雑記
2014 / 05
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2015 /
01 02 03 04 05
2014 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 /
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014年05月26日(月)
くるくる

練習練習

練習のための練習とか。

なんか定期的にこれをやらないと落ち着かない感じ。
今週はこんなんばっかりになりそうな予感。

とりあえず気が済むまでやってみよう。もにょもにょ。

なんかですねー、最近妙に暑いのです。

先週の日曜には、「来週の日曜は扇風機やエアコンの準備をするかなー」なんて思ってたのに、
昨日はすっかりそんなことを忘れてぐーたらしてまして。

おかげで部屋が蒸し暑いまま過ごさねばなるまいにー。

まだ紙が湿気るほどじゃないですが、多分来月はそうも言っていられない季節、
あの忌まわしき梅雨シーズンが到来すると思うと、なんだか気が滅入っちゃいます。

6月はカレンダーを見ても祝日が見当たらないしね!
早いところ政府は6月に祝日を設けるべき。

ということで、特に雑記として書くあてもなく更新しちゃってるのですが、どうしよう。

なんかいつにもましてテキトーすぎるなぁ。

じゃあ、なんか最近の思ったこととか書いてみる?

こないだ、改めてジョジョの奇妙な冒険のアニメの1部、2部、3部のOP曲を聴いてみたんですが、
なんていうか、それぞれそれっぽくて妙にしっくりくるなー、とか今更改めて思ったり。

まあ、ずっと見てたからそう思うようになっちゃってるだけかもしれませんが、
なんかね、こう、ぴったりだね、って感じなのですよ。(←語彙が足りない)

ということで、今は3部の曲がとてもカッコよく思えるのです。
そして、承太郎 vs. DIOをアニメで見られると思うと、今からワクワクします。

まあ、さすがに4部以降を地上波アニメで見られることは無いんだろうなぁ、と思っていますが、
とりあえずストーリー中で最高にハイ、じゃなくて盛り上がると思われるのは3部のラストだと信じているので、
そこが見られればきっと満足。

ということで、今期はワリと大人しめで、ジョジョと蟲師くらいしかアニメは見てません。

っていうと若干ウソが入ってて、
ヴァンガード、バディファイト、デュエマ、遊戯王などのカードゲーム系は結構見てたりします。

んが、ウィクロスは全く見てないんですが、なんかラインナップ的にこれだけ見てないのも不思議な感じではありますね。

その代わりなのかどうかは知りませんが、
ちょくちょくのんのん日和とかディーふらぐを見返したりしてます。なんだろなぁ。

って、ほら、何も考えずに書いちゃうと、どこに着地すればいいか分からない話になっちゃうじゃないですかー。

着地点なんて初めから無いよ!

えーと、あと書くことと言えば。

そうだ。今日のご飯は豆腐サシミソーメンでした。

ん? デジャヴ?
前にも似たようなことを書いたような。
でも前回はサシミの部分がカツオだったけど、今日はマグロでした。どーでもいいね。すごくどーでもいいね。

あ、カードゲームの話。

アルテミスさんよろしく「私、あの金色に光るおっさんが欲しいです。」ということで、
今月のショップ大会の参加賞のカーディナルおじさんのホロが欲しかったので、
こないだのゼクスのショップ大会はちょっとがんばりました。

具体的にどうがんばったかというと、よくめくって、よくめくりました。
おかげで久しぶりに優勝して、光るおっさんゲット。わーい。

なんか今回はいつにもまして参加者が多くて、確か22人とかそんな感じだっと思いますが、
カッコいいおっさんが景品だからなのね!
と一人で納得してますが、真相は不明。

普段はカードのレアリティとか加工なんて気にしないのですが、
五帝竜については、それぞれ1枚くらいは記念にホロバージョンが欲しいなぁ、と思わせてくれる程度にカッコいいです。

通販で買っちゃうほどじゃないんですが、あくまで記念として欲しいな、みたいな。
別にお楽しみ賞で当たってもそれはそれで嬉しいのですが、今回は勝って入手できてめでたしめでたし、というお話。

最近のもにゃもにゃ妄想では、
アセディアさんがこんだけ活躍してるんだから、ウェルキエルさんだって負けてられないんだから!
という電波をキャッチしたので、なんとか出来ないかうねうね探ってみて、結局諦めるんじゃないか、
というところまでイメージできてます。

