな遊び方が出来ないのが難しいところ。
そりゃ確かにゲームをプレイするにあたって、そのルールをちゃんと知らないのがマズい、というのはあるんですが、
そうは言うものの、しかし、みたいな。

そういう意味では、遊戯王に関してはオンラインで対戦するところに、
オフラインには無い価値があったんだなぁ、と思うと、オンラインのサービスが終了しちゃったのが今更ながら悔やまれます。
あれなら見ず知らずの人と対戦しても、ルールの点で論争になったりすることはなかったからなぁ。

しかしながら、日頃ヴァンガードばかりやってると、たまに遊戯王で遊んだ際に妙に面白く感じるので、
なんていうかケ○ミンの焼きビーフン的な位置付けなのかも。(笑

とまあ、こんな感じで普段はヴァンガードとゼクスで遊んでることが多いので、
こうやってたまに遊戯王を嗜んでいると、「あれ? 遊戯王やってる。珍しいね」的なコメントを頂いたりするのですが、
元々は遊戯王オンラインをきっかけにカードゲーム道という出口の見えない迷路に入り込んだクチなので、
なんかちょっと不思議な感じもするのですが、それはそれとして、今回は、というかここ最近は水精鱗を使ってるので、
「意外とマジメなデッキ使ってるんだな」的なコメントも頂きました。

別に悪意のあるコメントじゃなかったのでそれ自体は何も問題ではないのですが、
よくよく考えてみると、ヴァンガードにしろゼクスにしろ、普段からあまり不真面目なデッキは使ってないつもりだったので、
フツーのデッキを使うのが意外と思われるのがむしろ意外でした。

なんかそういう風にもにゃもにゃ考えてると、毎度お馴染みのファンデッキ、ガチデッキの話が頭をよぎってしまい、
またしょーこりもなくあーでもないこーでもない、と考えてしまいそうになってます。

あくまで私見であり、考え方人それぞれなので、これが絶対だ、という話じゃないのですが、
やっぱりガチデッキ、ファンデッキというカテゴライズをしようとするのがそもそも苦手でキライです。

なんていうか、このレッテル貼りは誰も幸せにならないというか、
曖昧な定義のまま各人の思惑が絡み合ってモノを言う感じになっちゃいそうで、あんまり建設的な感じがしないのです。

元々各人が好きなカードを好きなように組み合わせてデッキを作ってよくて、
その点がTCGの醍醐味の一つなんだから、
流行の強いカードを使おうが、アイドル的なカードを使おうが、それはもう、ホント各人の自由なんですよね。

最近の遊戯王は環境に追いついていけてないのでそれはおいといて、
ヴァンガードにしろゼクスにしろ、勝ちやすいと思われるデッキを使うことが多いと自分では思っていますが、
それは単に自分は個別のカードに対するこだわりが薄いので、強そうなカード、強そうなデッキに自然と手が伸びた結果だと思います。

こういうスタイルに対して、特定のカードにこだわりをもって、それを活躍させるためのデッキを作って対戦する姿勢というのは、
それはそれでとても素晴らしいスタンスだと思います。
なんていうか、カードゲームを楽しんでる感がありますよね。

勿論、楽しみ方は人それぞれで、前者のような勝ちにこだわった楽しみ方もあるので、
どっちがいいスタンスか、という議論にはなりえないのですが、
「そんな弱いカードを使うなんて、ふざけてるわね」という方向性と、
「はいはい。テンプレテンプレ。ありがとうございましたー」という方向性とが、どうにもこうにも相性がよろしくないです。

まあ、結論としてはどういうデッキを使おうが本人の勝手なんだから一々口出しすんな、
的なのが落とし所になるのかもしれませんが、ただ、対戦相手のいるゲームである以上、
デッキ構築はともかくとして、実際のプレイングに関しては、
ルールには従ってはいるものの、どうにも好きになれない、というのがあるのが、自分でもなんか厄介です。

知識不足から生じるプレイングミスは全然気にならないというか、それはある意味仕方ないものだと思うのですが、
なんていうか、単純にトリッキーなことをしたいだけ、あるいはカードの効果を使いたいだけで、
その行為が全然ゲームに勝つというベクトルを向いていないのがロコツな場合、
ゲームのルールに反していないのに、なんか急に楽しめなくなっちゃいます。