ということで、今週はきっとウェルキエルさんをなんとかしようの会が個人的に開催される予定。

うん。だいたいスペースも埋まってきたので、今日のところはこの辺にしようかな。

暑い暑い。ひー。

2014年05月18日(日)
半月振り

妖艶な蛇妖の幼女。早口言葉ですね。

イグニッションオーバードライブ時のセリフは、「レッドスネーク、カモン!」です。(←古い)

妖艶な蛇妖ことラミアちゃん。
ようえんなじゃよう。

じゃよう、じゃよう、じゃようじゃようじゃようじゃようじゃようじゃようじょうじょようじょようじょようじょ……幼女!?

っていうどーでもいい大発見。

久しぶりの更新なのに相変わらずのこのノリで安心ですね。

はい。ということで、実に半月振りくらいの更新です。

ゴールデンウィークの途中というか、今月頭に更新して以来、すっかり放置してしまっていましたが、
その間海外旅行に行っていたりだとか、入院してパソコンに触れられなかったりだとか、
そういった事情は一切なく、ただ、なんとなくダラダラしていたらあっという間に初夏の陽気!

最近天気のいい日とそうでない日の寒暖の差が大きくて、体調を崩しそうな条件は整っています。
今のところまだ季節の変わり目アタックは食らっていないので大丈夫ですが、
うっかりしてるとあっけなくダウンしそうなので、ちょっと注意したい今日この頃。

しっかし、日中は暑いですねぇ。
来月は梅雨のシーズンっぽいので、今のうちに太陽エネルギーをチャージしておけということですかね。
来週末あたりはお布団干しでもしようかな。あと扇風機の準備とか。

と、時候の挨拶も済んだところで、さっそく今日も雑記という名の駄文が始まります。

珍しく、久しぶりにちょっとだけ遊戯王OCGの話とか。

コレクターズパック−伝説の決闘者編−の、主に無印シリーズのラインナップが、
なんていうか、こう、カードショップの店員&店長さんホイホイ的な感じの良カードでステキ。

ドーマ編って、当時の感覚だとトンデモデュエルばっかりやってたような気がしますが、
インパクトは結構すごかったもんなぁ。
狂戦士の魂は言うまでもなく、なんですが、全体的に人気はあったのかも。

ガーディアンエアトスのOCG化を希望する人もそれなりにいて、
それが5年前くらいに実現したかと思ったら、更に今になってデスサイズまで登場とか、
改めて息の長さを感じるというかなんというか。

その他、ブラマジガール融合というか騎乗とか、カタパルトタートルの射出祭りに対するおしおき反省会とか、
見どころは結構あったと思うのですが、如何せん昔の話すぎて記憶が曖昧。

最近は全く遊戯王OCGには触れてないものの、
ショップで対戦しているシーンは見かけたりするのですが、
こないだ先史遺産デッキのクリスタルスカルを見て、
「あ、あれはディーふらぐの最終回に出てきたアイテムだ!」とかどーでもいい感想しか出てこない模様。

ディーふらぐの2期目の再開、期待してます。(やるとは言ってない)

個人的な感想というか感覚なんですが、
カードゲームって数か月ごとに新弾というか、所謂ブースターパックが出て、
環境が少しずつ変わっていく過程で、なんていうか、これまでの敷地に積み上げる系の変化と、
別の敷地をどんどん増やしていく系の変化とがあって、
遊戯王で言うと、第5期シリーズの後半くらいまでは、
すんごいじんわりじんわり同じ敷地に積み上げていく系の変化だったと思ってます。

もちろん、その第5期までの中でも、ユニオンがあったりスピリットがあったり、融合を使わない融合があったり、
隣の敷地っぽいところをちょこちょこ開墾してなくもなかったんですが、
それでも全体の流れとしては一つ所の中での変化にまとまってたかな、という感じですが、
それが第6期、第7期、と徐々にシリーズが進むにつれて、
別の敷地をどかどか広げていく変化が結構目立つようになってきたかなー、と。

ありていに言うと、後者の変化の仕方が所謂「カテゴリ指定」のカードプールの広げ方で、
既存の敷地のカードがあんまりなくても、新しい敷地のカードをそれなりに揃えて、
あとは数点必須カードっぽいもので補強するとなんとなくデッキが作れるよね、みたいな感じで、
昔のカードがデッキからどんどん抜けていく一方で、新規参入の観点でのハードルを下げるのに一役買っていたかな、と。

まあ、遊戯王の場合、必須魔法やエクストラデッキの都合上、新弾だけで組み切る、
というのはちょっと現実的ではなかったと思いますが、
それでもカテゴリ指定系の変化にシフトしていくと、
環境にキャッチアップするための労力が大きくなっちゃって、
個人的にはそういうのはあんまりありがたくない感じでした。

ただ、古参のプレイヤーがこうやって考えるのはつまり、
古参のプレイヤーが過去に積み上げたモノが環境としてある程度のウェイトを占めちゃう状況がそれまであったワケで、
そういった部分があるからこそ、新規参入するのが阻まれてたと思われます。

だもんで、こういう古参のプレイヤーの意見を尊重しちゃうと、
逆にいつまで経っても新規プレイヤーが増えないのは明白なので、
そういう意味では、この積み上げ系の変化よりも、別の敷地を増やす系の変化の方が、
そのカードゲームのプレイ人口を広げるという意味では正解なんだろうなぁ、と思います。

が、この別の敷地を増やすスパンが短ければ短いほど、
環境の変化が激しいというか、ある種のパワーインフレみたいなものが激化しちゃって、
ものの数か月前までは第一線だったのに、今じゃイマイチ環境に追いつけてないなー、みたいな状態になっちゃって、
常に新しい環境で遊べるという利点はあるものの、
なんか一種の虚しさというか、はいはい、インフレインフレ、みたいな感覚をユーザに植え付けちゃう気もしてます。

これが一定の度合いを超えちゃうと、
常に環境トップを走らなければならない人種でない限りは、
別に新弾を買わなくてもその次の新弾が出ればそっち買えばいいしなー、みたいに、
逆に購買意欲を下げちゃったりするのではなかろうか、なんて思ったり。
まあ、実際のところどうなのかは知りませんが。

RPGでありがちな、次の町へ行けばこの町の武器防具よりもワンランク上のモノが手に入るだろうから、
今回の強化はお預けして次に備えて貯めておこう、みたいな感覚。(笑

流石に新弾が出ても環境がほとんど変わらない、というのでは、
遊んでる側としてもイマイチ面白くは無いだろうな、と思うので、
この辺はホントバランスを取るのが難しいとは思うのですが、
個人的には、積み上げ系の変化の方が遊び甲斐があるかなー、と思う人なので、
そういう方が好みなんですが、全体的に昨今は別の敷地を開墾する系が主流っぽいかなー、と思う今日この頃。

続いては、全く積み上げる気の無いカードゲームの代表選手、ヴァンガードについてです。(笑

遂にレギオンが登場!

みたいな感じでもっと盛り上がるかと思ったんですが、
これまた非常に内々というか、比較的狭い範囲での感想というか感覚としては、
なんか食傷気味っぽい捉えられ方もしてるみたいで、そんなにそんなにでした。

とか言うとレギオン、ひいてはヴァンガードをディスってんじゃねーよ、みたいなツッコミを受けそうなのですが、
いや、別に今まで通りヴァンガードはヴァンガードだなぁ、って感じです。

確かにVサークルに2体ユニットが並ぶのは視覚的には従来とは違いますが、
別にやってることは今までのパワーインフレと大差無いので、
なんていうか、今更だよなぁ、みたいなのが個人的な印象。

LB4、LB5、呪縛、とあれこれやってきて、今回は双闘ってだけで、
今回の変化がそこまで突拍子もないものかっていうと、そんなことは無いんじゃないかなー、と思ってるのですが、
中には「これまでも何度かインフレを感じてたけど、今回は流石に……」みたいな感想もあったりして、
イメージとしては、遊戯王でシンクロ召喚が新たにシステムに組み込まれた時の状況に近いかも。

まあ、カードゲームだし、ストレスを感じてまで続ける必要は全くないので、
なんかもうお腹いっぱい、と感じたのなら、無理して続けない方が色々といいと思います。

ヴァンガードの場合、第5弾の双剣覚醒が環境トップをひた走る時期が長かっただけに、
最近のパワーインフレには磨きがかかってる気がしますが、
そのインフレのさせ方が主に名称指定による別の敷地の開墾ばかりなので、
仮にしばらく遊んでなくても、気が向いた時にその時点の最新弾を買い揃えると、
あっという間に第一線環境で遊べるようになるんじゃなかろうか、という淡い期待もありますので。