たとえば、そのままハモンで殴れば勝てるのに、敢えてスルーしてアーミタイルを出そうする動きとか、
適当なゼクスで攻めればいいものを、敢えて牡丹やらローリエやらを使おうとして攻めて来ない動きとか、
なんていうか、対戦ゲームなのに双方の目指すところが異なっちゃってる状況は、なんかしょーもない感じがしちゃいます。

ただ、この方向性を否定し始めると、どんなデッキを使おうが本人の勝手でしょ、という意見と同様に、
どんなプレイングをしようが本人の勝手でしょ、という話になってしまい、どうにもしっくり来ません。

ルールには明文化されていないし、仮にされていたとしても曖昧な記述になってしまいそうなので実質的な意味は無いのですが、
ゲームをする本来の目的はゲームを楽しむことであり、各個人のゲーム内での目的はゲーム上で勝利を収めることであり、
その勝利を目指して進む過程がゲームを楽しむことに貢献するからこそ、本来の目的と合致するんだと思います。

そういう意味では、対戦中に自分がやろうとしていることがジャマされてぐぬぬ、となるけど、
それが楽しいワケであり、それがゲームを楽しむというプロセスの一つになってると思うと、
逆に対戦相手にあさっての方向を向いてプレイされちゃうと、その楽しむプロセスがなくなっちゃってるので、
ルールには沿っているんだろうけど、なんだかなぁ、という感じになっちゃうのかも。

そんなわけで、如何にカードゲームが好きといっても、
ゲームを楽しむことが可能な対戦相手がいて初めて成立する話なので、
カードゲームを比較する際にプレイ人口や環境が結構ポイントになっちゃうのは、ある意味やむなしです。

娯楽趣味がストレスになるくらいなら、そもそもやらない方がマシだと思うので、
その観点では、カードゲームは結構当たり外れが大きいケースもありそうだなぁ、と思います。

カードゲーム自体は面白そうだけど、プレイヤーがなぁ、というケースが容易に想像可能なのは、
ゲームを始めようかどうしようか迷ってる潜在的なユーザ層に対する足枷になっちゃうのが残念なところ。

そうは言うものの、楽しみ方や楽しみポイントも個人差があり、
結局のところそういうのはなかなか明文化して定められないし、万人に共通の見解ってのも示しにくそうです。

例えば、私は「他人と同じデッキじゃつまらない」という感性に乏しいからかもしれませんが、
「このマイナーカードを駆使して勝ってやったぜ」的な発言や、
「周りが使っているから敢えてそれは使わないで臨む」的なスタンスを主張するのは好きになれないのですが、
この感覚はきっとそんなに多くは受け入れられないだろう、ということは想像がつきます。

だもんで、安易に「○○するのがマナー」「××しないのがマナー」と言えず、
言うとすれば、もっと基本的な振る舞いに関するところに終始しちゃいそうな気がします。

でもまあ、そういう基本的な振る舞いの指針でも、キチンと実践できているかというとビミョーなケースも多いので、
そういう意味では、「カードゲーマーズ・コンプライアンス」みたいなのがあってもいいんじゃないかなー、
なんて思ったりするのでした。

まだ自分の中で今一つ明文化した形に落とし込めていないので、非常に漠然とした感覚ではありますが、
人として品行方正であれ、とまでは言わないものの、
世間様や他のカードゲーマーに迷惑をかけない程度の振る舞いはすべきだよなぁ、と思います。

たとえば、道にゴミを捨てない、とか、万引きをしない、とか、路上駐車をしない、とか、
そういった法的根拠に基づく指針とか、
他人の対戦に口出ししない、とか、引きが悪くてもボヤかない、とか、シャカパチをしない、とか、
比較的共感が得られそうなあたりを明文化してまとめておいて、
ユーザの一人一人が心掛けられるようになると、全体的に幸せかも、なんて思ったり。

なんか徐々にお花畑モードにも似た感覚になってきたので、
今日のところはこの辺で筆を置こうと思いますが、なんていうか、久しぶりに何か書こうとしても、
軸が定まってないとめっちゃ迷走しちゃう感じが伝わってくるんじゃないでしょうか。(笑

まあそれはそれとして、今後もたまにはこうやってなんか思うところを書いてみようと思います。

んでは。

戻る

inserted by FC2 system