ヴァンガードに飽きたらバディファイトでもやればいいんじゃないですかね?(←知らないけど言ってみる)

ヴァンガードは運ゲー運ゲー言われてましたけど、
無論運は絡むものの、実際のところカードパワーがすごく大きなウェイトを占めてて、
一昔前の、というよりは、ちょっと前のカード群で作ったデッキだと、
そうそう勝てないゲームだと思います。
で、環境トップっぽいデッキ同士がぶつかると、まあワリと運ゲーになるんじゃないかな、みたいな。

第4弾で爆炎バロミデスが出た時は、これ強いなぁ、と思ったし、
マジェやジエンドが出た時も、これ強いなぁ、と思ったし、
ディセガントレが出た時も、これ強いなぁ、と思ったし、
カオスブレイカーが出た時も、これ強いなぁ、と思ったし、
ヌーベルバーグが出た時も、これ強いなぁ、と思ったので、
やっぱりシングセイバーを見ても、これ強いなぁ、と思います。(←小学生)

まあ、シングに限らず、レギオン全般はギミックというか、能力として強力だと思いますので、
乗るしかないでしょ、このビッグウェーブに。

と煽ったところで、私自身は全然ビッグウェーブに乗れていないんですが、
今回のレギオンの導入に関しては、ネットとかの書き込みとかとは別に、
オフラインで会う人の口からも直接否定的な意見が出てるのを耳にしたので、
別にレギオンの導入が成功か失敗かはおいといて、
これまでのパワーインフレとそんなに根本的に違うかなー、ってのがやや疑問です。

運ゲーっぽさが加速した気はしないですし、そもそもヴァンガード自体初めからそーゆー路線だったので、
そこは今更な感じですが、名称指定の連発に食傷気味だったところに、
その本質はともかく、少なくとも見た目は従来と違うレギオンという分かりやすいシステムが導入されたのをきっかけに、
なんていうか、食傷気味感を口に出して言いやすい対象になったりしたのかな、とか推測してみたり。

上述の通り、この別の敷地を開墾するタイプの変化は、
どちらかというと既存プレイヤーには優しくない変化だと思うので、
古参プレイヤーのゲーム離れを分かりやすく加速する一員になったりしたのかな、と思うところもあるのですが、
実際のところヴァンガード離れが起こったかどうかがちょっと分からないので、なんとも。

ただ、ショップで遊ぶ際に、これまでヴァンガードで遊んでいた人たちの中に、
最近あんまりヴァンガードで遊ばなくなった人がいるなぁ、という事実があるだけです。

前々から何度か言ってますが、最近のカードゲーム自体はどれもプレイしてる分には面白いものが多くて、
TCG:トレーディングカードゲームのG部分、つまりゲーム部分はもうどれでもだいたい面白いんですよね。

ゲーム部分の中にデッキ構築要素やプレイング要素を含めるとすると、
モノによってはちょっと物足りない、というのがあるかもしれませんが。

で、そんな中、どういうカードゲームならユーザが満足するのか、というのはホントよく分かりませんが、
なんとなく、ですが、プレイしている部分の面白さは一旦おいといて、
プレイに至るまでの部分、カード収集やデッキ構築の部分をないがしろにし過ぎても、
やっぱりダメなんだろうなぁ、みたいな感覚が、なんとなくあるんじゃないかな、と思います。

別に、カードゲーム業界の情勢みたいなものが見えているワケじゃないので、
ホントに限られた範囲しか見えていない一ユーザの感覚でしかないのですが、
昔はカードゲームとしての面白さを重視してて、同じ敷地をひたすら高く積み上げる変化を重ねていたところ、
このままだと再現なく積み上げが膨張してしまい、新規参入の障壁が厚くなっちゃってどうしよう、
というところで、別の敷地の開墾というソリューションに転じたところ、
今度はカードゲームとしてのプレイ部分の面白さあるものの、
デッキ構築とかプレイングみたいな部分の面白さがないがしろになってきちゃった、
みたいな感じだとすると、カードゲームのコンテンツとしての面白さが失われちゃうような気がします。

極端な話、これらのカードを入れたデッキを組めばだいたい勝てる、
というのが明確なカードゲームの場合、デッキを組む楽しみってかなり無くなっちゃって、
単に公式が提供する新しい強いカードを集めておしまい、という話になっちゃいますよね。

仮にプレイする部分が面白いゲームであったとしても、
どうすれば強いデッキが作れるか、という部分が少ないと、ゲームとしての底は浅くなっちゃう印象が否めません。

なんていうか、お祭りは準備してる時が一番楽しい、みたいなフレーズがありますが、
多分カードゲームにも似たような要素があって、どういうデッキを組めば勝てるかな、
と試行錯誤する時間はプレイしている時間と同じかそれ以上に面白いんだと思います。

だから、新規カードゲームはそういうワクワク感みたいなのがあるので、
こういう部分を楽しいと感じるユーザは、新規カードゲームです、というだけでとっつく理由にはなるかな、と。

でもって、どんどんそのゲームに慣れていくにつれて、そのワクワク感が薄れていっちゃうので、
そこで新弾ブースターを投入して環境を混ぜる、みたいなサイクルが作れればいいんですが、
そのサイクルの作り方がテキトーだと、ゲームとしての底が浅くなっちゃう、という難しさ。

一方、別の視点として、相手があってのカードゲームなので、
相手のアクションに対する対抗をどの程度許容するか、みたいなのもあって、
多分人間の心情的に、自分のしたいことを邪魔され続けると、それはそれでストレスになっちゃうので、
自分のやりたいことを一方的に押し付けあうだけの状況になると、
その点のストレスは解消されるのですが、そうしちゃうとやっぱりゲームとしての底が浅くなっちゃう、
というのがあるので、なんていうか、ホントにどうしたらいいんでしょうか、と。

カードゲームデザインとして捉えた場合に、ブースター乃至はエキスパンションの在り方、
みたいなものはどういうのが望ましいのか、メーカー、ユーザのそれぞれの視点で考えてみると、
なんか見えたりしないもんですかねー。

普通に考えて、もしも新弾のカードが旧弾のカードよりも弱いケースがあったとすると、
ユーザもそもそもそんなのは求めてないし、必然的に新弾のカードが売れるワケもないよね、というのは分かるんですが、
かといって過度なパワーインフレをユーザが求めているかというと、多分それも違うんだと思います。
新弾環境になったらデッキから旧弾のカードがほとんど抜けちゃった、というのはなんだかなぁ、と。
かといって、同じ敷地に積み上げ積み上げをしちゃうと、新規参入障壁の問題が出ちゃいそうだしなぁ。

ということで、なんかもうよく分からなくなってきたので、誰か論文か何かでまとめてください。(←投げやり)

しっかし、カードゲームが好きな人って、一体カードゲームのどの部分に楽しみや面白みを見出しているんでしょうかね。

もちろんそんなのは人それぞれだとは思いますが、
カードを集めるのが好きな人、イラストを眺めるのが好きな人、
デッキを組むのが好きな人、実際にプレイするのが好きな人、いろいろ要素はあると思います。

そんな中で、「あー、もうこのカードゲームやめようかな」と思うタイミングって、なんなんでしょうね。

カードが高い、お金が足りない、という金銭的な問題。
環境のインフレが激しい、あるいは環境がちっとも変わらない、というゲームデザイン的な問題。
対戦するプレイヤーがいない、あるいはプレイヤーの質が悪い、というヒト的な問題。
忙しくなった、時間がなくなった、という時間的な問題。

仮に金銭や時間の問題じゃなかった場合、
あるカードゲームをやめて別のカードゲームを始めようとして、
その新しいカードゲームの方では、やめたカードゲームが抱えていた問題が解決できるのか、
ってところが見えてないと、なんだかなぁ、という気がしますが、果たして。

場合によっては、そもそも「このカードゲーム」をやめるんじゃなくて、
「カードゲーム全般」をやめた方が幸せな気がしなくもないので、なんていうか、カードゲーマーって不思議。

とか書いちゃうと、お、カードゲームに対する熱が冷めてきたか?
と勘違いされそうなので断っておくと、
残念ながら? 自分は相変わらずカードゲームばっかりしてる気がします。ホント残念。(笑

ただ、なんとなく今回のヴァンガードのレギオン導入に対する否定的な意見を目の当たりにしたので、
思うところを書いてみた、的な。

珍しくカードゲームの話を書いておきながら、ゼクスに関して全く触れるタイミングが無かったのですが、
ゼクスだって運ゲー臭とか名称指定とかがないワケじゃないからね! 明日は我が身?

パワーインフレという観点では、たとえば最近のヴォイドブリンガーの性能には目を見張るものが多くて、
なんかこう、デッキに4枚までしか入れられないのをいいことに、
完全上位互換というのは無いものの、以前と比べると明らかに強めにデザインされてるのが分かります。

もう始まってから2年も経ってるカードゲームなので、もはや新作カードゲームとは呼べないですが、
今更別にアルターフォースとかいう新機能を導入しなくてもよかったのに、とか思ったり。

盤面の印象を煩雑に見せる形のシステム変更はあんまりよくないと思うんだけどなぁ。

にしても、アルターフォースってまだ公式の総合ルールに反映されてないからよく分からないんですが、
スクエアに置かれるのにカードじゃない? という扱いっぽいので、
刃ズィーガーさんの効果で破壊できないそうです。

Q.刃ズィーガーさんで奇数のフォースを破壊できますか?
A.いいえ、できません。

って言われちゃったので、そっかー、できないのかー、と理解するしかないんですが、
なんでできないのか、教えてほしいところでした。

あと、アルターフォースの自動能力って、今のところは
「このカードが登場した時、あなたのトラッシュにあるカードを1枚フォースとしてこのカードの下に表向きで置いてよい。」
としか表記されていないので、
アルターフォースの自動能力を持たないゼクスがフォースを持てるのかどうか、私、気になります!

もしアルターフォースを持たないゼクスもフォースを持つことができるなら、
なんか大外狩りがチャージ補充の観点で抱擁の誘いよりも強くてちょっとワクワクしちゃうんですが。
と、クレプスデッキで抱擁の誘いを積んでるプレイヤーが妄言を吐いております。

もしそういうのが想定しない使われ方だっていうなら、
アルターフォースとして、自動能力のほかに常在能力「このカードはフォースを持つことができる」みたいな定義が必要なんだろうけど、
どうなんだろう。

あとは、大外狩りじゃ実現できないんですが、もしフォースを持ってるゼクスに更にフォースを置けるようなカードがあるなら、
たとえば赤眼ナハトがフォースを複数持ったとして、4コストのフォースを持ちつつ、
別の3コスト以下のフォースをチャージに置けたりするようになるのかな、とか。

そういうことを想定しないなら、
さっきの常在能力は「このカードは1枚フォースを持つことができる」みたいにしないといけないだろうし。

とか、なんだかめんどくさいです。

個人的には、こういうそれっぽい新能力みたいなのは要らなくって、
既存のフレームワーク内で完結したものにしてほしいところなんですが、なんでこんな謎のテコ入れ的なものをするんでしょうかね。

だって、誰がどう見てもフォースはスクエアにあるカードじゃないですか。
ズィーガーさんで破壊できない理由が分からないというか、直感的じゃないというか。
同様に、アクターレの効果の影響を受けないとすると、それもやっぱり直感的じゃないです。

抜いた後のトラッシュでは「アクターレ」だけど、フォースにある状態はあくまで「曹操」、
ということでフィールド上の「アクターレ(曹操)」の効果は問題なく適用できます。

なーんて言われちゃうと「???」って感じになりそうなんですが、
そういう裁定だ、と言われるとそーなのかー、ってしょんぼりしちゃいますが、これが現実ですか。そうですか。

とりあえず、Q&Aだけじゃ推測するしかないので、公式ルールの更新待ち。

しかし、次弾(むてん丸じゃなくってね)のポスターのイラストが、
要するに指定フォース用のバニラIGと、アルターフォース持ちのエースってことだとすると、
こりゃ本格的にマトックさんにご活躍いただく時代が来るんじゃないですかね。

と毎回毎回マトック嬢に期待を寄せては、デッキで眠り続けているのですが、
刺さらないデッキにはとことん刺さらないので、どーしたもんかなぁ。

あと、きっと既に誰かが模索を始めてると思いますが、
アルターフォースの能力ばかりで組んだデッキ「ロストグラウンド」みたいなのがきっと出来上がるに違いない。
曹操の能力使うとき、「ビッグマグナム!」って叫ぶ人、絶対いるでしょ。(笑

ということで久々の更新でしたが、内容はいつも通りのノリで進んじゃいました。

最後はカードゲーム以外の話題ということで、今日の晩御飯の紹介。(←ワリとどーでもいい)

今日はとにかく暑いなぁ、という感じだったので、さっぱりすっきりしたものとして、おそーめんとおさしみ。
故ジョブズ氏ご用達だったサシミソバならぬ、サシミソーメン。

今回はマグロじゃなくてカツオのお刺身だったので、割とフツーに食べられました。

でもまだ5月の半ばだっていうのに、このペースじゃあ8月とか乗り切れる気がしないなー。

クールダウンしないと。クールダウン。

ということで、今日のところはこの辺で。またねー。

2014年05月01日(木)
今年も残すところあと7か月となりました。

ほい!

ということで、トップ絵更新です。

今年初の非版権モノのカラー絵っぽいです。

逆に言うと、今年のカラー絵はだいたいゼクスネタで進んでいたってことですかね。

ソトゥミサのおかげでカラー絵を描く回数自体は普段より少しだけ多かった気もしますが、
シャーペンの線をそのまま利用しちゃうラク塗りも多かったような。
今回、PCで主線入れするのがなんか久々でした。

あと、非版権モノのカラー絵を描くと大抵の場合、今回の色はどうしよう、という壁にぶち当たるのですが、
今回はなんとなくえいやって感じで色を置いていったら、なんとなく緑黄色野菜っぽいカラーリングになりました。

なんとなくクリームシチューっぽい? いや、ネギとかキャベツは無いんですけど。

どーでもいい話ですが、制服みたいにかっちりした印象の服も嫌いじゃないですが、
どちらかというと、だぼっとした感じのゆったりパーカーが好きです。

ジャージの機能性も素晴らしいけど、パーカーも捨てがたい!

とパーカーについて熱く語ろうと思ったのですが、
今ほどうぃきぺでぃあ先生に聞いてみたところ、お腹のところにポケットがあるのがパーカーの特徴だそうです。ぎゃふん。

下書きの時点でポケット消滅してた!

みんながSB、SBって言うもんだから、
もはや営業のヤマモト、じゃなくて公式的にも"サンドバッグ"ヤマモトになっちゃったのか!(←挨拶)

ということで、こないだ更新してから全然デッキを考えてません。

でも今週末は湘南に帰還しつつ友人とゼクスしそうな勢いなので、
いつもの週末ショップ大会には出ないものの、相変わらずゼクスやってそうな気がするので、
急いでデッキの準備しなきゃ!
という状態です。

カードたちは相変わらずチ○ビタドリ○クの箱の中で眠ってます。

その一方で、またもいたスト遊びたい病が発病しそうな状況で、
最近はもっぱらドラクエ&FFのいたストSPで遊んでいたんですが、
それより前のいたスト3のマップを遊びたくてウズウズし始めてきたので、それを鎮めるために一回くらいプレイしてみようか、
とかもうワケ分からない状況になってます。

あれ? 最近なんか話題がループしてる?

とかそんな気もしますが、多分そうなんだと思います。

あ、そうそう。

全然話は変わるんですが、消費税増税以来、近所のスーパーでめっきり玉子の安売りをしなくなってしまったのですが、
昨日、久しぶりに安売りをやってたので、実に1か月ぶりくらいで玉子を買いました。

玉子を手に入れたからには作るべきは一つ!
ということで、昨日の晩御飯はホットケーキ!

そーいえば、まだ炊飯器でホットケーキを作るのには挑戦してないなぁ。今度やってみようかな。

一方、今日の晩御飯はおいもの天ぷらを食べたのですが、
なんとなく、ほんとになんとなくマヨネーズをつけたらどうなるだろう、と思って、
人生初の天ぷら+マヨネーズを食してみました。

なんかね、おいもの天ぷらとマヨネーズの味がしましたよ!

外ではやらないものの、家でお豆腐やお刺身を食べるときはもうデフォルトでマヨネーズになってるのですが、
どこまでいくとマヨラー初段の称号がもらえるのか、ちょっと気になる今日この頃。

あ、無論ホットケーキの生地にもマヨネーズは仕込んでますの。

……と、もはや何がなんだか分からなくなってきたところで、今日の雑記はこの辺で。
更新頻度と内容のクオリティは反比例するの!

戻る

inserted by FC2 system